ホーム > お知らせ

お知らせ

2017年6月22日(木曜)の新潟日報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『子ども・家族支援に役立つアセスメントの技とコツ』
乱丁のお詫びとお知らせ
 
 
日頃よりご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

弊社刊行の『子ども・家族支援に役立つアセスメントの技とコツ』の第3刷(2017年4月8日発行)に乱丁があることがわかりました。お買い上げいただいたみなさまおよび関係者のみなさまに、心よりお詫びを申し上げます。
 
乱丁の箇所は以下の通りです。

 第9折(129-144頁)と第10折(145-160頁)が入れ違いになっています。
 
乱丁本は正しいものへ交換いたします。大変お手数ではございますが、送料着払いにて弊社宛てまでご返品いただけますよう、お願い申し上げます。その際には、お届け先がわかるよう、お名前・ご住所(郵便番号)・電話番号を記したメモを同封していただけますようお願い申し上げます。準備が整い次第、正しい書籍をお送りいたします。
 
【返送先】
株式会社 明石書店 営業部
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-9-5
電話 03-5818-1171
 

今後このようなことが起こらないよう、十分注意してまいります。
今後とも引き続きのご愛顧を賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年6月4日の毎日新聞にて、『黒海の歴史』が紹介されました。

 

【掲載書評】

2017年6月4日 毎日新聞
「遊牧民と都市国家 鮮やかな対照」
評者:本村凌二 氏

  

【掲載書籍】

チャールズ・キング 著 前田弘毅 監訳
居阪僚子、浜田華練、仲田公輔、岩永尚子、保苅俊行、三上陽一 訳
黒海の歴史――ユーラシア地政学の要諦における文明世界(2017年4月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年6月4日の読売新聞にて、『黒海の歴史』が紹介されました。

 

【掲載書評】

2017年6月4日 読売新聞 本よみうり堂
「知られざる要衝の変遷」
評者:出口治明(ライフネット生命会長) 氏

  

【掲載書籍】

チャールズ・キング 著 前田弘毅 監訳
居阪僚子、浜田華練、仲田公輔、岩永尚子、保苅俊行、三上陽一 訳
黒海の歴史――ユーラシア地政学の要諦における文明世界(2017年4月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年6月3日の日本経済新聞にて、『外国人の子ども白書』が紹介されました。

 

【掲載書評】

2017年6月3日 日本経済新聞
「日本での現状 丁寧な解説」

  

【掲載書籍】

荒牧重人、榎井縁、江原裕美、小島祥美、志水宏吉、南野奈津子、宮島喬、山野良一 編
外国人の子ども白書――権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から(2017年4月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『外国人の子ども白書』出版記念フォーラムのお知らせ

 

『外国人の子ども白書』の刊行を記念して、大阪(6月10日)と神奈川(7月9日)にて出版記念フォーラムを開催します。

 


 

「大阪発:外国にルーツをもつ子どもたちの現状と課題 ~権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から~」

 

日時 : 2017年6月10日(土曜) 14:00~17:10

会場 : すてっぷホール
      (大阪府豊中市玉井町1-1-1-501 エトレ豊中5階)
      ※ 阪急宝塚線「豊中駅」隣のビル

内容 : 

     はじめに
     第一部 当事者からの発信
        ・ 子どもたちからの発信
        ・ 発信を受けて(『外国人の子ども白書』執筆者からのコメント)
     第二部 共生へ向けて
        ・ 大阪の外国人の子どもを考えるワークショップ(現状、課題の共有、整理)
     まとめ・提案

定員 : 80名(要申込、先着順、参加費500円)

申込方法 : 参加を希望される方は、下記、問合せ・申込先まで、①氏名、②連絡先(電話及びメールアドレス)、③所属団体、④外国にルーツをもつ子どもたちの教育・支援にどのような形で関わっているかをお知らせください。

 

〈問合せ・申込先〉

主催:「大阪発:外国にルーツをもつ子どもたちの現状と課題~権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から~」実行委員会

実行委員会事務局:(公財)とよなか国際交流協会 ※水曜休館
[担当]山野上、金、榎井
[電話]06-6843-4343  [FAX]06-6843-4375  [メール]atoms@a.zaq.jp

 

「大阪発:外国にルーツをもつ子どもたちの現状と課題」ご案内【PDF:1.0MB】

 


 

「外国人の子ども白書」出版記念フォーラム
『外国につながる子どもたちが希望をもてる社会をめざして~発達段階に応じた支援を考える~』

 

日時 : 2017年7月9日(日曜) 13:00~17:00

会場 : 神奈川韓国会館(横浜駅西口より徒歩5分)
        http://www.mindan-kanagawa.com/about/access/

 

内容 :  

【1】基調講演 小島祥美さん(愛知淑徳大学准教授)
  「外国につながる子どもの現状 ~就学前から就労まで発達段階に応じた支援の必要性~」

【2】実践報告
  1.松井リリアンさん(YMCAいずみ保育園保育士)
    「当事者が語る日本での保育・子育て支援」
  2.大谷千晴さん(平塚市立旭陵中学校教諭)
    「日本社会での自立を支えるためには ~学校・家庭・地域をつなぐ支援の在り方~」
  3.田中宝紀さん(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部統括コーディネーター)
    「外国につながる若者の教育保障と就労支援 ~多様性が豊かさとなる未来へ~」

【3】ディスカッション「外国につながる子どもたちが希望をもてる社会をめざして」
   司会・進行 山野良一さん(名寄市立大学教授)
   発言 小島祥美さん、松井リリアンさん、大谷千晴さん、田中宝紀さん

定員 : 100名(要申込、先着順、参加費無料)

主催 : (株)明石書店、(公財)かながわ国際交流財団

申込方法 : 参加を希望される方は、「お名前」「住所」「電話番号」「ご所属」をメール、電話、ファックスのいずれかの方法で下記連絡先までお知らせください。

 

〈申込先〉

公益財団法人かながわ国際交流財団
多文化共生・協働推進グループ(担当:富本)

TEL:045-620-4466
FAX:045-620-0025
URL:http://www.kifjp.org/
e-mail:tabunkajoin@kifjp.org

「外国につながる子どもたちが希望をもてる社会をめざして」(横浜)ご案内【PDF:1.2MB】

このページのトップへ

2017年5月21日(日曜)の東京新聞および中日新聞にて、『グローバル資本主義と〈放逐〉の論理』が紹介されました。

 

【掲載書評】

2017年5月21日(日曜) 東京新聞・中日新聞 読む人

「略奪される人間、自然環境」
評者:服部茂幸 氏(同志社大学教授)

 

【掲載書籍】

サスキア・サッセン 著 伊藤茂 訳
グローバル資本主義と〈放逐〉の論理――不可視化されゆく人々と空間(2017年4月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年5月4日(木曜・祝)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年5月1日(月曜)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年5月1日(月曜)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年5月1日(月曜)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年5月1日(月曜)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年4月24日(月曜)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は25日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年4月23日(日曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は24日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年4月23日(日曜)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は25日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年4月22日の日本経済新聞にて、『ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義』が紹介されました。

  

【掲載書籍】

尾上修悟 著
ギリシャ危機と揺らぐ欧州民主主義――緊縮政策がもたらすEUの亀裂(2017年3月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017/5/31 更新

 

長沼毅セレクション・ブックフェア 『ビッグヒストリー』を味わい尽くす50冊 開催のお知らせ

『ビッグヒストリー:われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史』は、人間の歴史を最新の科学の成果に基づいて再構築した歴史書です。

 当フェアでは、本書を少しでもより深く味わっていただく手引きになるならば、と、日本語版監修・長沼毅先生による関連書「お薦め本」を50冊セレクトして、1冊ずつ、推薦理由を添えいただいています。

 3月より、全国の書店にて順次、開催いたします。ぜひ、お立ち寄りください。

 

「ビッグヒストリーを味わいつくす50冊」ポスター

長沼毅先生による50冊の選書リスト(コメント付)を無料配布中。



【フェア開催書店一覧】

あおい書店川崎駅前店

青山ブックセンター六本木店 催中(4月中旬~)

ACADEMIAイーアス筑波店
ACADEMIAくまざわ書店桜ケ丘店 開催中(4月末~)
ACADEMIA港北店 (5月中旬より開催予定)

アバンティブックセンター京都店

大垣書店イオンモール京都店 開催中(5月上旬~)

鹿島ブックセンター (5月下旬より開催予定)

紀伊國屋書店新宿本店 開催中(5月8日~)
紀伊國屋書店流山おおたかの森
紀伊國屋書店浦和店 開催中(4月29日~)
紀伊國屋書店川西店 開催中(3/25~)
紀伊國屋書店横浜店 (6月上旬より開催予定)
紀伊国屋書店グランフロント大阪店 開催中(3月下旬~)
紀伊國屋書店広島駅店 開催中(4月20日~)
紀伊國屋書店福岡本店 開催中(3月下旬~)

金港堂 開催中(5月1日~)

くまざわ書店大泉学園店 開催中(4月末~)
くまざわ書店八王子店
くまざわ書店津田沼店 開催中(4月上旬~)
くまざわ書店柏高島屋店 (5月18日より開催予定)
くまざわ書店ランドマーク店 (5月中旬より開催予定)

コーチャンフォー若葉台店 開催中(4月末~)

三省堂書店神保町本店 (5月中旬より開催予定)
三省堂書店新横浜店 (6月上旬より開催予定)

さわや書店フェサン店

ジュンク堂書店立川高島屋店
ジュンク堂書店吉祥寺店
ジュンク堂書店仙台TR店
ジュンク堂書店柏モディ店 開催中(4月上旬~)
ジュンク堂書店藤沢店 開催中(5月1日~)
ジュンク堂書店大宮高島屋店 開催中(5月1日~)
ジュンク堂書店新潟店 開催中(4月上旬~)
ジュンク堂書店名古屋栄店 (5月中旬より開催予定)
ジュンク堂書店大阪本店 開催中(5月上旬~)
ジュンク堂書店難波店 開催中(4月上旬~)
ジュンク堂書店梅田ヒルトン店 開催中(3月下旬~)
ジュンク堂書店三ノ宮店 (8月上旬より開催予定)
ジュンク堂書店三ノ宮駅前店 (9月より開催予定)
ジュンク堂書店西宮店 (7月以降開催予定)
ジュンク堂書店広島駅前店
ジュンク堂書店福岡店 開催中(3月下旬~)
ジュンク堂書店鹿児島店 (7月以降開催予定)

蔦屋書店代官山店 開催中(4月1日~)

戸田書店静岡本店 開催中(4月上旬~)

八文字屋本店

フタバ書店MEGA中筋店

ブックファースト京都店 (6月上旬開催予定)

BOOKS隆文堂

文眞堂前橋店 (6月上旬より開催予定)

文真堂書店横浜店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店草加店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店北越谷店T・C (6月上旬より開催予定)
文真堂書店幸手店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店小桑原店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店上原店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店安中店T・C (6月上旬より開催予定)
文真堂書店連取本町店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店倉賀野店T・C (6月上旬より開催予定)
文真堂書店大胡店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店阿佐美店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店上中居店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店上並榎店 (6月上旬より開催予定)
文真堂書店原町店 (6月上旬より開催予定)

丸善丸の内本店
丸善日本橋店
丸善津田沼店 (6月上旬より開催予定)
丸善桶川店 (6月上旬より開催予定)
丸善京都本店 (7月10日より開催予定)
丸善広島店 開催中(5月1日~)
丸善岡山シンフォニービル店
丸善博多店

MARUZEN&ジュンク堂多摩センター店 開催中(4月末~)
MARUZEN&ジュンク堂渋谷店
MARUZEN&ジュンク堂梅田店 (6月上旬より開催予定)

みどり書店南福島店

宮脇書店総本店

八重洲ブックセンター本店 (5月中旬より開催予定)

有隣堂本店
有隣堂横浜駅西口店 (6月上旬より開催予定)

北海道大学生協クラーク店 (5月中旬より開催予定)
筑波大学書籍部
東京大学生協本郷店 開催中(4月中旬~) 
首都大学東京生協南大沢キャンパス店 (5月中旬より開催予定)
立命館大学 ブックセンターふらっと (5月中旬以降に開催予定)
広島大学生協 北1店 開催中(3月下旬~)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月21日(火曜)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は22日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月19日(日曜)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月17日(金曜)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月17日(金曜)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月17日(金曜)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月17日(金曜)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は19日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月12日(日曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は13日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月9日(木曜)の河北新報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年3月6日の産経新聞にて、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

 

【掲載書評】

「産経新聞」(2017年3月6日)

「世界成立の「なぜ」 文理融合で答える――翻訳歴史本に新トレンド

 

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年2月26日の東京新聞にて、『思想戦 大日本帝国のプロパガンダ』が紹介されました。

 

【掲載書評】

「国内外で続いた宣伝効果」
評者:佐藤卓己 氏(京都大学教授)

 

【掲載書籍】

バラク・クシュナー 著 井形彬 訳
思想戦 大日本帝国のプロパガンダ(2016年12月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年2月26日の朝日新聞にて、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

 

【掲載書評】

朝日新聞 2017年2月26日
「ひもとく 科学で見る人間の歴史 壮大な視野で「20万年」見直す」
評者: 渡辺政隆氏(筑波大学教授、同大サイエンスコミュニケーター)

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年2月19日の読売新聞にて、『思想戦 大日本帝国のプロパガンダ』が紹介されました。

 

【掲載書評】

読売新聞 本よみうり堂(2017年2月19日)
評者:奈良岡聰智 氏(政治史学者・京都大学教授)

 

【掲載書籍】

バラク・クシュナー 著 井形彬 訳
思想戦 大日本帝国のプロパガンダ(2016年12月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「図書新聞」の2017年2月11日号にて、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

 

【掲載書評】

「図書新聞」(2017年2月11日:第3290号)

「最も新しい「世界史の教科書」」
評者:小彼積民人氏(ライター)

 

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『難民を知るための基礎知識』刊行記念シンポジウムのお知らせ

 

早稲田大学紛争科研研究会・難民政策プラットフォーム共催シンポジウム
今日の難民保護 〜人権と政治の葛藤を超えて〜

 

『難民を知るための基礎知識』(滝澤三郎・山田満編著、明石書店)の出版を記念して、1月31日に早稲田大学でシンポジウムを開催いたします。アメリカのトランプ大統領による難民の受け入れ制限の発表が世界に大きな波紋を呼んでいます。シリアから500万人近い難民が流出し、欧州諸国にも100万人もの難民申請者が流入したことに伴う混乱、イギリスのEU離脱などの延長線上での今回の決定は、第二次大戦以来続いて来た難民の国際的保護体制が大きく揺らいでいることを示しています。それは日本の難民政策にも影響を及ぼさざるを得ないでしょう。そこでシンポジウムでは、現代国際社会における難民の保護について議論を行う予定です。また、本書では若手・中堅の研究者を中心に9名の著者が世界各地の難民問題の様々な側面を学際的な視点から論じています。

 

テーマ:今日の難民保護~人権と政治の葛藤を超えて~

 共催:早稲田大学紛争科研研究会、難民政策プラットフォーム

 後援:人間の安全保障フォーラム、持続的平和研究所

 日時:2017年1月31日(火)17:00~19:00(開場は16:30~)

 場所:早稲田大学14号館102教室

入場料:無料

 言語:日本語

 

【プログラム】

17:00-17:10 挨拶・モデレーター:山田満(早稲田大学社会科学総合学術院長)

パネリスト

17:10-17:30 滝澤三郎(国連UNHCR協会理事長)

17:30-17:50 山本哲史(名古屋大学特任講師)

17:50-18:10 守屋由紀(UNHCR駐日事務所広報官)

18:10-18:20 休憩(質問用紙回収)

18:20-18:35 総合コメンテーター:佐藤安信(東京大学大学院総合文化研究科教授)

18:35-19:00 質疑応答

 

※本書の編著者の印税は国連UNHCR協会を通してUNHCRに寄付されます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月29日の朝日新聞で、『フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略』が紹介されました。

 

【関連記事】

ひもとく キューバ革命の思想
「人生を捧げた名もない人たち」
評者:山岡加奈子(アジア経済研究所主任研究員)氏

 

【掲載書籍】

フィデル・カストロ・ルス 著 山岡加奈子、田中高、工藤多香子、富田君子 訳
『フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略――キューバ革命の闘い(2012年9月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『週刊朝日』の2017年1月27日号にて、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

 

【掲載書評】

『週刊朝日』(2017年1月27日号)

ベストセラー読解
「楽観論と悲観論」
評者:永江朗氏

 

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

小平市中央公民館ホールにて、「ビッグヒストリー」に関するトークイベント、「地球永住計画連続公開講座」が開催されます。

 

タイトル 地球永住計画連続公開講座

お話 長沼毅(『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』日本語版監修)

概要 宇宙、物質、生命はどのように誕生したのか? 人間はどのように出現し、現在につながっているのか。そして未来の私たちの姿は?  地球上に現れたきわめて特異な生物種、人間とその歴史を理解するための新しい考え方を提案する。

 

日時 2017年2月11日(土)

会場 小平市中央公民館ホール

参加費 500円(税込)

定員 160人(先着順)

 

お申し込み、その他詳細は以下のWebサイトよりご確認ください。

  ○地球永住計画連続公開講座 長沼毅

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月11日(水曜)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月5日(木曜)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は7日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月4日(水曜)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月3日(火曜)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月3日(火曜)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月3日(火曜)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2017年1月3日(火曜)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年12月28日(水曜)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は30日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

紀伊國屋書店新宿本店で、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』刊行記念トークイベントが開催されます。

 

タイトル 「ビッグヒストリー」を味わいつくす

トークショー 長沼毅(『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』日本語版監修)

 

日時 2017年1月19日(木) 19:00開演/18:30開場

会場 紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

参加費 500円

定員 50名

 

詳細は紀伊國屋書店公式Webサイトよりご確認ください。

  ○紀伊國屋書店公式Webサイト

  ○紀伊國屋書店公式Webサイト【イベント情報】「ビッグヒストリー」を味わいつくす

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年12月25日の朝日新聞で、『ヒトラーの娘たち』が紹介されました。

 

【関連記事】

「2016年の収穫 心に残る本――書評委員会が選んだ「今年の3点」
評者:市田隆 氏

  

【掲載書籍】

ウェンディ・ロワー 著 武井彩佳 監訳 石川ミカ 訳
ヒトラーの娘たち――ホロコーストに加担したドイツ女性(2016年7月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年12月24日(土曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は25日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

LOFT9 Shibuyaで、「ビッグヒストリー」に関するトークイベントが開催されます。

 

タイトル 長沼毅のほろ酔い大学・渋谷編~われわれはどこから来て、どこへ行くのか――長沼毅の「ビッグヒストリー」論~

人間とは何か? どこから生まれ、今後どこへ向かおうとしているのか?――――

最新の科学の成果に基づいて、138億年前のビッグバンから未来にわたる長大な時間の中に「人間」の歴史を位置づけ、それを「8つのスレッショルド(大跳躍)」という視点を軸に読み解いた「新しい学問」、『ビッグヒストリー』の日本語監修版が遂に登場!

その監修を手掛けた、長沼先生が「ビッグヒストリーを味わい尽くす」為の講義を開催します!

 

日時 2017年1月7日(土)

会場 LOFT9 Shibuya

要・チケット 詳細は以下、LOFT9 公式Webサイトよりご確認ください

 ○LOFT9 Shibuya 公式Webサイト

 ○2017年1月7日「長沼毅のほろ酔い大学・渋谷編」(LOFT9 Shibuya)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年12月16日放送のNHK「あさイチ」の特選!エンタで、「クリスマス&お年玉にもぴったりなプレゼント本」の1冊として、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

 

【テレビ紹介】

NHK「あさイチ」 2016年12月16日放送回
特選エンタ! クリスマス&お年玉にもぴったりなプレゼント本
○番組概要はこちらから NHK「あさイチ」公式Webサイト

 

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

年末年始休業日のお知らせ

 

 日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。弊社の年末年始休業日について、下記の通りお知らせ申し上げます。

12月29日(木) から 1月4日(水) まで

 弊社Webサイトにつきましては通常通りご覧いただけます。ネット書店さまでのご注文につきましては、それぞれの書店さまのWebサイトなどでご確認いただけますようお願い申し上げます。また、各ネット書店さまで「出版社取り寄せ」のようなご案内がなされているものにつきましては、通常より若干の遅れが生じますが、こちらも何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

  

○書店・取次店各位

 年末年始の休業中にFAXにてご注文いただいた商品につきましては、1月5日(木)の休業明けより順次、搬入の手続きとなりますのでご了承ください。

 

   皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

新潟県新潟市の市立中央図書館で、「ビッグヒストリー」に関するトークイベントが開催されます。

 

タイトル 科学と文化を紡ぐビッグヒストリー

お話 本間善夫(ecosci.jp,サイエンスカフェにいがた)

概要 138億年の宇宙・物質・生命・文化・社会の壮大な歴史を文系理系の壁を超えて学べるビッグヒストリーとは?

 

日時 2017年1月28日(土)

会場 新潟市立中央図書館(ほんぽーと)

参加費 200円(飲み物代)

定員 あり

 

詳細は「新潟の科学-公民館サイエンスカフェ-」Webサイトよりご確認ください。

  ○新潟の科学-公民館サイエンスカフェ-(2016年度)

  ○第30回[平成28年度 第1回]公民館サイエンスカフェ(2017/01/28)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

■求人内容

募集職種 編集

業務内容 書籍・単行本の企画立案、編集

資格 編集経験3年以上

雇用条件 正社員(面談の上詳細決定、試用期間あり)

 

■応募方法

希望職種を明記のうえ、履歴書(B4判、直筆、ワープロ使用不可、要写真)、職務経歴書(B5判)を小社宛お送りください。応募書類は返却いたしません。書類選考の上、追って面談日時をご連絡いたします。

*不採用の際は、ご連絡いたしません。

 

■履歴書送付先

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-9-5
株式会社 明石書店 総務部

 

■お問合わせ

株式会社 明石書店 総務部
電話 03-5818-1173
※メールでのお問い合わせはお断りします。

このページのトップへ

2016年11月30日(水曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は12月1日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月27日の毎日新聞で、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

  

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月22日(火曜)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月21日(月曜)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は22日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月20日の朝日新聞で、『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか』が紹介されました。

  

【掲載書籍】

デヴィッド・クリスチャン、シンシア・ストークス・ブラウン、クレイグ・ベンジャミン 著
長沼毅 日本語版監修 石井克弥、竹田純子、中川泉 訳
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史(2016年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は18日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月17日(木曜)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年11月15日(火曜)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は16日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ビッグヒストリー』関連企画トークイベントのお知らせ

 

『ビッグヒストリー』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 宇宙・物質・生命・文化の壮大な歴史を文系理系の壁を超えて科学の視点で学ぶことができるBig History Projectがオーストラリアで発祥し世界中で注目されています。高校生の学びだけでなく「科学とともにある社会」を考える上でも重要なプラットホームの1つになるでしょう。そのテキストの日本語版「ビッグヒストリー:われわれはどこから来て、どこへ行くのか」の翻訳監修に当たった広島大学の長沼 毅さん(極限環境生物学)をメインゲストに招いて同プロジェクトへの熱い思いを語ってもらいます。さらにNHKの科学番組制作担当者と高校生3人にもプロジェクトの持つ可能性について述べてもらった上で,会場参加者も含めて意見交換を行い,広い層に科学に関心を持ってもらうことを目的とする『ビッグヒストリー』活用のうねりに繋げたいと考えています。

(「日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016」Webサイトより)

 

 

 トークセッション:科学と文化を紡ぐ教育プロジェクト“ビッグヒストリー”

 

おかげさまで盛会裏に終了いたしました。

当日の様子はこちらからご覧いただけます(日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016 Webサイト http://www.ecosci.jp/sccj_sa2016/ )

 

日時:2016年11月5日(土) 15:30~17:00

会場:日本科学未来館ホール(7F)

定員300名。予約受付中、当日参加あり

主催:日本コンピュータ化学会

協賛:明石書店

協力:東京都立戸山高等学校、ほか

 

プログラム

15:30~15:05 開会あいさつ・趣旨説明
15:35~16:00 講演1「ビッグヒストリーを日本で活用するために」 長沼 毅(広島大学教授) 
16:00~16:20 講演2「科学番組制作とビッグヒストリー」(仮題) 井上智広(NHK制作局 科学環境番組部 チーフ・プロデューサー)
16:20~16:35 高校生の体験発表
16:35~16:55 フリートーク(登壇者全員&会場) 
16:55~17:00 セッションまとめ「ビッグヒストリーと計算科学」

 

 詳細および参加申し込みにつきましては、「日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016」のWebサイトをご確認ください。

 日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2016 Webサイト http://www.ecosci.jp/sccj_sa2016/

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

2016年10月13日の朝日新聞(大阪版)で、『子ども食堂をつくろう!』が紹介されました。

 

【関連記事】

「つながる 子ども食堂――各地で連携 ノウハウ共有」
 

【掲載書籍】

豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 編著
子ども食堂をつくろう!――がつながる地域の居場所づくり(2016年8月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月7日(水)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月5日(月)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は6日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月4日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は5日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月3日(土)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月1日(木)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月1日(木)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月1日(木)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年9月1日(木)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『台湾を知るための60章』刊行記念トークイベント&サイン会のお知らせ

 

台湾をより深く知りたいという方に向けて、60の視点から書かれた概説書『エリアスタディーズ147 台湾を知るための60章』の刊行を記念して、トークイベントを行います。

 

 第一部:スポット紹介 台湾の街を歩いておもしろい発見ができるスポット紹介

 第二部:クロストーク 執筆者が本の一部を紹介しつつ、みなさんの質問にも答えます。

 

日時:2016年9月3日(土) 14時~16時 (30分前会場、自由席、入場無料)

会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(虎ノ門)

定員:80名。要・参加申し込み

主催:明石書店・台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

 

 詳細および参加申し込みにつきましては、台湾文化センターWebサイトをご確認ください。

 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センターWebサイト http://jp.taiwan.culture.tw/

 台湾文化センター 刊行記念トークイベント詳細ページ http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_51670.html

このページのトップへ

2016年8月15日(月)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月15日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月6日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月5日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月4日(木)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月3日(水)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

夏期休業日のお知らせ

 

 日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。弊社の夏期休業日について、下記の通りお知らせ申し上げます。

8月12日(金) から 8月16日(火) まで

 弊社Webサイトにつきましては通常通りご覧いただけます。また、ネット書店さまでのご注文につきましては、それぞれの書店さまにご確認ください。各ネット書店さまで「出版社取り寄せ」のように表示されているものにつきましては、通常より若干の遅れが生じますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

○書店・取次店各位

 夏期休業中にFAXにてご注文いただいた商品につきましては、8月17日(水)の休業明けからの搬入手続きとなります。

 

 皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

2016年8月1日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は30日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月1日(月)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月1日(水)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月1日(月)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年8月1日(月)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

7月末に重版(5刷)予定です。

 

ジョージ・J.デュポール、トーマス・J.パワー、アーサー・D.アナストポウロス、ロバート・リード 著
市川宏伸、田中康雄 監修 坂本律 訳
診断・対応のためのADHD評価スケール ADHD-RS【DSM準拠】――チェックリスト,標準値とその臨床的解釈(2008年5月)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年7月10日の朝日新聞で、『現代日本の「見えない」貧困』が紹介されました。

 

【関連記事】

ひもとく 子どもの貧困
「乳幼児期から親も含めた支援を」
評者:湯澤直美(立教大学教授:社会福祉学)氏

 

【掲載書籍】

青木紀 編著
現代日本の「見えない」貧困て――生活保護受給母子世帯の現実(2003年8月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

重版(3刷)ができました。

 

イマニュエル・ウォーラーステイン 著 山下範久 訳
ヨーロッパ的普遍主義――近代世界システムにおける構造的暴力と権力の修辞学(2008年8月)

 

人権や民主主義、市場や競争の正当性、科学的実証性など、現代社会において自明とされる概念は、不平等の構造を拡大・深化させる「普遍主義」という暴力に支えられている――16世紀から現在までを世界システム論に基づいて検証、その臨界性を指し示す新たな展開。

 

【内容構成】

謝辞/Acknowledgments

 はじめに/Introduction:
 ――今日における普遍主義の政治学/The Politics of Universalism Today


第I章 干渉の権利はだれのものか/ Whose Right to Intervene?
  ――野蛮に対する普遍的価値/Universal Values Against Barbarism
   「非文明」的地域への干渉は正当か
   ラス・カサスの反干渉論
   伝道、文明化の使命、そして人権
   人道的干渉の矛盾――ラス・カサスの原則と現代

第II章 ひとは非東洋学者になりうるか/Can One Be a Non-Orientalist?
  ――本質主義的個別主義/Essentialist Particularism
   『ペルシア人の手紙』
   アブデル=マレクとサイードのオリエンタリズム批判
   オリエンタリズム批判の射程――サイードの批判の三つの宛先
   個別性の普遍化と普遍性の個別化

第III章 真理はいかにして知られるか/How Do We Know the Truth?
  ――科学的普遍主義/Scientific Universalism
   科学的普遍主義の勝利
   近代世界システムの構造的危機
   「二つの文化」の制度化
   大学システムの変容と知の社会科学化

第IV章 観念のパワー、パワーの観念/The Power of Ideas, the Ideas of Power:
  ――与えることと受け取ること?/To Give and to Receive?
   ヨーロッパ的普遍主義1 「野蛮」に対する干渉の権利
   ヨーロッパ的普遍主義2 オリエンタリズムの本質主義的個別主義
   ヨーロッパ的普遍主義3 科学的普遍主義
   「与えることと受け取ることが一致する場」

 文献一覧/Bibliography
 訳者あとがき
 索引

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月3日(金)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月1日(水)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月1日(水)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月1日(水)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年6月1日(水)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年5月31日(火)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年5月29日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は30日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年5月29日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は30日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年5月15日の読売新聞で、『教皇フランシスコ キリストとともに燃えて』が紹介されました。

 

【関連記事】

「『民衆の神学』掲げ改革」
評者:月本昭男(旧約聖書学者・上智大学特任教授)氏

 

【掲載書籍】

オースティン・アイヴァリー 著 宮崎修二 訳
教皇フランシスコ キリストとともに燃えて――偉大なる改革者の人と思想(2016年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『チェチェン 平和定着の挫折と紛争再発の複合的メカニズム』が紹介されました。

 

【関連記事】

ロシア・ユーラシアの経済と社会 4月号 書評
評者:野田岳人氏(群馬大学国際教育・研究センター准教授)

掲載誌の紹介ページはこちら → ユーラシア研究所Webサイト(第1003号〔2016年4月号〕)

 

【関連記事】

イスラーム地域研究ジャーナル Vol.8 書評
評者:吉村隆之氏(早稲田大学イスラーム地域研究機構)

 

【関連記事】

『日本とユーラシア』(Япония и Евразия)書籍紹介 (NPO法人神奈川県ユーラシア協会)
評者:滝沢三佐子氏

書評はこちらから → 神奈川県日本ユーラシア協会Webサイト(書評頁)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年5月1日の朝日新聞読書欄で、『教皇フランシスコ キリストとともに燃えて』が紹介されました。

 

【関連記事】

「世界に『希望』を与える貧者の友」
評者:柄谷行人(哲学者)氏

 

【掲載書籍】

オースティン・アイヴァリー 著 宮崎修二 訳
教皇フランシスコ キリストとともに燃えて――偉大なる改革者の人と思想(2016年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2016年4月吉日

社長交代のお知らせ

 

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私儀

このたび森本直樹の社長退任に伴い代表取締役社長に就任いたしました
つきましては誠に微力ではございますが誠心誠意努力する所存でございますので倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

謹 白  

   平成二十八年四月吉日

株式会社 明石書店     
代表取締役社長 大江道雅

このページのトップへ

2016年4月1日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月30日

『女たちの情熱政治』出版記念シンポジウムのご案内

 

女性参政権70年の荒野で叫ぶ

女性の参政権獲得から4月で70年。いまだ日本の女性衆院議員比率は1割以下。世界156位の荒野にあります。

2年前の東京都議会での塩村文夏都議へのセクハラやじ騒動以降、東京新聞、北陸中日新聞では女性と政治を見つめる企画を断続的に続け、この春、1冊の本にまとめました。題して『女たちの情熱政治』。

3・11以降、脱原発や待機児童解消、安保法制反対などの意思を表明するため、仲間を集めて声を上げる女性たちは増えています。

私たちは肉体を動かすことが政治の第一歩と考え、そんな街頭の動きも含めて「情熱政治」と名付けました。

出版を記念し、ささやかな「情熱」の結集の場としてシンポジウムを計画しました。

「女性参政権70年に思う」「その壁の正体~女性議員増加を阻むもの」「情熱政治を始めよう」の3つの柱でのディスカッションを予定しています。

ふるってご参加いただき、ご意見をいただければ幸いです。

 

 

日時

2016年4月23日(土)午後1時30分~4時

 

場所

東京新聞(中日新聞東京本社)1階ホール

東京都千代田区内幸町2の1の4

東京メトロ千代田線または日比谷線
「霞ヶ関」駅C3・C4出口より徒歩1分

 

登壇者

岡田憲治(専修大教授)

塩村文夏(東京都議会議員)

市井早苗(安保法制に反対するママの会@石川呼びかけ人)

林 寛子(中日新聞東海本社代表)

 

入場無料(事前登録制)

お申し込み

東京新聞社会部・早川
(hayakw.y@chunichi.co.jp)

までメールでお願いします。

 

※当日の模様は紙面で紹介させていただきます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「週刊東洋経済」の2016年4月2日号にて、『現代ヨーロッパと移民問題の原点』が紹介されました。

 

【関連記事】

「シティズンシップ踏まえ多文化の社会統合を考察」
評者:渡邉啓貴(東京外国語大学大学院教授)氏

 

【紹介書籍】

宮島喬
『現代ヨーロッパと移民問題の原点――1970、80年代、開かれたシティズンシップの生成と試練(2016年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2016年3月20日)と日本経済新聞(2016年3月20日)の書評欄にて『開発なき成長の限界』が紹介されました。

 

【関連記事】

朝日新聞 書評欄

「民主主義が開く貧困層の未来」
評者:諸富徹(京都大学教授)氏

 

【関連記事】

日本経済新聞 書評欄

「インドになお存在する断絶とは」
評者:根井雅弘(京都大学教授)氏

 

【紹介書籍】

アマルティア・センジャン・ドレーズ 著 湊一樹
『開発なき成長の限界――現代インドの貧困・格差・社会的分断(2015年12月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

弊社刊行書籍のなかから各種学会賞、学術奨励賞などを受賞した書籍をご紹介いたします(2008年5月刊行以降)。

(内容は随時更新いたします。2016年3月18日現在)

【受賞作一覧】

戸田美佳子 著
越境する障害者』(2015年3月刊行)
○生存学奨励賞審査員特別賞 受賞 立命館大学生存学研究センターWebサイト ●同サイトお知らせ「生存学奨励賞受賞作が決定しました」

郭芳 著
中国農村地域における高齢者福祉サービス』(2014年11月刊行)
○2015年度日本社会福祉学会 学会賞奨励賞(書籍部門) 受賞 「日本社会福祉学会」Webサイト ●同サイト学会賞

岩崎久美子 著
フランスの図書館上級司書』(2014年10月刊行)
○第5回(2014)小林宏記念日仏図書館情報学会賞 受賞 「日仏図書館情報学会」Webサイト ●同サイト「小林宏記念日仏図書館情報学会賞 過去の受賞者」

佐藤彰男 著
バングラデシュの船舶リサイクル産業と都市貧困層の形成』(2014年9月刊行)
○2015年日本都市学会賞(奥井記念賞) 受賞 「日本都市学会」Webサイト

北村由美 著
インドネシア 創られゆく華人文化』(2014年3月刊行)
2015年度 日本華僑華人学会研究奨励賞 受賞 「日本華僑華人学会」Webサイト ●同サイト日本華僑華人学会研究奨励賞

李昆武、フィリップ・オティエ 著 野嶋剛 訳
チャイニーズ・ライフ 【上巻】「父の時代」から「党の時代」へ』(2013年12月刊行)
チャイニーズ・ライフ 【下巻】「党の時代」から「金の時代」へ』(2013年12月刊行)
○平成26年度(第18回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀章 受賞 「第18回文化庁メディア芸術祭」公式Webサイト ●同サイト「マンガ部門(優秀賞)受賞作品情報」

高橋美野梨『自己決定権をめぐる政治学』(2013年12月刊行)
○第1回日本島嶼学会研究奨励賞 受賞 「日本島嶼学会」Webサイト
○第4回(2014年度)地域研究コンソーシアム賞登竜賞 受賞 「地域研究コンソーシアム」Webサイト ●同サイト「第4回地域研究コンソーシアム賞 審査結果および講評」

高瀬幸子『在宅高齢者へのソーシャルワーク実践』(2013年11月刊行)
○2014年度日本社会福祉学会奨励賞 受賞 「日本社会福祉学会」Webサイト 
○2014年度日本ソーシャルワーク学術奨励賞 受賞 「日本ソーシャルワーク学会」Webサイト

沖縄女性史を考える会 編『沖縄と「満洲」』(2013年8月刊行)
○第34回沖縄タイムス出版文化賞正賞 受賞

山尾大『紛争と国家建設』(2013年3月刊行)
○2013年度・第17回 国際開発研究大来賞 受賞 「国際開発機構(FASID)」Webサイト

勅使川原香世子『医療アクセスとグローバリゼーション』(2013年3月刊行)
○第4回日本平和学会平和研究奨励賞 受賞 「日本平和学会」Webサイト

合場敬子『女子プロレスラーの身体とジェンダー』(2013年3月刊行)
○日本スポーツとジェンダー学会第2回学会賞 受賞 「日本スポーツとジェンダー学会」Webサイト

平岡昭利『アホウドリと「帝国」日本の拡大』(2012年11月刊行)
○2013年日本地理学会賞(優秀著作部門) 受賞 「日本地理学会」Webサイト
○第13回(2013年)人文地理学会学会賞(学術図書部門) 受賞 「人文地理学会」Webサイト ●同サイト「受賞情報」
○2013年度地理空間学会学会賞学術賞 受賞 「地理空間学会」Webサイト

須藤廣『ツーリズムとポストモダン社会』(2012年3月刊行)
○2013年度観光学術学会賞著作賞 受賞 「観光学術学会」Webサイト ●お知らせ「受賞作と講評」(2013/08/05)

山下祐介、開沼博 編著『「原発避難」論』(2012年3月刊行)
○2012年度 第6回 地域社会学会賞選考委員会特別賞 受賞 「地域社会学会」Webサイト

荒又美陽『パリ神話と都市景観』(2011年11月刊行)
○2012年度日本地理学会賞(優秀著作部門) 受賞 「日本地理学会」Webサイト

谷口由希子『児童養護施設の子どもたちの生活過程』(2011年11月刊行)
○第14回損保ジャパン記念財団賞(書籍部門) 受賞 「損保ジャパン記念財団」Webサイト(損保ジャパン記念財団賞受賞者 要旨) ●同賞決定のニュースリリース(PDF:同財団Webサイトより)

升田嘉夫『戦後史のなかの国鉄労使』(2011年8月刊行)
○第37回交通図書賞 受賞 「交通協力会」Webサイト 

埴淵知哉『NGO・NPOの地理学』(2011年8月刊行)
○日本NPO学会林雄二郎賞(第10回) 受賞 「日本NPO学会」Webサイト

平田厚『親権と子どもの福祉』(2010年8月刊行)
○第22回尾中郁夫・家族法学術奨励賞 受賞

丸山浩明編著『ブラジル日本移民』(2010年7月刊行)
○2011年度地理空間学会学術賞 受賞

神原文子『子づれシングル』(2010年5月刊行)
○2010年社会病理学会出版奨励賞 受賞 「日本社会病理学会」Webサイト

田中智仁『警備業の社会学』(2009年12月刊行)
○2010年日本犯罪社会学会奨励賞 受賞 「日本犯罪社会学会」Webサイト
○2010年社会病理学会奨励賞 受賞 「日本社会病理学会」Webサイト

山野則子『子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク』(2009年10月刊行)
○2009年度日本ソーシャルワーク学術奨励賞 受賞 「日本ソーシャルワーク学会」Webサイト

山田壮志郎『ホームレス支援における就労と福祉』(2009年9月刊行)
○第16回社会政策学会奨励賞 受賞  「社会政策学会」公式Webサイト

丹羽典生『脱伝統としての開発』(2009年2月刊行)
○第9回日本オセアニア学会賞 受賞  「日本オセアニア学会」公式Webサイト

岩谷彩子『夢とミメーシスの人類学』(2009年2月刊行)
○2010年度日本宗教学会賞 受賞  「日本宗教学会」Webサイト

板垣竜太『朝鮮近代の歴史民族誌』(2008年5月刊行)
○第36回澁澤賞 受賞 「澁澤民族学振興基金」Webサイト / 詳細頁はこちら

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月17日(木)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月17日(木)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月17日(木)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月17日(木)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月7日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は8日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月5日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(北海道・大阪・西部本社版は6日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月5日(土)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(名古屋・大阪・西部本社版は7日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年3月4日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「週刊東洋経済」の2016年2月20日号にて、『人工知能と21世紀の資本主義』が紹介されました。

 

【関連記事】

「職人的な正規雇用者の生活は守れるか」
評者:橋本努(北海道大学大学院教授)氏

 

【紹介書籍】

本山美彦
『人工知能と21世紀の資本主義――サイバー空間と新自由主義(2015年12月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

ベルナール・ラポンシュ先生来日記念討論会のお知らせ

 

『フランス発「脱原発」革命』の著者、ベルナール・ラポンシュ先生の来日を記念し、日仏会館で討論会がおこなわれます。

 

討論会 宙づりにされた核 福島から世界へ――どのような未来のエネルギー政策があるのか、総括と提言

 日時 2016年3月22日(火曜) 18:00~21:00

 場所 日仏会館 フランス国立日本研究センター 1階ホール

 言語 フランス語(同時通訳付き)

 

 詳細、お申し込みは日仏会館Webサイトをご覧ください。

 ○日仏会館Webサイト イベントスケジュール ( http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/03/22/20160322_bernard_laponche/index_ja.php )

 ○日仏会館Webサイト( http://www.mfj.gr.jp/index_ja.php )

 

【関連書籍】

バンジャマン・ドゥスュベルナール・ラポンシュ 著 中原毅志
『フランス発「脱原発」革命――原発大国、エネルギー転換へのシナリオ(2012年3月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

『アフリカン・ポップス!』の著者によるライブ・イベントが開催されます。

 

文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!
エチオピア、カメルーン、ギニア、ジンバブエから~

 

日時:2016年1月30日(土) 19:00~22:00

開場:Com.Cafe音倉(コムカフェおとくら) 

   京王線・小田急線 下北沢駅 北口・西口1より徒歩2分

   (アクセス http://www.otokura.jp/access.html)

 

詳細は、以下、Com.Cafe音倉Webサイト

http://www.otokura.jp/schedule2.php?ym=2016-01#liveDate30

よりご確認ください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「週刊エコノミスト」の2016年2月2日特大号にて、『ミャンマーの多角的分析』が紹介されました。

 

【関連記事】

「期待は高し、されど多難 ミャンマーの不都合な真実」
評者:高橋克秀(國學院大学教授)氏

 

【紹介書籍】

OECD開発センター 編著 門田 清
ミャンマーの多角的分析――OECD第一次診断評価報告書』(2015年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月12日の毎日新聞で、『子どものいない夫婦のための養子縁組ガイド』が紹介されました。

 

【関連記事】

「養子縁組 制度、体験談を一冊に」

 

【掲載書籍】

吉田奈穂子 著
子どものいない夫婦のための養子縁組ガイド――制度の仕組みから真実告知まで(2015年10月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月7日、TBSのNEWS23に『「イスラーム国」の生態がわかる45のキーワード』の著者、高岡豊氏が出演されました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月8日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月5日(火)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(北海道・西部本社版は1月6日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月5日(火)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月4日(月)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月3日(日)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月3日(日)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月3日(日)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2016年1月3日(日)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

年末年始休業日のお知らせ

 

 日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。弊社の年末年始休業日について、下記の通りお知らせ申し上げます。

12月29日(火) から 1月4日(月) まで

 弊社Webサイトにつきましては通常通りご覧いただけます。ネット書店さまでのご注文につきましては、それぞれの書店さまのWebサイトなどでご確認いただけますようお願い申し上げます。また、各ネット書店さまで「出版社取り寄せ」のようなご案内がなされているものにつきましては、通常より若干の遅れが生じますが、こちらも何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

  

○書店・取次店各位

 年末年始の休業中にFAXにてご注文いただいた商品につきましては、1月5日(火)の休業明けより順次、搬入の手続きとなりますのでご了承ください。

 

   皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

『時代の憂鬱 魂の幸福』の書評が共同通信で配信されました。

 

【書評掲載紙】

2015年12月13日 河北新報、神戸新聞

 

【掲載書籍】

張競 編著
『時代の憂鬱 魂の幸福――文化批評というまなざし(2015年9月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2015年12月13日)の書評欄「ニュースの本棚」にて『同性愛をめぐる歴史と法』と『同性婚』が紹介されました。

【掲載書評】
ニュースの本棚
「親密な関係 維持のために」
評者:砂川秀樹(文化人類学者)

 

【掲載書籍】

三成三保 編著
『同性愛をめぐる歴史と法――尊厳としてのセクシュアリティ(2015年8月刊行)

ジョージ・チョーンシー 著 上杉富之、村上隆則 訳
『同性婚――ゲイの権利をめぐるアメリカ現代史(2006年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞(2015年12月13日)の書評欄にて『東京青山霊園物語』が紹介されました。

【掲載書評】
「歴史を紐解くように」
評者:浦辺登(文筆家) 

【掲載書籍】
立元幸治 著
『東京青山霊園物語――「維新の元勲」から「女工哀史」まで 人と時代が紡ぐ三十組の物語(2015年10月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年12月6日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2015年11月22日)の書評欄にて『横浜ヤンキー』が紹介されました。

【掲載書評】
「日本に複雑な思い抱える一族」

 

【掲載書籍】
レスリー・ヘルム 著 村上由見子 訳
『横浜ヤンキー――日本・ドイツ・アメリカの狭間に生きたヘルム一族の150年(2015年9月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015/2/2 更新

イスラーム情勢、イスラーム世界を知るための本

 

日々揺れ動くイスラーム情勢を捉えるために、小社がお薦めする書籍を集めました。

イスラーム世界の歴史・文化から最新情勢までを網羅しています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年11月8日(日)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年11月1日(日)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年11月1日(日)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年11月1日(日)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年11月1日(日)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年10月25日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は26日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年10月24日(土)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は26日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年10月22日(木)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は10月23日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年10月19日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は10月21日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年8月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年8月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年8月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年8月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月31日(金)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は8月2日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月21日(火)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は22日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月19日(日)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月19日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は7月20日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月17日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年7月17日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

つながりで読むWebの本
YONDEMILL バナー
はじめました

 

YONDEMILL(ヨンデミル)はブラウザを使った
 「デジタル本」の閲覧システムです。

 パソコン、スマートフォン、タブレットなど、
 Webサイトを閲覧できる環境があれば、
 ワンクリックですぐに本をお読みいただけます。

 購入した本はMy本棚に入り、
 後からいつでも読みなおすことができます。

 

まずはこのアイコンをクリック!

試し読みして、続きをそのまま購入できます。

※書籍の購入にはYONDEMILLへの会員登録が必要です。

 

 

YONDEMILL バナー とは…

株式会社フライングラインが提供する
Webブラウザを利用した
「デジタル本」の閲覧システムです

詳しくはYONDEMILL公式Webサイトをご参照ください

YONDEMILL Webサイト

株式会社フライングライン Webサイト

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月12日(火)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は13日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月8日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月3日(日・祝)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は6日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月1日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月1日(金)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月1日(金)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月1日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年5月1日(金)の朝日新聞(朝刊)の企画広告「大人のための学び直し講座」に広告掲載いたしました。(東京本社版のみの掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年4月29日(水・祝)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は4月30日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年4月29日(水・祝)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は30日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月19日(木)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は20日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月17日(火)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月17日(火)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月17日(火)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月17日(火)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月16日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は18日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月15日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(西部・北海道本社版は3月16日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年3月14日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

弊社会長の対談記事掲載のお知らせ

 

東京外国語大学のWebサイトで公開されている「東京外国語大学長対談シリーズ」にて、弊社代表取締役会長の石井昭男と東京外国語大学長の立石広高氏の対談記事が掲載されました。

 

東京外国語大学Webサイト

東京外国語大学長対談シリーズ(東京外国語大学建学150周年基金)
 第1回ゲスト:株式会社 明石書店 石井昭男 代表取締役会長

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2015年2月吉日

社長交代のお知らせ

 

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私儀


このたび代表取締役社長を退任し代表取締役会長に就任いたすことになりました
社長在任中は格別のご厚情を賜り心よりお礼申し上げます
なお後任社長には森本直樹が就任いたしますので今後とも私同様一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶かたがたお願い申し上げます

謹 白  

   平成二十七年二月吉日

株式会社 明石書店     
代表取締役会長 石井昭男

 

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私儀


このたび石井昭男の社長退任に伴い代表取締役社長に就任いたしました
つきましては誠に微力ではございますが誠心誠意努力する所存でございますので倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

謹 白  

   平成二十七年二月吉日

株式会社 明石書店     
代表取締役社長 森本直樹

このページのトップへ

2015年1月19日(月)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は20日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月18日(日)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪・西部本社版は20日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月18日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(西部・北海道本社版は1月19日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月11日(日)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月5日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月3日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月3日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月3日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2015年1月3日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

産経新聞の2014年11月15日に書評が掲載されました。

 

【掲載書評】

「明日を生きる知恵が見える」
評者 : 多川俊英 氏 (興福寺貫首)

 ○書評はこちらから
 【書評倶楽部】「興福寺貫首・多川俊映『ネルソン・マンデラ 未来を変える言葉』」(産経ニュース 2014/11/15)

 

【掲載書籍】

ネルソン・マンデラ 著 長田雅子 訳
『ネルソン・マンデラ 未来を変える言葉』(2014年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月8日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年11月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年10月31日(金)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・名古屋・西部本社版は11月2日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年10月29日(水)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は30日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2014年10月19日)の「本よみうり堂」で『災害とレジリエンス』が紹介されました。

【掲載書評】
本よみうり堂
「危機を脱した後で」
評者:開沼博 氏(社会学者、福島大学特任研究員)

 

【掲載書籍】
トム・ウッテン 著 保科京子 訳
『災害とレジエンス――ニューオリンズの人々はハリケーン・カトリーナの衝撃をどう乗り越えたのか(2014年7月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2014年10月19日)の「ニュースの本棚」で『本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方』が紹介されました。

【掲載書評】
ニュースの本棚
「統治者が推進する時代に――ギャンブルを読む
評者:鈴木繁 氏 (朝日新聞本社編集委員)

 

【掲載書籍】
認定NPO法人ワンデーポート 編 中村努、高澤和彦、稲盛厚 著
『本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方――一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す(2012年5月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

新聞各紙(2014年9月27日~)で『誰が星の王子さまを殺したのか』が紹介されました。

【掲載書評】
「死に至る謎、鮮やかに解く」
評者:深尾洋子 氏(大阪大学准教授)

【掲載紙】

9/27 福島民友
9/28 岩手日報、北日本新聞、北國新聞、山梨日日新聞、高知新聞、南日本新聞
10/5 東奥日報、秋田魁新報、下野新聞、神奈川新聞、信濃毎日新聞、新潟日報、京都新聞、神戸新聞、日本海新聞、山陽新聞、四國新聞、徳島新聞、愛媛新聞、宮崎日日新聞
 

【掲載書籍】
安冨歩 著
『誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠(2014年8月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月4日(木)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

神奈川新聞(2014年9月2日)で『日系アメリカ移民 二つの帝国のはざまで』が紹介されました。

【掲載書評】
「越境して一国の歴史超える――アジア移民研究の東栄一郎

 

【掲載書籍】
東栄一郎 著 飯野正子 監訳 長谷川寿美、小澤智子、飯野朋美、北脇実千代 訳
『日系アメリカ移民 二つの帝国のはざまで――忘れられた記憶 1868-1954(2014年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月3日(水)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月1日(月)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月1日(月)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月1日(月)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年9月1日(月)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年8月31日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・名古屋・西部本社版は9月2日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年8月31日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は9月1日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年8月24日)で『イスラーム世界の挫折と再生』が紹介されました。

【掲載書評】
今を読み解く
「溶解始まる中東の秩序――歴史探る深い思索 必要
評者:高橋和夫 氏(放送大学教授)

 

【掲載書籍】
内藤正典 編著
『イスラーム世界の挫折と再生――「アラブの春」後を読み解く(2014年5月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年8月10日)で『貧困克服への挑戦 構想 グラミン日本』が紹介されました。

【掲載書評】
「貧困層向けの金融 先進国でも」

 

【掲載書籍】
菅正広 著
『貧困克服への挑戦 構想 グラミン日本――グラミン・アメリカの実践から学ぶ先進国型マイクロファイナンス(2014年7月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

新聞各紙(2014年7月3日~)で『古写真に見る幕末明治の長崎』が紹介されました。

 

【掲載紙】

2014年7月3日(木曜) 西日本新聞

2014年7月18日(金曜) 朝日新聞[長崎版]
「連載『長崎今昔』を再編 出版」

2014年9月28日(日曜) 長崎新聞
「新刊紹介」

 

【掲載書籍】
姫野順一 著
『古写真に見る幕末明治の長崎(2014年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年7月6日)に『法制度からみる現代中国の統治機構』が紹介されました。

【掲載書評】
「習政権の司法改革の背景解く」


【掲載書籍】
熊達雲 著
『法制度からみる現代中国の統治機構――その支配の実態と課題(2014年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2014年7月6日)で『ネルソン・マンデラ 未来を変える言葉』が紹介されました。

【掲載書籍】
ネルソン・マンデラ 著 長田雅子 訳
『ネルソン・マンデラ 未来を変える言葉(2014年6月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本スペイン交流400周年

 昨年6月から始まった「日本スペイン交流400周年」も、いよいよ今年7月までとなりました!
1613年、仙台藩主・伊達政宗がスペイン国王のもとへ、支倉常長と宣教師ルイス・ソテロを慶長遣欧使節として派遣。それから400年にあたる2013年から2014年にかけて「日本スペイン交流400周年」として、日本・スペイン両国でさまざまな交流事業が行われています。

 

「日本スペイン交流400周年」公式Webサイト

○日本スペイン交流400周年事業プロモーションビデオ(YouTubeより)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2014年6月29日)の「本よみうり堂」で『生命の起源』が紹介されました。

【掲載書評】
本よみうり堂
「地球は特異な星なのか」
評者:須藤靖 氏(宇宙物理学者、東京大教授)

【掲載書籍】
ポール・デイヴィス 著 木山英明 訳
『生命の起源――地球と宇宙をめぐる最大の謎に迫る(2014年5月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

新聞各紙(2014年6月29日~)で『ええ、政治ですが、それが何か?』が紹介されました。

【掲載書評】
「うそとカネへの偏見解く」
評者:小田嶋隆 氏(コラムニスト)

【掲載紙】

6/29 福島民友、北國新聞、山梨日日新聞、高知新聞
7/6 秋田魁新報、信濃毎日新聞、日本海新聞、福井新聞、京都新聞、神戸新聞、山陰中央新報、徳島新聞、愛媛新聞、琉球新報
7/13 神奈川新聞、佐賀新聞、大分合同新聞
7/19 沖縄タイムス
7/20 山形新聞

 

【掲載書籍】
岡田憲治 著
『ええ、政治ですが、それが何か?――自分のアタマで考える政治学入門(2014年5月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月11日(水)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月3日(火)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年6月1日)の読書面に『朝鮮戦争論』が紹介されました。

【掲載書評】
「凄惨な『内戦』、歴史的文脈で解釈」
評者:久保文明 氏(東京大学教授)

 

【掲載書籍】
ブルース・カミングス 著 栗原泉、山岡由美 訳
『朝鮮戦争論――忘れられたジェノサイド』【世界歴史叢書】(2014年4月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月1日(日)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月1日(日)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月1日(日)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年6月1日(日)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年5月31日(土)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は6月2日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年5月31日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は6月1日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

本書ではマイクロシーベルトを表す単位として「msv」と表記し、

53頁の欄外の注でも「msv=マイクロシーベルト」 と記載しましたが、

本来、国際的な略記号は「μSv」です。弊社の不注意により

誤った単位を使用してしまいました。

また8頁の冒頭に「1989年4月29日」の表記がありますが、

これは「1986年4月29日」の誤りです。

読者の皆様に多大なご迷惑をお掛けしました事を

深くお詫び申し上げます。

 

明石書店

関連書籍はこちら

このページのトップへ

あのとき、なにが起きたのか。そして今、なにが問われているのか。

独自の視点で、3・11以後の世界を見つめます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「多数だから正統」なのか。歴史に痕跡を残し、現在を生きるマイノリティの声を聞く。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

世界各国(地域)の概要をわかりやすく解説した入門書のシリーズです。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

OECDで世界を測る - 2014.05.22

「世界最大のシンクタンク」であるOECD報告書の日本語版です。経済分野はもとより、社会政策、保健医療、環境、教育、科学技術、農業等の分野で、客観的な統計及び指標に基づく審査、調査報告書を数多く網羅しています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本および世界各国に広がる格差と貧困の実態を探り、その構造を掘り起こします。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

子どもがそだつとはどういうことなのだろう。子どものしあわせとはなんだろう。

そんな問いにこたえてくれる本をセレクトしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年4月27日)に『インドネシア 創られゆく華人文化』が紹介されました。

【掲載書評】
「歴史と民主化以降の再生追う」

【掲載書籍】
北村由美 著
『インドネシア 創られゆく華人文化――民主化以降の表象をめぐって(2014年3月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞および中日新聞(いずれも2014年4月20日)に『ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか』が紹介されました。

【掲載書評】
「どこまで許す? 各国の苦慮」

評者:五野井郁夫 氏(政治学者)

【掲載書籍】
エリック・ブライシュ 著
明戸隆浩、池田和弘、河村賢、小宮友根、鶴見太郎、山本武秀 訳
『ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか』(2014年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年4月20日)に『ジェンダー・クオータ』が紹介されました。

【掲載書籍】
三浦まり、衛藤幹子 編著
『ジェンダー・クオータ――世界の女性議員はなぜ増えたのか(2014年3月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2014年4月13日)で『海よ里よ、いつの日に還る』が紹介されました。

【掲載書評】
「息づかい拾いあげ」
評者:濱田武士 氏(漁業経済学者・東京海洋大学准教授)

【掲載書籍】
寺島英弥 著
『海よ里よ、いつの日に還る――東日本大震災3年目の記録(2014年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2014年4月13日)で『子づれシングルと子どもたち』が紹介されました。

【掲載書籍】
神原文子 著
『子づれシングルと子どもたち――ひとり親家族で育つ子どもたちの生活実態(2014年3月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2014年3月30日)の記事中で『ロシアの歴史【下】 19世紀後半から現代まで』が紹介されました。

【関連記事】
読むぞ! ホップ ステップ ジャンプ
「ウクライナの火種は」
評者:佐藤優 氏(作家・元外務省主任分析官)

【掲載書籍】
アレクサンドル・ダニロフ、リュドミラ・コスリナ、ミハイル・ブラント 著
吉田衆一、アンドレイ・クラフツェヴィチ 監修
『ロシアの歴史【下】 19世紀後半から現代まで――ロシア中学・高校歴史教科書(2011年7月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

COURRiER JAPON 2014年5月号に、『ロシアの歴史【下】』が紹介されました。

 

【掲載記事】

佐藤優の新・教養講座
「『知』へのショートカット 第11回 ウクライナ危機の深層」

論者 : 佐藤優 氏 (作家)

 

【掲載書籍】

アレクサンドル・ダニロフ、リュドミラ・コスリナ、ミハイル・ブラント 著
吉田衆一、アンドレイ・クラフツェヴィチ 監修
『ロシアの歴史 【下】 19世紀後半から現代まで』(2011年7月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月17日(月)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月17日(月)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月17日(月)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月17日(月)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞および中日新聞(いずれも2014年3月9日)の読書面に『人間なき復興』が紹介されました。

【掲載書評】
読む人
「数値化される被災者」

評者:米田綱路 氏(書評紙ライター)

【掲載書籍】
山下祐介、市村高志、佐藤彰彦 著
『人間なき復興――原発避難と国民の「不理解」をめぐって(2013年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月9日(日)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月7日(金)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は10日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月5日(水)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は6日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

毎日新聞(2014年2月23日)の読書欄に『マーシャル諸島の政治史』が紹介されました。

 

【関連書籍】

黒崎岳大 著
『マーシャル諸島の政治史』【世界歴史叢書】(2013年10月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月8日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は9日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月8日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『週刊朝日』(2014年2月14日号)の記事中、弊社刊行書籍が紹介されました。

 

【関連記事】

ワイド特集 マトリョーシカの国で
「元アイドル千葉麗子激白 反原発運動で受けたいやがらせ」

 

【関連書籍】

海渡雄一 編
『反原発へのいやがらせ全記録』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年2月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年1月30日(木)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は2月1日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2014年1月19日)の読書欄「ニュースの本棚」で『「辺境」からはじまる』が紹介されました。

【関連記事】
ニュースの本棚
「『世界都市』の夢のあとに――東京の課題

【掲載書籍】
赤坂憲雄、小熊英二 編著
『「辺境」からはじまる』(2012年5月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年1月17日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年1月17日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2014年1月8日)の夕刊に『アホウドリと「帝国」日本の拡大』が紹介されました。

【掲載書評】
うふあがりをたどって3
「アホウドリを追い 東へ南へ」

【掲載書籍】
平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大』(2012年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2014年1月5日)に『中東経済ハブ盛衰史』が紹介されました。

【掲載書籍】
山口直彦 著
『中東経済ハブ盛衰史』【世界歴史叢書】(2013年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞(2013年12月29日)の読書面に『ニューギニアから石斧が消えていく日』が紹介されました。

【掲載書評】
2013 私の3冊 「民族の貴重な記録」
評者:大石芳野 氏(写真家)

【掲載書籍】
畑中幸子 著
『ニューギニアから石斧が消えていく日』(2013年10月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞(2013年12月27日)の夕刊に『子ども虐待医学』が紹介されました。

【掲載書評】
「児童虐待判断マニュアル本―群馬の小児科医 米の医学教科書翻訳

【掲載書籍】
ロバート・M.リース、シンディー・W.クリスチャン 編著
日本子ども虐待医学研究会 監訳 溝口史剛 訳
『子ども虐待医学』(2013年12月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞(2013年12月1日)の読書面に『スモールマート革命』が紹介されました。

【掲載書評】
「小さいことは、いいことだ」
評者:水無田気流 氏(詩人・社会学者)

【掲載書籍】
マイケル・シューマン 著 毛受敏浩 監訳
浅田瑤子、小川里子、後藤愛、小林立明、武田康孝、外山聖子、林明仁、古屋亮太、前納加奈子、谷地田未緒、山本訓子 訳
『スモールマート革命』(2013年9月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年12月29日(日)の朝日新聞に広告掲載いたしました。

朝日新聞(2013年12月29日)掲載広告

関連書籍はこちら

このページのトップへ

福島民友(2013年12月21日)の読書欄に『人間なき復興』が紹介されました。

【掲載書評】
「原発避難の現実と複雑さ」

【掲載書籍】
山下祐介、市村高志、佐藤彰彦 著
『人間なき復興』(2013年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(2013年12月22日)の「本よみうり堂」で『アホウドリと「帝国」日本の拡大』が紹介されました。

【掲載書評】
本よみうり堂 読書委員会が選ぶ「2013年の3冊」
評者:星野博美 氏(ノンフィクション作家、写真家)

【掲載書籍】
平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大』(2012年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日本経済新聞(2013年12月22日)の読書欄で『人生の塩』が紹介されました。

【掲載書評】
「書き連ねられた記憶の断片」

【掲載書籍】
フランソワーズ・エリチエ 著 井上たか子、石田久仁子 訳
『人生の塩』(2013年11月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック
―チームで子どもの問題に取り組みために―

出版記念講演&ワークショップ 案内

 

 『学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック』の刊行を記念して、出版記念講演およびワークショップを開催いたします。

 

【日時】  2014年1月12日(日) 13:00~17:15 (最大延長17:30)

【場所】  東京学芸大学 東京都小金井市貫井北町4-1-1(W棟) ●アクセス

【内容】

○講演(13:00~14:20)
 「問題解決型ケース会議とは」

○ワークショップ(14:40~17:15)
 架空事例を用いての模擬ケース会議で体験的に問題解決型ケース会議のモデルを学ぶ

 

【対象】  学校関係者、児童福祉関係者、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、その他子どもの支援にかかわる方

【参加費】  無料

【定員】  講演:なし  /  ワークショップ:60名(先着順)

【お申し込み方法】

事前にメールでお申し込みください。必ず件名を「1月12日講演&ワークショップ申し込み」とし、 sbamba@u-gakugei.ac.jp 宛てにお送りください。一両日中に受付返信メールをいたします。一週間たっても返信がない場合は、お手数ですが、確認のため、再度ご連絡ください。

○お申し込みにあたっての注意

★名前、所属、職業、連絡先(メールアドレス) 講演、ワークショップ、のいずれに出席かを明記してください。
★どちらか一方のみの参加も可能です。
★講演は、定員を設けませんが、おおよその人数把握のため、事前申し込みをお願いします。
★万一、ワークショップ申し込み後、参加できなくなった場合、お申し込みの際と同じメールアドレスへ、キャンセルの連絡をお願いします。

【備考】  『学校現場で役立つ「問題解決型ケース会議」活用ハンドブック――チームで子どもの問題に取り組むために』をご希望の方は、当日会場にて販売をしておりますので、そこでご購入いただけます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年12月1日(日)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年12月1日(日)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年12月1日(日)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年12月1日(日)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『人間なき復興』出版記念会のお知らせ


社会学者の山下祐介と佐藤彰彦さん、原発避難者の市村高志さんの著書『人間なき復興―原発避難と国民の「不理解」をめぐって』(11/20刊行)の出版記念会を、今月27日(水)の18時より、三田線西巣鴨駅から徒歩2分の大正大学にて行います。

民俗学者の赤坂憲雄さん・社会学者の小熊英二さんが月一回開いている「3・11研究会」という勉強会の延長線で行われる会ですが、当日はどなたでも自由にご参加いただけます。

本をお持ちでなくても何も問題ありませんので、原発避難問題の現状や復興政策の実態にご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
___

3・11研究会[特別編]

山下祐介・市村高志・佐藤彰彦 著
『人間なき復興―原発避難と国民の「不理解」をめぐって』
出版記念会のお知らせ

日時:2013年11月27日(水) 18時~21時 
場所:大正大学5号館2階531教室【★教室が変更になりました】
http://www.tais.ac.jp/other/campus_map/campus_map.html
http://www.tais.ac.jp/other/access_map/access_map.html
入場無料 (要予約)
問い合わせ・受付: 
akase@akashi.co.jp (明石書店編集部 赤瀬)

※参加される方は、お名前、ご所属、メールアドレスをお知らせください。
___

総合司会:山内明美(大正大学特命准教授。著書に『子ども東北学』『東北再生』『「辺境」からはじまる』ほか)

◆第一部 出版報告『人間なき復興―原発避難と国民の「不理解」をめぐって』

山下祐介(首都大学東京准教授。著書に『東北発の震災論』『「原発避難」論』『「辺境」からはじまる』ほか) 

市村高志(福島県富岡町住民、「NPO法人 とみおか子ども未来ネットワーク」理事長、福島第一原発事故避難者)

佐藤彰彦(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任准教授。著書に『「原発避難」論』『「辺境」からはじまる』ほか)

◆第二部 シンポジウム「人間のための復興」とは何か―原発避難問題のゆくえ

下村健一[司会](TBSアナウンサー、内閣広報室審議官を経て現在、慶応義塾大学特別招聘教授、関西大学特任教授など。著書に 『首相官邸で働いて初めてわかったこと』 『マスコミは何を伝えないか』 ほか)

市村高志(前掲)

赤坂憲雄(学習院大学教授。著書に『3・11から考えるこの国のかたち』『東北再生』『「辺境」からはじまる』ほか)

小熊英二(慶応義塾大学教授。著書に『原発を止める人々』『社会を変えるには』『東北再生』『「辺境」からはじまる』ほか)
___

あの日からまもなく3年。今も10万人以上の人々が避難生活を続けています。放射線リスクは問題にならないとする 「新しい安全神話」 を前提とした帰還政策や、 人口の埋め合わせ・労働力の確保などを目的とする経済復興(人間なき復興)が進む一方で、避難者たちは政府・研究者・メディア・国民・避難者自身の「不理解」がもたらす分断に直面し続けています。
避難者のなかには、事故当時、突然、強制的に土地を追われた強制避難者、放射線リスクなどを考慮し結果的に移住を選んだ自主避難者、日常のなかで放射能の健康被害をできるだけ抑えようとする生活内避難者が含まれますが、とりわけ避難元の土地そのもの、コミュニティそのものが破壊されてしまった強制避難者の問題は複雑かつ深刻です。
これはもちろん、国が定める年間放射線量の限度を1ミリシーベルトから20ミリに引き上げれば解決するという話ではありません。ただし、では故郷をあきらめればよいではないかという議論も、語り方や相手との関係によっては避難者に大きな苦痛を与えかねません。それは避難者に、今までの人生を捨てろと迫るのと同義にもなりうるからです。避難者たちはたんに「美しいふるさと」 への郷愁に浸っているのではないのです。
また、避難者たちは原発立地地域の住民であることから、周囲からの様々な「不理解」のまなざしに晒されることになります。仮に彼らの多くが原発に関わって働き収入を得ていたとして、彼らは原発から特段の恩恵を受けてきたとして、批判されるべきなのでしょうか。原発の利用は国が国家戦略として、研究者やメディアを使い、国民とともに推進してきた政策です。背景にあるこの国の構造的欠陥をこそ見つめ、変革していく必要があります。
この出版記念会では、社会学者2人と被災当事者が本書で描いた原発避難問題の重要論点―最終処分場のゆくえを含む―を振り返りながら、 この問題を共有し一緒に考えてくださるジャーナリストや研究者の皆様とともに、日本社会の現状と今後について話し合いたいと思っています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年11月24日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は27日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年11月24日(日)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は26日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年11月24日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は25日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年11月23日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年11月16日(土)の朝日新聞に、銭本隆行 著『デンマーク流「幸せの国」のつくりかた』が紹介されました。

 

【関連記事】

再読 こんな時 こんな本

紀伊国屋書店 川口健人さんに聞く
「北欧の魅力」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『紛争と国家建設――戦後イラクの再建をめぐるポリティクス』(山尾大 著)が2013年度・第17回 国際開発研究大来賞を受賞しました。

一般財団法人国際開発機構(FASID)WEBサイト

関連書籍はこちら

このページのトップへ

COURRiER JAPON 2013年12月号に、『イギリスの歴史【帝国の衝撃】』が紹介されました。

 

【掲載記事】

佐藤優の新・教養講座
「『知』へのショートカット 第6回 英国のエリート文化の特徴」

論者 : 佐藤優 氏 (作家)

 

【掲載書籍】

ジェイミー・バイロン、マイケル・ライリー、クリストファー・カルピン 著 前川一郎 訳
『イギリスの歴史【帝国の衝撃】』(2012年2月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月17日(木)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月17日(木)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月17日(木)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月17日(木)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月12日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は14日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月9日(水)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は13日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月9日(水)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年10月9日(水)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は11日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞2013年9月10日「耕論」で、弊社刊行の『シリア・レバノンを知るための64章』(エリア・スタディーズ123)の編著者・黒木英充先生の記事が掲載されました。

 

耕論
「シリア危機の構図」
 ○早急に交渉テーブルの用意を(黒木英充・東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
 ○軍事介入は現地利益にならぬ(遠藤乾・北海道大学教授)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月30日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月3日(土)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月1日(木)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月1日(木)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月1日(木)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年8月1日(木)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年7月28日(日)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は30日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年7月27日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は28日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年7月26日(金)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は28日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年7月26日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 本日7月9日の朝日新聞朝刊オピニオン面は、「ラーメンから見る日中関係」。英ケンブリッジ大学で近現代の日中関係史を研究するバラック・クシュナー(Barak Kushner)先生のインタビューです。

先生曰く、

「日中の長い歴史には様々な岐路がありましたが、交流の担い手には政府、商売人、民間人同士と様々なレベルがあり、選択肢もたくさんありました。そこからお互いのためになるものを賢く選び取り、柔軟な付き合いをしてきたのです。だから『仲良くできない相手だから封じ込めよう』といった硬直した見方に陥らないようにして、ラーメンを生んだ豊かな交流があったことに、ラーメンをすすりながら思いをはせたいですね」

 弊社からは、バラックさんが8年をかけ書き上げたラーメン論Slurp!はもちろん、日本帝国と現代日本の思想的なつながりを描いた主著The Thought Warも来年刊行予定です。どうぞご期待ください。

 

Slurp! A Social and Culinary History of Ramen
(『音をたててすすろう!―ラーメンの社会・料理史』)

The Thought War: Japanese Imperial Propaganda
(『思想戦―日本帝国のプロパガンダ』)

このページのトップへ

毎日新聞の2013年7月7日(朝刊)に書評が掲載されました。

 

【掲載書籍】

岡倉覺三 著 木下長宏 訳・解説
『新訳 茶の本』【明石選書】

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞の7月5日の朝刊に紹介されました。

 

【紹介書籍】

鈴木恵美 編著
『現代エジプトを知るための60章』(エリア・スタディーズ107)

 

このほか、エジプトの歴史や文化、イスラーム関連書籍をあつめてみました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

オバマ米国大統領の絵本『きみたちにおくるうた』が、7月3日放送のテレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」で紹介されました。

 

バラク・オバマ 文  ローレン・ロング 絵  さくまゆみこ 訳
『きみたちにおくるうた――むすめたちへの手紙

 

『きみたちにおくるうた』特設頁を開設しております。
オバマ大統領の読み聞かせの動画や未収録のスケッチを紹介! >>こちらから

『きみたちにおくるうた』特設頁バナー

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 日本経済新聞の2013年6月9日(朝刊)に書評が掲載されました。

 

【掲載書籍】

シンラン 著 佐藤美奈子 訳
『中国、引き裂かれる母娘』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2013年6月9日(読書面)に書評が掲載されました。

 

【掲載書評】

「強さ」をめぐる問題提起
評:水無田気流 氏(詩人・社会学者)


【掲載書籍】

合場敬子 著
『女子プロレスラーの身体とジェンダー』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2013年6月8日の夕刊に書評が掲載されました。

 

【掲載書評】

「相手の言葉に耳を傾ける」
評:ひこ・田中 氏(児童文学家)

 

【掲載書籍】

キャスリン・アースキン 著 ニキ リンコ 訳
『モッキンバード』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『文藝春秋』6月号(5月10日発売)で弊社刊行書籍が紹介されました。

 

【関連記事】

[今月買った本]
「突きつけられる真実」
文:角田光代 氏

文藝春秋Web 連載 > 今月買った本 > 突きつけられる真実

 

【掲載書籍】

キャスリン・アースキン 著 ニキ リンコ 訳
『モッキンバード』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年6月5日の東京新聞(夕刊)の「大波小波」で弊社刊行書籍が紹介されました。

 

【関連記事】

[大波小波]
「天心ではなく、覚三」

 

【関連書籍】

岡倉覺三 著 木下長宏 訳・解説
『新訳 茶の本』[明石選書]

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年6月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月21日(火)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は22日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月19日(日)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は21日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月19日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は23日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月18日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月17日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月17日(金)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月17日(金)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年5月17日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『えほん 日本国憲法』の作者・野村まり子さんが、5月3日のテレビ朝日(朝日放送)「報道STATION」の「憲法特集」で紹介されます。
特集の放映時間は22時20分を予定しているとのことです。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

北海道新聞の2013年4月21日に書評が掲載されました。

【書評】

「侍からオタクまで研究」
評者 : 上野千鶴子 氏

【掲載書籍】

サビーネ・フリューシュトゥック、アン・ウォルソール 編著 長野ひろ子 監訳
『日本人の「男らしさ」――サムライからオタクまで「男性性」の変遷を追う
(2013年1月刊行)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

中國新聞の2013年4月7日に書評が掲載されました。

【掲載書籍】

ミチコ・ミッヂ・アユカワ 著 和泉真澄 訳
『カナダへ渡った広島移民』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

新聞各紙に書評が掲載されました。

【掲載書籍】

寺島英弥 著
『東日本大震災 希望の種をまく人びと』
2013年3月刊行

 

【掲載紙】

○4月7日
 東京新聞  中日新聞  京都新聞  愛媛新聞

○3月31日
 熊本日日新聞

○3月17日
 河北新聞

関連書籍はこちら

このページのトップへ

神奈川新聞に書評が掲載されました。

 

【掲載書籍】

莫言 著 長堀祐造 訳
『変』
2013年3月刊行

 

【掲載紙】

「時代の変化を描く自伝的小説」
日本経済新聞 2013年4月14日

朝日新聞 2013年4月14日

神奈川新聞 2013年3月31日

関連書籍はこちら

このページのトップへ

新聞各紙に書評が掲載されました。

【掲載書籍】

杉田俊介、瀬山紀子、渡邉琢 編著
『労働者介助の現場から考える生活と労働』
2013年1月刊行

 

【掲載紙】

○4月7日
 山形新聞  岐阜新聞  山陰新聞

○3月31日
 日本海新聞  中國新聞  佐賀新聞

○3月17日
 岩手日報  秋田魁新聞  下野新聞  山梨日日新聞  高知新聞

○3月23日
 沖縄タイムズ

○3月24日
 上毛新聞  新潟日報  山陰中央新報  徳島新聞  愛媛新聞  熊本日日新聞  琉球新報

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月17日(日)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月17日(日)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月17日(日)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月17日(日)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月12日(火)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は14日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月11日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は13日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月9日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月9日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(東京・名古屋本社版は11日、大阪・西部本社版は12日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年3月14日号の『週刊新潮』でステファン・エセル著の『若者よ怒れ! これがきみたちの希望の道だ』が紹介されました。

【関連記事】

墓碑銘
「怒りを持って、自らを眺め、ステファン・エセルさんへの共感」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

毎日新聞の2013年2月10日に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
『アウンサンスーチー 愛と使命』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月4日(火)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は5日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年2月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年1月31日(木)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は2月2日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年1月31日(木)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年12月23日に書評が掲載されました。 

「南洋進出の出発点を検証」


【掲載書籍】

平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大 ――南洋の島々への進出と拡大

評者:上丸洋一氏(朝日新聞社編集委員)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

書籍のご案内

私市正年 編著
『アルジェリアを知るための62章』
(エリア・スタディーズ)

 バンジャマン・ストラ 著 小山田紀子、渡辺司 訳
『アルジェリアの歴史―フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化
(世界歴史叢書)

 


世界各国の国や地域をわかりやすく紹介するエリア・スタディーズ。1月16日に人質拘束事件がおこったアルジェリアについても、その歴史的背景から政治・文化、日常までをわかりやすく解説し、プラント建設に関わった企業の現地での奮闘や、草の根交流についても紹介しています。

 また世界歴史叢書では、フランス植民地期を含むアルジェリアの歴史について詳解しています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2013年1月13日(読書面)に書評が掲載されました。 

「羽毛目当ての南進」


【掲載書籍】

平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大―南洋の島々への進出から侵略へ

評者:星野博美氏(ノンフィクション作家・写真家)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2013年1月1日の「書評空間」(KINOKUNIYA BOOKLOG)で『ミャンマーの国と民』が紹介されました。

紀伊国屋書店公式Webサイト 「書評空間」 ○書評はコチラから
評者:早瀬晋三 大阪市立大学教授

高橋昭雄 著
『ミャンマーの国と民――日緬比較村落社会論の試み

関連書籍はこちら

このページのトップへ

山口新聞の2013年1月6日に書評が掲載されました。 

「アホウドリが領土拡大導く? 下関市大・平岡教授ユニーク学説」

【掲載書籍】

平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大――南洋の島々への進出から侵略

関連書籍はこちら

このページのトップへ

ドミニク・ブール氏(『エコ・デモクラシー』著者)による講演会が、1月19日(土)16:00~18:00に恵比寿の日仏会館601号室で行われます。

詳しくは日仏会館のHPを御覧ください。http://www.mfj.gr.jp/agenda/2013/01/19/conference_dominique_bourg_201/index_ja.php

 

[講師] ドミニク・ブール:フランスの哲学者。ローザンヌ大学地球科学・環境学部教授。トロワ工科大学において「テクノロジーと人間の科学」学部および「持続可能な開発学際研究センター」を率いるかたわら、パリ政治学院でも教鞭をとっている。著書に『明日のリスクへの対処――予防の原則』(スイユ、二〇〇一年)、『生態学の新しい時代』(デカルト出版、二〇〇三年)、『持続可能な開発――今やらなければ永遠に』(ガリマール、二〇〇六年)他。

 

 [要旨] 本講演ではまず、議会制民主主義が長期的な課題、特に環境問題に対処することができない理由を明らかにする。その際に依拠するのは、グローパル性、不可視性、予測不可能性、慣性と不可逆性、排出量と汚染の対時など環境問題固有の特徴である。次に、そのような困難に対する回答として英語圏やフランスにおいて見受けられるまやかしの言説を紹介し批判する。代議制の改草、討議民主主義、専制的システム、代議制でない政体、さらには崩壊などだ。最後に、共著者であるケリー・ホワイトサイドと共に提唱している「エコ・デモクラシー』の提案を紹介する。法律を採択することはしないが拒否権を持ち、既存の両議院の対抗勢力となり刺激ともなる役割を果たす代議制でない第三の議院の創設である。

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年12月23日に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

国立教育政策研究所 編
大槻達也、惣脇宏、豊浩子、トム・シュラー、籾井圭子、津谷喜一郎、秋山薊二、岩崎久美子 著
『教育研究とエビデンス ―国際的動向と日本の現状と課題

評者:川端裕人氏

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年12月23日に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

アマルティア・セン 著 池本幸生 訳
『正義のアイデア』

評者:中島隆信 慶応大学教授

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月22日の朝日新聞(デジタル)で弊社刊行書籍が紹介されました。

【関連記事】(朝日新聞デジタル 教育 12月22日)
「原発出前授業 本になった 札幌の高校教諭」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月11日の「書評空間」(KINOKUNIYA BOOKLOG)で『アホウドリと「帝国」日本の拡大』が紹介されました。

紀伊国屋書店公式Webサイト 「書評空間」 ○書評はコチラから


評者:早瀬晋三 大阪市立大学教授

平岡昭利 著
『アホウドリと「帝国」日本の拡大――南洋の島々への進出から侵略へ

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月14日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月8日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は9日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年12月2日(読書面)に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

アマルティア・セン 著 池本幸生 訳
『正義のアイデア』

評者:空井護 北海道大学教授

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年12月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年11月30日(金)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は12月2日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

毎日新聞の2012年11月4日に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
銭元隆行著『デンマーク流「幸せの国」のつくりかた』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

産経新聞の2012年11月4日に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
銭元隆行著『デンマーク流「幸せの国」のつくりかた』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年11月1日(木)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年11月1日(木)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年11月1日(木)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年11月1日(木)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年10月27日(土)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は30日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月27日(土)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。(大阪・西部本社版は28日の掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年10月27日(土)の産経新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年10月23日(火)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (名古屋・大阪・西部本社版は25日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年10月19日(金)の河北新報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年10月19日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年10月7日(読書面)に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

松原好次、山本忠行 編著
『言語と貧困――負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ

書評はこちらから
[評:川端裕人「優勢言語とどう向き合うか」(2012/10/07 BOOK asahi.com)]

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月2日の「書評空間」(KINOKUNIYA BOOKLOG)で『韓国近現代の歴史―検定韓国近現代史教科書』が紹介されました(あわせて世界の教科書シリーズが紹介されました)。

紀伊国屋書店公式Webサイト 「書評空間」 ○書評はコチラから
評者:加藤弘一 氏

韓哲昊、金基承、金仁基、趙王鎬 著 三橋広夫 訳
『韓国近現代の歴史―検定韓国近現代史教科書(世界の教科書シリーズ24)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月19日(水)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社、西部本社版は21日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月17日(月・祝)の北海道新聞に広告掲載いたしました 。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年9月11日に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

権寧珉 編著 田尻浩幸 訳
『韓国近現代文学事典』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年9月9日(読書面)に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

リン・パン 編 游仲勲 監訳
田口佐紀子、山本民雄、佐藤嘉江子 訳
『世界華人エンサイクロペディア』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月9日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月8日(土)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年9月2日に書評が掲載されました。 

「日本統治でまかれた種」(評者:橋爪大三郎 東京工業大学教授)



【掲載書籍】

ブルース・カミングス 著
鄭敬謨、林哲、加地永都子、山岡由美 訳
『朝鮮戦争の起源』【1】【2(上)】【2(下)】

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月3日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪・西部本社版は5日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月2日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました 。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月1日(土)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月1日(土)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月1日(土)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年9月1日(土)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月31日(金)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は9月2日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年8月26日(読書面)に書評が掲載されました。 

【掲載書籍】

立山良司 編著
『イスラエルを知るための60章』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 『モンサントの不自然な食べもの』にも出演しているヴァンダナ・シヴァの書籍を翻訳刊行しております。ご興味のある方はぜひご覧ください。


映画情報

〈ストーリー〉
フランスのジャーナリスト、マリー=モニク・ロバンは、取材で世界各国を飛び回る日々を送っていた。行く先々で耳にする巨大多国籍企業「モンサント社」の黒い噂。その真偽を確かめるために、インターネットを使って情報を集め、アメリカ、インド、パラグアイ、イギリスなど現地に赴き、3年間にわたり証言を集めていった。本作は、「モンサント社」の1世紀にわたる歴史を語ると共に、現在のモンサントとその主張を、多くの証言と機密文書によって検証していく。「1ドルたりとも、儲けを失ってはならない」、その企業体質は、はたしてどんな犠牲を私たちに強いるのだろうか。そして、不利と分かりながら、巨大企業と対峙する学者や農家、多くの証言者たちの生きるための闘いは、わたしたちの闘いでもある。

予告編(YouTubeより)


監督 : マリー=モニク・ロバン
出演者 : マリー=モニク・ロバン、ヴァンダナ・シヴァ 他
2008年/フランス、カナダ、ドイツ/108分

澁谷アップリンク 『モンサントの不自然な食べもの』公式Webサイト
 澁谷アップリンクは9月1日からの上演です。また同劇場ではヴァンダナ・シヴァの翻訳書のうち『食糧テロリズム』『アース・デモクラシー』を展示・販売していただいております。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『「辺境」からはじまる――東京/東北論』(赤坂憲雄、小熊英二 編著)の書評が各紙に掲載されました。

【書評掲載】
 7月29日掲載 秋田魁新報、山形新聞、下野新聞、中国新聞
 8月4日掲載 沖縄タイムス
 8月5日掲載 東奥日報、河北新報、神戸新聞、愛媛新聞、宮崎日日新聞
 8月12日掲載 信濃毎日新聞

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月5日の東京新聞で弊社刊行書籍が紹介されました。

【関連記事】

「汚染直視した教育を――福島県教組が放射能を考える指導本

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月3日(金)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (中部本社・大阪本社・西部本社版は5日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月1日(水)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月1日(水)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月1日(水)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年8月1日(水)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

「お問い合わせ」フォームの不具合について

 

 日頃より明石書店をご愛顧いただき、まことにありがとうございます。表題のとおり、弊社Webサイトのお問い合わせフォームに不具合が見つかりましたので、お知らせ申し上げます。

 

  発生期間 : 2012年3月26日 より 2012年7月25日まで
  不具合の現象 : お問い合わせフォームからのご質問内容が正しく送信されない
  不具合の原因 : Webサイトのデザイン変更時におけるプログラムのミス

 

 不具合は、各書籍詳細ページにある「この本に関するお問い合わせ・感想」にアクセスし、お問い合わせ内容などをご記入いただいても、それが正しく送信されない、というものです。

 期間中にお問い合わせをいただいた方に対しては、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

 なお、現在この不具合は解消されています。期間中にお問い合わせいただいた内容については、大変お手数ですが、改めてお問い合わせいただければ幸いです。

 今後とも、引き続きのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

2012年7月24日(火)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (中部本社・大阪本社・西部本社版は26日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年7月23日(月)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は25日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年7月23日(月)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年7月19日(木)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社、西部本社版は20日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

書籍のご案内

『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』表紙画像『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』
(毎日新聞社会部 著 2008年8月刊行)


 離婚後300日問題――離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定されるためにそれを避けるために戸籍上の手続きがなされず子どもが無戸籍となる、という問題をおった毎日新聞の一年半にもおよぶキャンペーン報道、それを一冊にまとめてあります。

 7月10日(火)からフジテレビで放送されている「息もできない夏」(主演:武井咲)はこのテーマをとりあげたドラマです。ドラマをみてもっと知りたいという方は是非どうぞ。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

朝日新聞の2012年7月8日(読書面)に書評が掲載されました。

 

「東北とは何か、根底から考える」
評者:田中優子法政大学教授

 

【掲載書籍】
赤坂憲雄、小熊英二 編著『「辺境」からはじまる ――東京/東北論』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『原発危機と「東大話法」』表紙画像

 

安冨歩 

 原発危機と「東大話法」
 ―傍観者の論理・欺瞞の言語 ―

著者Webサイト
マイケル・ジャクソンの思想 
マイケル・ジャクソンの思想(と私が解釈するもの)(アメブロ:旧サイト)

 

《パブリシティ情報》

【Webメディア】

第564回 マル激トーク・オン・ディマンド(ビデオニュースドットコム)
「東大話法に騙されるな」(2012年02月04日) 
→ ビデオニュース・ドットコムWebサイトはこちらから
→ 第564回「東大話法に騙されるな」の詳細Webページはこちら

 

【書評】

alterna Vol.29(2012年6月30日発売)
後書きの余韻 29
「『東大話法』の克服はドラッカーに通ず」

通販生活(2012年夏号)
本のページ:通販生活おすすめ本
「原子力村の教授たちが3・11後も原発推進の立場を変えない理由、なるほど納得。」
評者:柴山重吉

週刊東洋経済(2012年2月18日号)
「立場に合わせた都合のいい思考に問題あり
評者:奥村宏(社会学研究家)
 → 記事内容はこちら「東洋経済 Online」より(2月20日更新)

 

図書新聞(2012年2月18日:3050号)
「国策大学=東大神話に挑戦し、欺瞞的延命策を痛烈に叩く――東大内部からの批判と告発の声」
評者:佐々木力(環境社会主義研究会会長・東京大学前教授)

 

週刊 東京大学新聞(2012年2月7日:第2582号)
連続インタビュー 科学者の役割と責任(4)
「我が国は…」と書くうちに 国策が大事で無責任になる(聞き手・菱山鉄平)
→ 東京大学新聞社のWebサイトはこちらから

 

【関連記事】

 サンデー毎日(2012年7月15日号)
「東大教授が「東大話法」で“大暴走”

週刊朝日(2012年4月20日号)
「原発事故後、政治家にも広まる『東大話法』

週刊現代(2012年4月7日号)
「東大の先生たち、この気持ち悪い感じ」

毎日新聞(2012年3月23日:夕刊)「特集ワイド」
「東大話法のトリック」

サンデー毎日(2012年4月1日増大号)
「東電の“派遣教員”東大教授 “逆ギレ”反論の東大話法」 

河北新報(2012年3月1日)
「『東大話法』を疑え:判断力奪う欺瞞的言語

東京新聞(2012年2月25日)「こちら特報部」
「思考奪う 偽りの言葉  高慢 無責任な傍観者」

サンデー毎日(2012年3月4日号)
「東大から起きた『原子力ムラ』内部批判」

 

【新聞広告】

毎日新聞(2012年8月3日)
東京新聞(2012年8月1日)
西日本新聞(2012年8月1日)
中日新聞(2012年8月1日)
北海道新聞(2012年8月1日)
毎日新聞(2012年7月24日)
朝日新聞(2012年7月23日)
日本経済新聞(2012年7月23日)
読売新聞(2012年7月19日)
読売新聞(2012年5月4日)
日本経済新聞(2012年5月4日)
毎日新聞(2012年5月3日)
中日新聞(2012年5月1日)
西日本新聞(2012年5月1日) 
北海道新聞(2012年5月1日)
朝日新聞(2012年4月29日) 
河北新報(2012年3月25日)
読売新聞(2012年3月25日/「本が好き!」企画広告)
読売新聞(2012年2月29日/「放射能・放射線関連書籍特集」企画広告)
毎日新聞(2012年2月20日)
朝日新聞(2012年2月5日)
朝日新聞(2012年1月14日)
毎日新聞(2012年1月5日)
読売新聞(2012年1月4日)
中日新聞(2012年1月3日)
東京新聞(2012年1月3日)
北海道新聞(2012年1月3日)
西日本新聞(2012年1月3日)
日本経済新聞(2011年12月28日)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

安冨歩 著
『幻影からの脱出――原発危機と東大話法を越えて刊行記念

 

脱出口はどこだ!

 

講演 : 安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)

場所 : ジュンク堂書店難波店 3階カウンター前特設開場
日時 : 2012年7月22日(日) 14:00~

○詳細は ジュンク堂書店難波店店舗情報(MARUZEN & JUNKDO Webサイト) よりご確認ください。

前著『原発危機と「東大話法」』で、原子力ならびに原発事故に関するさまざまな言説の欺瞞性を暴いた安冨歩さん。欺瞞言語体系を「東大話法」と名付け、その話法が生まれる日本社会の構造を解き明かしました。その続編となる本著では東大話法の分析はもとより、原発を推進してきた政治構造、さらに人類が核開発に邁進してきたのはなぜかに迫ります。次から次へと刺激的な考察を展開する、この盛りだくさんの新刊を記念してトークセッションを開催します。これまで経験したことのない、変わってしまった世界で、私たちはどう生きていけばよいのか。来場者とともに考えます。

 

トークセッション : 
 安冨歩 × 岩上安身(ジャーナリスト・IWJ 代表)

場所 : ジュンク堂書店池袋本店 4階カフェ
日時 : 2012年8月4日(土) 19:30~

○詳細は ジュンク堂書店池袋本店店舗情報(MARUZEN & JUNKDO Webサイト) よりご確認ください。

前著『原発危機と「東大話法」』で、原子力ならびに原発事故に関するさまざまな言説の 欺瞞性を暴いた安冨歩氏。欺瞞言語体系を「東大話法」と名付け、その話法が生まれる 日本社会の構造を解き明かしました。その続編となる本著では東大話法の分析はもとより、 原発を推進してきた政治構造、さらに人類が核開発に邁進してきたのはなぜかに迫ります。 次から次へと刺激的な考察を展開する、この盛りだくさんの新刊を記念してトークセッションを 開催します。お相手は、大手メディアが報道しない重要な情報を提供し続けている、 ぶれないジャーナリスト、岩上安身氏。ふたりの明快なトークをどうぞお楽しみに!

MARUZEN & JUNKDO Webサイト/ジュンク堂書店池袋本店店舗情報より

関連書籍はこちら

このページのトップへ

小林麻里出版記念会
「福島、飯舘 それでも世界は美しい――原発避難の悲しみを生きて

いのちを巡る対話

 

 3.11の事故で、亡き夫と共に過ごした宝物のような森を離れざるを得なくなった麻里さんが、深く魂に問いかけ、感じ、自然とひとつながりのいのちを見出した日々が本になりました。福島で、飯舘で起こっていることを感じていただければ幸いです。

 麻里さんが、生きる上で大きな力となったべてるの家の「降りていく生き方」。

 本を書き進める上で大きな示唆を与えられた田口ランディさん。

 ランディさんは「べてるの家」とご縁が深く、向谷地さんやメンバーと度々対談されたりしています。向谷地生良さん、田口ランディさん、出版の機会をつくられた名古屋大学高野先生と、本が生まれるに際し縁ある皆さんと共に、いのちについて、今を生きることについて一緒に深めてゆきたいと願っています。

 高野先生はトロンボーン演奏されるそうです。古い友人でもある風の音楽家丸山祐一郎さん、はるちゃんの演奏もあります。

 ランディさんの講演、トークセッション、音楽ありの一日です。

 一緒に今を、いのちを考えてみませんか

 (収益は東日本大震災被災地への支援金とさせていただきます)

Eco-Branch Webサイトより

 

日時 : 2012年「7月1日 10:30~16:30 (10:00開場)
場所 : 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-21
開場 : 大和白鳥創造センター 4F コンベンションホール ((株)ヒカリ内)
参加費: 予約 大人3,000円 学生1,500円 (当日参加+500円) 中学生以下無料

詳細は Eco-Branch Webサイト をご覧ください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月14日(木)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社、西部本社版は15日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月7日(木)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は9日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月5日(火)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月3日(金)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社・西部本社版は6日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月1日(金)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月1日(金)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月1日(金)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年6月1日(金)の東京新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

主催・方正友好交流の会、東京大学東洋文化研究所安冨研究室(安冨歩東京大学教授/ 『原発危機と「東大話法」』著書 )協賛でシンポジウム『満洲、原発 棄民の荒野』が開催されます。

 

方正友好交流の会第8回総会・記念講演会 
「『満洲国』から原発危機へ―欺瞞の言葉が生む棄民の歴史―

日時:2012年6月16日:13:00~17:30
場所:東京大学・駒場キャンパスI・18号舘ホール
(井の頭線「駒場東大前」渋谷駅より2つ目駅東口、改札口左スグがキャンパスですが、18号館ホールは正門より一番遠く、徒歩7分ほど。第1グランド、ラグビー場の前)

【主催】 方正友好交流の会
【協賛】 東京大学東洋文化研究所 安冨研究室

【講演1】「満洲国」から原発危機へ:欺瞞言語の脅威(安冨歩:東京大学東洋文化研究所教授)
【講演2】残留孤児及び原発問題を通して日本を問う(河合弘之:弁護士、脱原発弁護団全国連絡会代表)
【講演3】東日本大震災後の日中民間交流(猪股祐介:京都大学特別研究員、方正友好交流の会理事)

カンパ(参加費):500円(資料代含む)

 

詳細は以下よりご確認ください。

主催:方正友好交流の会
〒102-5512 東京都千代田区神田小川町3-6
社団法人日中科学技術文化センター内
E-mail: ohrui@jcst.or.jp
携帯 090-2768-3338(大類善啓:おおるい・よしひろ)

関連Webサイト
星火方正~燎原の火は方正(ほうまさ)から~(方正友好交流の会Webサイト)
マイケル・ジャクソンの思想(安冨歩氏ブログ)

このページのトップへ

2012年5月20日の朝日新聞(朝刊)の「ニュースの本棚」で弊社刊行書籍が紹介されました。

【関連記事】

「非営利産業として自立促せ」
(片山泰輔:静岡文化芸術大学教授)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

丸善丸の内本店さまにて心理学書販売研究会のフェアを行なっています。

場所:丸善丸の内本店 3階 エレベーター脇 ミュージアムゾーン
期間:2012年5月14日(月)~2012年7月15日(日)

店舗の詳細はこちら、丸善Webサイト(店舗案内:丸の内本店) から

心販研についてはこちら、心理学書販売研究会Webブログ をご覧ください。

このページのトップへ

2012年5月4日(金)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社、西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年5月4日(金)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年5月3日(木)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました (大阪本社・西部本社版は6日の掲載)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年5月1日(火)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年5月1日(火)の中日新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年5月1日(火)の西日本新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年4月29日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は5月1日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

『原発危機と「東大話法」』の著書安冨歩教授(東京大学・東洋文化研究所)主催で「魂のコンポジウム」が開催されます。

 

安冨歩・東大教授、魂のコンポジウム
「自分自身を取り戻す道を求めて
〜「脱原発先進社会」福井の未来を構想する〜

日時:2012年4月22日:12:30開場・13:00開始・16:00終了
場所:福井県繊協ビル8階大ホール

【主催】 東京大学東洋文化研究所 安冨研究室

【報告者】 安冨歩(東京大学・東洋文化研究所)
「原発主義」からの脱却によって実現される豊かな社会の構想〜「魂の脱植民地化」の観点から考える〜

【芸術】
赤城修司(高校美術教員)
「何も変わってないのに、何もかも変わってしまった。」
 (「放射能芸術集団:ハイレッド・セキュリティー」を代表して、福島市の日常物を利用したインスタレーションを展示)

【音楽】
よしこ(福井県出身、東大文学部卒)
山本道則(福井県出身・在住)

【対話者】
安東弘光 (福井大学教授・工学研究科機械工学専攻)

【ゲスト】
斉藤新緑(福井県会議員)
ナンシー(サーフショップ店長)

詳細は以下のWebサイトよりご確認ください。
マイケル・ジャクソンの思想(安冨歩氏ブログ)

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年4月にブルース・カミングスの著書『The Origins of the Korean War Vol.1 and Vol.2』の邦訳を刊行いたします。

ブルース・カミングス
鄭敬謨林哲加地永都子山岡由美 訳
『朝鮮戦争の起源』 全2巻(第2巻は上下分冊の全3冊)
第1巻 1945年‐1947年 解放と南北分断体制の出現
第2巻 1947年‐1950年 「革命的」内戦とアメリカの覇権 (上下二分冊)

A5判/上製/定価 各冊7350円(本体7000円+税)
頁数 1巻:644頁 第2巻【上】:484頁 第2巻【下】:560頁

刊行いたしました。書誌情報は以下の[関連書籍](あるいは[関連書籍はこちら])からご覧いただけます。 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

毎日新聞の2012年4月8日(11面:今週の本棚)に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
川村千鶴子編著『3.11後の多文化家族』

このページのトップへ

 日本経済新聞の2012年3月25日(朝刊)に書評が掲載されました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月25日(日)の河北新報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月25日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。「本が好き!」という企画広告です。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『原発危機と「東大話法」』の著書安冨歩教授(東京大学・東洋文化研究所)主催で『「魂の脱植民地化」を考えるコンポジウム』が開催されます。

 

「魂の脱植民地化」を考えるコンポジウム 
「原発事故で何が吹き飛んだか? ~日本社会の隠蔽構造とその露呈~

日時:2012年3月28日:13:00開場・13:30分開始・17:00終了
場所:東京大学・本郷キャンパス・経済学研究科棟第一教室

【主催】 安冨歩東京大学教授(東洋文化研究所)
【司会】 深尾葉子大阪大学准教授(経済学)

【報告者】 真鍋勇一郎大阪大学助教(工学)
【パネリスト】
○島薗進東京大学教授(人文社会系・東京大学原発災害支援フォーラム発起人)
○早川由紀夫群馬大学教授(教育学部・火山学)

【音楽】千葉泉大阪大学教授(人間科学)/今回は歌手として
【芸術】赤城修司氏(福島の高校美術教員)
【パネリスト】高橋健太郎氏(音楽評論家・音楽家)

詳細は以下のWebサイトよりご確認ください。
東京大学原発災害支援フォーラムWebサイト
マイケル・ジャクソンの思想(安冨歩氏ブログ)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月14日(水)の岩手日報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月14日(水)の福島民報に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

2012年3月11日の福島民友新聞に弊社から刊行している書籍の編著者へのインタビュー記事が掲載されました。

【関連記事】

東日本大震災1年 出版企画
「大震災後に本を読むことの意味について」
社会学者 開沼博さん(いわき市出身)特別寄稿

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年3月11日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の福島民友新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(名古屋・大阪・西部本社版は14日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の北海道新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の産経新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の東京新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月11日(日)の中日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年3月4日の朝日新聞(朝刊)の「ニュースの本棚」で弊社刊行書籍が紹介されました。

【関連記事】

「私たちが知らなかった民衆史――オキュパイとは何か」 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年2月29日(水)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(東京本社・北海道支社・北陸支社版のみの掲載です)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年2月22日(水)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年2月20日(月)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

日本経済新聞の2012年2月12日に書評が掲載されました。

【書評】

「既得権益から離れる『不偏性』強調」
 評者:大瀧雅之東京大学教授 

【掲載書籍】

アマルティア・セン 著 池本幸生 訳
『正義のアイデア

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年2月12日(日)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年2月5日(日)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

アマルティア・セン、来日講演のお知らせ

 

ノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン教授(ハーバード大学)が来日し、2月6日に東京六本木にて講演を行ないます。

 

福島大学大学院東京サテライト開設記念フォーラム

 

日時 : 2012年2月6日(月) 9時50分(開場9時)開始~13時まで
場所 : 政策研究大学院大学 想海樓ホール (東京都港区六本木7-22-1)
定員 : 300名

 

記念講演  「東日本大震災からの復興――人間の安全保障をもとめて」
 ○アマルティア・セン(ハーバード大学教授)

パネルディスカッション 「東日本大震災の教訓と大学の役割」
 ○鈴木寛(参議院議員・元文部科学副大臣)
 ○吉岡知哉(立教大学総長)
 ○黒川清(政策研究大学院大学教授・国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長)
 ○入戸野修(福島大学学長)

主催:福島大学
共催:立教大学・政策研究大学院大学

詳細は福島大学大学院東京サテライト記念フォーラムのWebサイトをご確認ください。
(上記は日本語URLを利用しているため、うまくリンクできない場合がございます。その際はこちらからアクセスをお試しください)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年1月15日(読書面)に書評が掲載されました(評:中島隆信慶應大学教授)。 

【掲載書籍】

アマルティア・セン 著 池本幸生 訳
『正義のアイデア

 該当記事は読売新聞のWebサイトから、 トップ > 読書 > 本よみうり堂 からご覧になれます。 
読売新聞Webサイト「YOMIURI ONLINE」のTOPページへ

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

2012年1月15日の朝日新聞(朝刊)の記事において、弊社が刊行している書籍が紹介されました。

【関連記事】

ニュースの本棚
「北朝鮮の歴史といま――しぶとく存在し続ける謎
(姜尚中:東京大学教授)

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年1月14日(土)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。 (中部・大阪・西部本社版は1月16日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 読売新聞の2012年1月5日(くらし・教育面)で紹介されました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年1月5日(木)の毎日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪本社・西部本社版は7日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年1月4日(水)の読売新聞(朝刊)に広告掲載いたしました(大阪本社、西部本社版は5日の掲載です)。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2012年1月3日(火)の中日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年1月3日(火)の東京新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年1月3日(土)の北海道新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2012年1月3日(火)の西日本新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年12月28日の朝日新聞(朝刊)に弊社が翻訳書を刊行している著者へのインタビュー記事が掲載されました。

【関連記事】

再生に向けて 世界債務危機2
「緊縮財政解決にならぬ 欧州は確固たる姿勢を」
(アマルティア・セン:ハーバード大学教授)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 2011年12月28日(水)の日本経済新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年12月20日の朝日新聞(夕刊)に関連記事が掲載されました。

【関連記事】

「グローバルな正義を持つ政府こそ」
(サスキア・サッセン:コロンビア大学教授)

○記事の詳細はこちら、朝日新聞Webサイト 【asahi.com 「グローバルな正義持つ政府こそ サッセン・米大教授」(12/23)】

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年12月22日(木)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(大阪・西部本社版は12月24日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

毎日新聞書の2011年12月7日(水)に弊社刊行書籍の関連記事が掲載されました。

【関連記事】
「弱き人々の側に立て――「被曝の真実」命懸け問うた科学者の遺言
(毎日新聞社会部:牧野宏美氏)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

2011年11月16日の「書評空間」(KINOKUNIYA BOOKLOG)で『文化・メディアが生み出す排除と解放』が紹介されました。

紀伊国屋書店公式Webサイト 「書評空間」 ○書評はコチラから
評者:岡井崇之(東洋英和女学院大学国際社会学部専任講師)
『文化・メディアが生み出す排除と解放』(排除と差別の〔いま〕第3巻)

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年11月7日(火)の朝日新聞(朝刊)に広告掲載いたしました。(中部・大阪・西部本社版は11月9日掲載)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞の2011年10月23日(読書面)に書評が掲載されました(評:山内昌之東京大学教授)。

【掲載書籍】

テリー・マーチン 著 半谷史郎 監修
荒井幸康、渋谷謙次郎、地田徹朗、吉村貴之 訳

アファーマティヴ・アクションの帝国――ソ連の民族とナショナリズム、1923年~1939年

関連書籍はこちら

このページのトップへ

中日新聞の2011年10月23日に書評が掲載されました。

「意思伝達の持つ意味を分析」(評者:浅野史郎 慶應義塾大教授)

【掲載書籍】

福島智 著
『盲ろう者として生きて――指点字によるコミュニケーションの復活と再生

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年10月9日の日本経済新聞に関連記事が掲載されました。

【関連記事】
今を読み解く 児童虐待の防止に向けて (才村純:関西学院大学教授)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『新装版 人間と放射線』表紙画像

ジョン・W・ゴフマン 著
新装版 人間と放射線――医療用X線から原発まで
伊藤昭好、今中哲二、海老沢徹、川野真治、小出裕章、小出三千恵、小林圭二、佐伯和則、瀬尾健、塚谷恒雄 訳


《新着情報》

【広告掲載】
西日本新聞(2011年10月1日)


【新聞広告】

読売新聞(2011年9月21日)
日本経済新聞(2011年9月19日)
毎日新聞(2011年9月18日)
中日新聞(2011年9月17日)
東京新聞(2011年9月17日)
毎日新聞(2011年9月9日)
朝日新聞(2011年9月3日)

 

このページのトップへ

バラク・オバマ
ローレン・ロング 絵 さくまゆみこ 訳

きみたちにおくるうた――むすめたちへの手紙

『きみたちにおくるうた』特設ページへのバナー

『きみたちにおくるうた』の特設ページを開設! ローレン・ロング氏のインタビュー(字幕つき)やオバマ大統領の読み聞かせ動画、また書籍未収録のスケッチ画像などを掲載。


〈新着情報〉

【関連記事】 毎日新聞(2011年8月24日:特集面)
「オバマ大統領が絵本――娘たちへの手紙もとに出版」

【書評】 読売新聞(2011年8月22日:読書面)
『オバマ大統領の絵本』 [ Yomiuri Online > 本よみうり堂 > ニュース ]


【書評掲載】

読売新聞(2011年8月22日:読書面)
日本経済新聞(2011年8月10日:夕刊読書面)
産経新聞(2011年8月7日:読書面)

 

【関連記事】

毎日新聞(2011年8月24日:特集面) 「オバマ大統領が絵本」

 

【新聞広告】

日本経済新聞(2011年7月18日/夕刊:7月20日)
読売新聞(2011年7月17日)
毎日新聞(2011年7月17日)
西日本新聞(2011年7月17日)
中日新聞(2011年7月17日)
東京新聞(2011年7月17日)
北海道新聞(2011年7月17日)
朝日新聞(2011年7月10日)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞の2011年8月23日(18面:暮らし)に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
ジェド・ベイカー著 竹迫仁子訳 『おこりんぼうさんのペアレント・トレーニング』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

朝日新聞(朝刊17面)2011年8月23日に関連記事が掲載されました。

【関連記事】
オピニオン 《耕論》 両親が離婚したら ― 「子どもの決定」が大前提
○新川明日菜さん(アンファンパレット協共同代表/聞き手:久田貴志子)
○棚村政行さん(早稲田大学教授・弁護士)

【関連書籍】
『Q&A 親の離婚と子どもの気持ち』 [内容紹介(PDF:550KB)
『離婚と子どもの幸せ』  [内容紹介(PDF:610KB)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

図書新聞の2011年8月6日(第3025号)に書評が掲載されました。

【掲載書評】
評者:久保忠行 日本学術振興会特別研究員
「グローバル時代のビルマからの声――当事者の『肉声』にいかに耳を傾けるか」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

図書新聞の2011年7月16日(第3022号)に書評が掲載されました。

【掲載書評】
評者:川成洋 法政大学教授(英文学・スペイン史)
「我が国で出版されたはじめてのキューバ『通史』――社会主義体制に特有の『胡散臭さ』は皆無といってよい」

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞の2011年6月21日(火)に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
  田代純子著『国際結婚・離婚ハンドブック』

該当記事は読売新聞のWebサイトから、 総合トップ > 大手小町 > ミックスニュース から、記事名「国際結婚の手続き紹介」でご覧になれます。

読売新聞Webサイト「YOMIURI ONLINE」のTOPページへ

関連書籍はこちら

このページのトップへ

キューバ革命の指導者、エルネスト・ゲバラ(チェ・ゲバラ)氏の未公開日記がオーストラリアで刊行されたというニュースが、6月15日に配信されました。その『戦闘員の日記』にもつづられている人物で、後の国家評議会議長になるフィデル・カストロ氏の自伝の邦訳を、弊社より刊行することになりました。

フィデル・カストロ・ルス
『戦略的勝利〈仮〉(原題:La victoria estrategica)』
山岡加奈子、田中高ほか訳

原著はフィデル・カストロ氏が自ら綴った初の自伝で、邦訳は2012年春刊行を予定しております。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  このたびの東日本大震災で被災された皆さまにあらためて心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地で復興支援にご尽力されている皆さまにも再度心から敬意を表します。

  弊社では刊行している災害救助・復興支援に関連する書籍のうち一部を、著作権者のご了解・ご協力の下に、5月31日まで無償で公開してまいりました。そのあいだに多くのアクセスを頂き、これが少しでも被災者・被災地の復興支援活動の一助となっているのであれば幸いです。

以下の書籍に関しましては、著作権者のご好意を頂き、引き続き公開いたしております。被災者への救済・支援と被災地の復興が一刻も早くなりますようお祈りします。

 

公開書籍
 ●近畿弁護士会連合会編『阪神・淡路大震災人権白書』(1999年刊行)

※データはPDFにて、該当書籍の詳細頁よりダウンロードできます。 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

OECDがGDPを超えて社会を計測するオンライン・ツールを発表

 

 OECDは5月24日、伝統的なGDP以上に、人々が暮らしを計測、比較することを可能にするインタラクティブな指標を発表します。

 「より良い暮らし指標(Your Better Life Index)」と呼ばれるこの指標は、暮らしの11の分野(住宅、収入、雇用、共同体、教育、環境、ガバナンス、医療、生活の満足度、安全、ワークライフバランス)について34カ国間の比較を可能にするものです。

 この指標は、5月24-26日にパリで開催されるOECD創立50周年記念フォーラムおよび閣僚理事会(所謂OECDウィーク)の一環で発表されます。会期中は、OECD加盟国および新興国の首脳、閣僚、政策立案者、関係者が一堂に会し、経済成長と雇用の新たな源泉、男女平等、食料・エネルギー価格の高騰、グローバルな開発について議論します。

 「より良い暮らし指標」はOECDのウェブサイト上で公表されます。また詳細はOECD東京センターのWebサイトをご覧ください。

OECD Webサイト “Better Life Initiative: Your Better Life Index” (全文英語)

 マーシャルプランを引き継ぎ、経済協力および成長を促進する機関として1961年に創設されたOECDは、より良い暮らしのための経済政策の立案のスタンダードとなっています。

 

【関連サイト】
OECD東京センターWebサイト

このページのトップへ

『竹中恵美子著作集』刊行記念祝賀会のお知らせ

 

特別講演
「現代フェミニズムと労働論」
~竹中恵美子著作集刊行を記念して~

 

  弊社では2011年の5月より、『竹中恵美子著作集』(全7巻)を順次刊行いたします。それを記念して、刊行祝賀会/特別講演が開催されます。参加をご希望される方は、以下にある参加申し込み用紙に必要事項をご記入の上、関西女の労働問題研究会事務局さままでFAXにてお申し込みください。

日時:2011年5月27日(金)
場所:ドーン・センター 特別会議室(大阪・天満橋) → 地図はコチラから
詳細:刊行記念祝賀会/参加申込書(PDF:460KB)
※参加のお申込先は弊社明石書店ではございませんので、お間違いのないようお願い申し上げます。

 

  また明石書店では『竹中恵美子著作集』の事前予約も受け付けております。購入をご希望される方は、下にありますご注文用紙にご記入の上、お近くの書店様までお申し込みください。書籍が出来次第、お申し込みいただいた書店様にお届けいたします。

 ○『竹中恵美子著作集』ご予約申込書(PDF:600KB)
  ※タイトルは変更することがあります、また価格は未定です。
  ※著作集の巻数と実際の刊行順が一致していませんのでお気をつけください。

このページのトップへ

  このたびの震災および津波により、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  一日も早い復興を願うとともに、被災地の皆様が御壮健であられますことを心よりお祈り申し上げます。

  また同地震の影響により、弊社の出庫業務などに遅れが出ております。一日でも早い復旧を心がけておりますが、読者の皆様および書店様にはご迷惑をお掛けいたしますことをご容赦ください。

 

株式会社 明石書店

このページのトップへ

2011年3月4日の朝日新聞「天声人語」にて、『中国「新語・流行語」小辞典』がとりあげられました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011/06/29更新

民主化に揺れる中東・アラブ諸国を理解する

チュニジアの政変(ジャスミン革命)を端緒に、エジプト・アルジェリアをはじめとする北アフリカのアラブ圏で拡大する反政府デモ。

――その背景と内因を探るために。

山口直彦氏より今後の中東情勢の論考をご寄稿いただきました。
『中東情勢(エジプト情勢)の分析と今後の展望』(PDF:650KB)

【新刊案内】
松本弘編著『中東・イスラーム諸国 民主化ハンドブック』 
細井長編著『アラブ首長国連邦(UAE)を知るための60章』(エリア・スタディーズ)

【近刊案内】
  バンジャマン・ストラ著 小山田紀子、渡邊司訳『アルジェリア近現代史』(世界歴史叢書)[7月刊行予定]

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2011年1月18日の「書評空間」(KINOKUNIYA BOOKLOG)で『ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録』が紹介されました。

紀伊国屋書店公式Webサイト 「書評空間」 ○書評はコチラから
評者:早瀬晋三(大阪市立大学教)
『ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録――軍事政権下の非暴力抵抗』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

神戸新聞(朝刊)2010年11月23日に関連記事が掲載されました。

【関連記事】
成年後見制度知って――県内の専門家が手引書出版 (リンク:神戸新聞Webサイト

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞(朝刊)2010年9月17日に関連記事が掲載されました。

該当記事は読売新聞のWebサイトから「TOP 〉 読書 〉 本よみうり堂 〉 ニュース」からご覧になれます。


【関連記事】
養護施設から進学 あきらめないで――大学生らがエッセー集

読売新聞Webサイト「YOMIURI ONLINE」のTOPページへ

関連書籍はこちら

このページのトップへ

読売新聞の2010年9月12日に書評が掲載されました。

【掲載書籍】
マイク・デイヴィス著 酒井隆史監訳 『スラムの惑星――都市貧困のグローバル化』

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2014年3月17日(月)の北海道新聞に広告掲載いたしました。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

夏期休業日のお知らせ

 

 日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。弊社の夏期休業日について、下記の通りお知らせ申し上げます。

8月13日(水) から 8月15日(金) まで

 弊社Webサイトにつきましては通常通りご覧いただけます。また、ネット書店さまでのご注文につきましては、それぞれの書店さまにご確認ください。各ネット書店さまで「出版社取り寄せ」のように表示されているものにつきましては、通常より若干の遅れが生じますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

○書店・取次店各位

 夏期休業中にFAXにてご注文いただいた商品につきましては、8月18日(月)の休業明けからの搬入手続きとなります。

 

 皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ