ホーム > 中東・北アフリカにおけるジェンダー
中東・北アフリカにおけるジェンダー
本体4,700円+税
ISBN 9784750335261
判型・ページ数 4-6・420ページ
出版年月日 2012/01/25

中東・北アフリカにおけるジェンダー

イスラーム社会のダイナミズムと多様性

ムスリム女性のステレオタイプ化されたイメージの是正を目的に、東はアフガニスタンから西はモロッコまでの広範なイスラーム地域のジェンダーをテーマにした10の論文を収録。各国出身の研究者が文化人類学的手法により多様なジェンダーのあり方の実際を語る。

 中東・北アフリカにおけるジェンダーとその多様性
 表記について

序論(ザヒア・スマイール・サルヒー)
第1章 危機にある男性性《マスキュリニティ》――イスラエルのパレスチナ人の事例(アマーリア・サーアル/タグリード・ヤヒヤー=ユーニス)
第2章 モロッコのフェミニズム運動における家族法の中心的役割(ファーティマ・サディーキー)
第3章 モロッコにおける開発への女性統合に向けたステップ(モハー・エンナジー)
第4章 チュニジアにおけるジェンダー平等(アメル・グラミー)
第5章 トルコにおけるAKPの政党政治(2002~2007年)と西洋主義者・イスラミスト・フェミニストの言説の交差にいる女性たちの苦悩(アイシェ・ギュネシュ・アヤタ/ファトマ・テュテュンジュ)
第6章 サウディアラビアにおける女性とメディア――レトリック、還元主義そして現実(ナオミ・サクル)
第7章 イラク人女性とジェンダー関係――差異の再定義(ナーディア・アル=アリー)
第8章 アフガニスタンをめぐる言説上の占領(アニーラ・ダウラトザイ)
第9章 レバノンにおけるジェンダー、市民権、政治的行為体(リナ・ハーティブ)
第10章 アルジェリアにおけるジェンダーと暴力―イスラミストの女性殺害に対する女性たちの抵抗(ザヒア・スマイール・サルヒー)

 用語解説
 訳者あとがき
 推薦図書リスト
 参考文献
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ