ホーム > お知らせ(イベント情報)

お知らせ(イベント情報)

『難民を知るための基礎知識』刊行記念シンポジウムのお知らせ

 

早稲田大学紛争科研研究会・難民政策プラットフォーム共催シンポジウム
今日の難民保護 〜人権と政治の葛藤を超えて〜

 

『難民を知るための基礎知識』(滝澤三郎・山田満編著、明石書店)の出版を記念して、1月31日に早稲田大学でシンポジウムを開催いたします。アメリカのトランプ大統領による難民の受け入れ制限の発表が世界に大きな波紋を呼んでいます。シリアから500万人近い難民が流出し、欧州諸国にも100万人もの難民申請者が流入したことに伴う混乱、イギリスのEU離脱などの延長線上での今回の決定は、第二次大戦以来続いて来た難民の国際的保護体制が大きく揺らいでいることを示しています。それは日本の難民政策にも影響を及ぼさざるを得ないでしょう。そこでシンポジウムでは、現代国際社会における難民の保護について議論を行う予定です。また、本書では若手・中堅の研究者を中心に9名の著者が世界各地の難民問題の様々な側面を学際的な視点から論じています。

 

テーマ:今日の難民保護~人権と政治の葛藤を超えて~

 共催:早稲田大学紛争科研研究会、難民政策プラットフォーム

 後援:人間の安全保障フォーラム、持続的平和研究所

 日時:2017年1月31日(火)17:00~19:00(開場は16:30~)

 場所:早稲田大学14号館102教室

入場料:無料

 言語:日本語

 

【プログラム】

17:00-17:10 挨拶・モデレーター:山田満(早稲田大学社会科学総合学術院長)

パネリスト

17:10-17:30 滝澤三郎(国連UNHCR協会理事長)

17:30-17:50 山本哲史(名古屋大学特任講師)

17:50-18:10 守屋由紀(UNHCR駐日事務所広報官)

18:10-18:20 休憩(質問用紙回収)

18:20-18:35 総合コメンテーター:佐藤安信(東京大学大学院総合文化研究科教授)

18:35-19:00 質疑応答

 

※本書の編著者の印税は国連UNHCR協会を通してUNHCRに寄付されます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

小平市中央公民館ホールにて、「ビッグヒストリー」に関するトークイベント、「地球永住計画連続公開講座」が開催されます。

 

タイトル 地球永住計画連続公開講座

お話 長沼毅(『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』日本語版監修)

概要 宇宙、物質、生命はどのように誕生したのか? 人間はどのように出現し、現在につながっているのか。そして未来の私たちの姿は?  地球上に現れたきわめて特異な生物種、人間とその歴史を理解するための新しい考え方を提案する。

 

日時 2017年2月11日(土)

会場 小平市中央公民館ホール

参加費 500円(税込)

定員 160人(先着順)

 

お申し込み、その他詳細は以下のWebサイトよりご確認ください。

  ○地球永住計画連続公開講座 長沼毅

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

紀伊國屋書店新宿本店で、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』刊行記念トークイベントが開催されます。

 

タイトル 「ビッグヒストリー」を味わいつくす

トークショー 長沼毅(『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』日本語版監修)

 

日時 2017年1月19日(木) 19:00開演/18:30開場

会場 紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

参加費 500円

定員 50名

 

詳細は紀伊國屋書店公式Webサイトよりご確認ください。

  ○紀伊國屋書店公式Webサイト

  ○紀伊國屋書店公式Webサイト【イベント情報】「ビッグヒストリー」を味わいつくす

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

LOFT9 Shibuyaで、「ビッグヒストリー」に関するトークイベントが開催されます。

 

タイトル 長沼毅のほろ酔い大学・渋谷編~われわれはどこから来て、どこへ行くのか――長沼毅の「ビッグヒストリー」論~

人間とは何か? どこから生まれ、今後どこへ向かおうとしているのか?――――

最新の科学の成果に基づいて、138億年前のビッグバンから未来にわたる長大な時間の中に「人間」の歴史を位置づけ、それを「8つのスレッショルド(大跳躍)」という視点を軸に読み解いた「新しい学問」、『ビッグヒストリー』の日本語監修版が遂に登場!

その監修を手掛けた、長沼先生が「ビッグヒストリーを味わい尽くす」為の講義を開催します!

 

日時 2017年1月7日(土)

会場 LOFT9 Shibuya

要・チケット 詳細は以下、LOFT9 公式Webサイトよりご確認ください

 ○LOFT9 Shibuya 公式Webサイト

 ○2017年1月7日「長沼毅のほろ酔い大学・渋谷編」(LOFT9 Shibuya)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

新潟県新潟市の市立中央図書館で、「ビッグヒストリー」に関するトークイベントが開催されます。

 

タイトル 科学と文化を紡ぐビッグヒストリー

お話 本間善夫(ecosci.jp,サイエンスカフェにいがた)

概要 138億年の宇宙・物質・生命・文化・社会の壮大な歴史を文系理系の壁を超えて学べるビッグヒストリーとは?

 

日時 2017年1月28日(土)

会場 新潟市立中央図書館(ほんぽーと)

参加費 200円(飲み物代)

定員 あり

 

詳細は「新潟の科学-公民館サイエンスカフェ-」Webサイトよりご確認ください。

  ○新潟の科学-公民館サイエンスカフェ-(2016年度)

  ○第30回[平成28年度 第1回]公民館サイエンスカフェ(2017/01/28)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

『ビッグヒストリー』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 宇宙・物質・生命・文化の壮大な歴史を文系理系の壁を超えて科学の視点で学ぶことができるBig History Projectがオーストラリアで発祥し世界中で注目されています。高校生の学びだけでなく「科学とともにある社会」を考える上でも重要なプラットホームの1つになるでしょう。そのテキストの日本語版「ビッグヒストリー:われわれはどこから来て、どこへ行くのか」の翻訳監修に当たった広島大学の長沼 毅さん(極限環境生物学)をメインゲストに招いて同プロジェクトへの熱い思いを語ってもらいます。さらにNHKの科学番組制作担当者と高校生3人にもプロジェクトの持つ可能性について述べてもらった上で,会場参加者も含めて意見交換を行い,広い層に科学に関心を持ってもらうことを目的とする『ビッグヒストリー』活用のうねりに繋げたいと考えています。

(「日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016」Webサイトより)

 

 

 トークセッション:科学と文化を紡ぐ教育プロジェクト“ビッグヒストリー”

 

おかげさまで盛会裏に終了いたしました。

当日の様子はこちらからご覧いただけます(日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016 Webサイト http://www.ecosci.jp/sccj_sa2016/ )

 

日時:2016年11月5日(土) 15:30~17:00

会場:日本科学未来館ホール(7F)

定員300名。予約受付中、当日参加あり

主催:日本コンピュータ化学会

協賛:明石書店

協力:東京都立戸山高等学校、ほか

 

プログラム

15:30~15:05 開会あいさつ・趣旨説明
15:35~16:00 講演1「ビッグヒストリーを日本で活用するために」 長沼 毅(広島大学教授) 
16:00~16:20 講演2「科学番組制作とビッグヒストリー」(仮題) 井上智広(NHK制作局 科学環境番組部 チーフ・プロデューサー)
16:20~16:35 高校生の体験発表
16:35~16:55 フリートーク(登壇者全員&会場) 
16:55~17:00 セッションまとめ「ビッグヒストリーと計算科学」

 

 詳細および参加申し込みにつきましては、「日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016」のWebサイトをご確認ください。

 日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016 Webサイト http://www.ecosci.jp/sccj_sa2016/

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『台湾を知るための60章』刊行記念トークイベント&サイン会のお知らせ

 

台湾をより深く知りたいという方に向けて、60の視点から書かれた概説書『エリアスタディーズ147 台湾を知るための60章』の刊行を記念して、トークイベントを行います。

 

 第一部:スポット紹介 台湾の街を歩いておもしろい発見ができるスポット紹介

 第二部:クロストーク 執筆者が本の一部を紹介しつつ、みなさんの質問にも答えます。

 

日時:2016年9月3日(土) 14時~16時 (30分前会場、自由席、入場無料)

会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(虎ノ門)

定員:80名。要・参加申し込み

主催:明石書店・台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

 

 詳細および参加申し込みにつきましては、台湾文化センターWebサイトをご確認ください。

 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センターWebサイト http://jp.taiwan.culture.tw/

 台湾文化センター 刊行記念トークイベント詳細ページ http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_51670.html

このページのトップへ

2016年3月30日

『女たちの情熱政治』出版記念シンポジウムのご案内

 

女性参政権70年の荒野で叫ぶ

女性の参政権獲得から4月で70年。いまだ日本の女性衆院議員比率は1割以下。世界156位の荒野にあります。

2年前の東京都議会での塩村文夏都議へのセクハラやじ騒動以降、東京新聞、北陸中日新聞では女性と政治を見つめる企画を断続的に続け、この春、1冊の本にまとめました。題して『女たちの情熱政治』。

3・11以降、脱原発や待機児童解消、安保法制反対などの意思を表明するため、仲間を集めて声を上げる女性たちは増えています。

私たちは肉体を動かすことが政治の第一歩と考え、そんな街頭の動きも含めて「情熱政治」と名付けました。

出版を記念し、ささやかな「情熱」の結集の場としてシンポジウムを計画しました。

「女性参政権70年に思う」「その壁の正体~女性議員増加を阻むもの」「情熱政治を始めよう」の3つの柱でのディスカッションを予定しています。

ふるってご参加いただき、ご意見をいただければ幸いです。

 

 

日時

2016年4月23日(土)午後1時30分~4時

 

場所

東京新聞(中日新聞東京本社)1階ホール

東京都千代田区内幸町2の1の4

東京メトロ千代田線または日比谷線
「霞ヶ関」駅C3・C4出口より徒歩1分

 

登壇者

岡田憲治(専修大教授)

塩村文夏(東京都議会議員)

市井早苗(安保法制に反対するママの会@石川呼びかけ人)

林 寛子(中日新聞東海本社代表)

 

入場無料(事前登録制)

お申し込み

東京新聞社会部・早川
(hayakw.y@chunichi.co.jp)

までメールでお願いします。

 

※当日の模様は紙面で紹介させていただきます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

安冨歩 著
『幻影からの脱出――原発危機と東大話法を越えて刊行記念

 

脱出口はどこだ!

 

講演 : 安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)

場所 : ジュンク堂書店難波店 3階カウンター前特設開場
日時 : 2012年7月22日(日) 14:00~

○詳細は ジュンク堂書店難波店店舗情報(MARUZEN & JUNKDO Webサイト) よりご確認ください。

前著『原発危機と「東大話法」』で、原子力ならびに原発事故に関するさまざまな言説の欺瞞性を暴いた安冨歩さん。欺瞞言語体系を「東大話法」と名付け、その話法が生まれる日本社会の構造を解き明かしました。その続編となる本著では東大話法の分析はもとより、原発を推進してきた政治構造、さらに人類が核開発に邁進してきたのはなぜかに迫ります。次から次へと刺激的な考察を展開する、この盛りだくさんの新刊を記念してトークセッションを開催します。これまで経験したことのない、変わってしまった世界で、私たちはどう生きていけばよいのか。来場者とともに考えます。

 

トークセッション : 
 安冨歩 × 岩上安身(ジャーナリスト・IWJ 代表)

場所 : ジュンク堂書店池袋本店 4階カフェ
日時 : 2012年8月4日(土) 19:30~

○詳細は ジュンク堂書店池袋本店店舗情報(MARUZEN & JUNKDO Webサイト) よりご確認ください。

前著『原発危機と「東大話法」』で、原子力ならびに原発事故に関するさまざまな言説の 欺瞞性を暴いた安冨歩氏。欺瞞言語体系を「東大話法」と名付け、その話法が生まれる 日本社会の構造を解き明かしました。その続編となる本著では東大話法の分析はもとより、 原発を推進してきた政治構造、さらに人類が核開発に邁進してきたのはなぜかに迫ります。 次から次へと刺激的な考察を展開する、この盛りだくさんの新刊を記念してトークセッションを 開催します。お相手は、大手メディアが報道しない重要な情報を提供し続けている、 ぶれないジャーナリスト、岩上安身氏。ふたりの明快なトークをどうぞお楽しみに!

MARUZEN & JUNKDO Webサイト/ジュンク堂書店池袋本店店舗情報より

関連書籍はこちら

このページのトップへ

小林麻里出版記念会
「福島、飯舘 それでも世界は美しい――原発避難の悲しみを生きて

いのちを巡る対話

 

 3.11の事故で、亡き夫と共に過ごした宝物のような森を離れざるを得なくなった麻里さんが、深く魂に問いかけ、感じ、自然とひとつながりのいのちを見出した日々が本になりました。福島で、飯舘で起こっていることを感じていただければ幸いです。

 麻里さんが、生きる上で大きな力となったべてるの家の「降りていく生き方」。

 本を書き進める上で大きな示唆を与えられた田口ランディさん。

 ランディさんは「べてるの家」とご縁が深く、向谷地さんやメンバーと度々対談されたりしています。向谷地生良さん、田口ランディさん、出版の機会をつくられた名古屋大学高野先生と、本が生まれるに際し縁ある皆さんと共に、いのちについて、今を生きることについて一緒に深めてゆきたいと願っています。

 高野先生はトロンボーン演奏されるそうです。古い友人でもある風の音楽家丸山祐一郎さん、はるちゃんの演奏もあります。

 ランディさんの講演、トークセッション、音楽ありの一日です。

 一緒に今を、いのちを考えてみませんか

 (収益は東日本大震災被災地への支援金とさせていただきます)

Eco-Branch Webサイトより

 

日時 : 2012年「7月1日 10:30~16:30 (10:00開場)
場所 : 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-21
開場 : 大和白鳥創造センター 4F コンベンションホール ((株)ヒカリ内)
参加費: 予約 大人3,000円 学生1,500円 (当日参加+500円) 中学生以下無料

詳細は Eco-Branch Webサイト をご覧ください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ