ホーム > アメリカ人種問題のジレンマ
アメリカ人種問題のジレンマ
本体2,900円+税
ISBN 9784750334998
判型・ページ数 4-6・240ページ
出版年月日 2011/11/30

アメリカ人種問題のジレンマ

オバマのカラー・ブラインド戦略のゆくえ

人種問題を巧みに避けるレトリックとユニバーサルな公共政策によって、オバマ大統領は白人の支持をとりつけた。しかしオバマ政権下で人種差別と不平等は是正されていない。人種問題の回避が引き起こすジレンマを、雇用、住宅、教育、医療の分野から分析する。

 序

第1章 ポスト・レイシャル・リベラリズムの誕生と勝利
 カラー・ブラインド・ユニバーサリズムと公共政策
 バラク・オバマと人種超越レトリック

第2章 ポスト・レイシャル・リベラリズムの問題点
 人種間格差の現実
 人種に基づく不当な扱い――継承された不利な立場と現行差別
  ○過去の影響の認知
  ○現在の人種的偏見の認知、偏見の執拗さ
  ○単なる偏見ですまない――新世紀の人種差別
  ○レイシズム、差別、雇用
  ○レイシズム、差別、住宅
  ○レイシズム、差別、教育
  ○レイシズム、差別、医療
 被害者への責任転嫁――貧困の文化的思考法の不適切性 
 カラー・ブラインドによる人種差別の悪化
 ポスト・レイシャル・リベラリズムは社会階級を語るが、白人の耳には人種が聞こえる――なぜポスト・レイシャル・リベラリズムは自分で自分の首を絞めることになるのか
  ○社会政策のレイシズム化
  ○使徒――どのみちオバマは人種的再分配の使者と見られる
  ○右派の攻撃を前にしたポスト・レイシャル姿勢は一方的武装解除

第3章 啓発された個人主義――進歩的に肌の色の違いを意識するアプローチのための一つのパラダイム
 公正と平等へのキーワードとしての啓発された個人主義
 啓発された個人主義実践
  ○早期に、しかも何度も、人種的自覚を高める
  ○組織生活におけるカラー意識化
  ○カラー意識化と公共政策

 原注
 訳者あとがき
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ