ホーム > 先生のための自閉症のある子の「良いところ」を伸ばす20の方法
先生のための自閉症のある子の「良いところ」を伸ばす20の方法
本体1,800円+税
ISBN 9784750335209
判型・ページ数 4-6・184ページ
出版年月日 2012/01/10

先生のための自閉症のある子の「良いところ」を伸ばす20の方法

コミュニケーション、マナーから学習スキルまで

自閉症のある子どもの問題とされてきた特徴を個性として認め、逆に建設的なツールとして利用しようという立場から書かれた教師のためのガイドブック。小学校低学年から中学までを対象に、教室での授業や日課に生徒の興味や長所を生かすためのヒントを満載する。

 はじめに
 謝辞
 本書で使われている用語について

1.生徒との関係を築くには
2.人づきあいの機会を広げるには
3.コミュニケーション・スキルを伸ばし、コミュニケーションの機会を増やすには
4.不安をできるだけ小さくするには
5.通常学級に通う計画を立てるには
6.教室に生徒を専門家として登場させるには
7.読み書き学習(リテラシー・ラーニング)を増やすには
8.安心感をあたえるには
9.働くという考えをもつようにするには
10.リスクをとることを促すには
11.生徒を標準の授業内容(Standards-Based Content)に結びつけるには
12.深く追究するように促すには
13.混乱するような世界をすっきりさせるには
14.生徒を輝かせ、才能を発揮させるには
15.生徒に「力」をあたえるには
16.おしゃべりを促すには
17.算数のスキルと能力を向上させるには
18.マナーや協力すること、共感の表情を教えるには
19.すばらしいところを伸ばすには
20.人生を生きる価値のあるものにするには

 文献一覧
 付録A
 付録B
 著者紹介
 訳者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ