ホーム > 貧困研究 Vol.7
貧困研究 Vol.7
本体1,800円+税
ISBN 9784750334981
判型・ページ数 B5・168ページ
出版年月日 2011/11/25

貧困研究 Vol.7

日本における貧困研究の深化・発展、国内外の研究者の交流をはかり、貧困問題をさまざまな人々に伝えていく、日本初の貧困研究専門誌の第7号。特集「生活保護制度改革に向けて――世界の社会扶助制度に学ぶもの」、東日本大震災の緊急調査報告ほか。

巻頭のことば 貧困率上昇・貧困線低下のなか、生活保護制度改革への課題(布川日佐史)

特集1 生活保護制度改革に向けて――世界の社会扶助制度に学ぶもの
 アメリカ公的扶助におけるワークフェア政策の課題――15年の評価と不況への対応(木下武徳)
 イギリスにおける低所得者向け所得保障と就労支援――政権交代前後の変化(菊地英明)
 フランスの社会ミニマム改革にみる貧困低所得対策の特徴(原田康美)
 社会扶助の実施と給付―ドイツの動向および課題――(嶋田佳広)
 1990年代以降のスウェーデンにおける公的扶助制度改革と就労支援(太田美帆)

特集2 貧困測定の研究4
 (1)「流動社会」における生活最低限の実証的研究4:家計実態アプローチによる最低生活費――生活保護基準等との比較(貧困研究会・家計調査部会[岩田正美・村上英吾・岩永理恵・松本一郎・鳥山まどか])
 (2)現代版マーケットバスケット方式による貧困の測定――静岡県における最低生計費試算調査結果より(中澤秀一)

シリーズ貧困研究の課題7
 特別講義:憐れみではなく力(power)を――貧困、人権、シチズンシップ(ルース・リスター)

この人に聞く 第7回
 今井誠二(NPO法人仙台夜まわりグループ理事長/尚絅学院大学准教授)――震災の地・仙台で継続するホームレス支援活動(インタビュー:福原宏幸)


投稿論文
 ・なぜ日本の単身高齢女性は貧困に陥りやすいのか(山田篤裕・小林江里香・Jersey Liang)

書評論文
 ・連合総研『ワーキングプアに関する連合・連合総研共同調査研究報告書I・II』(渡邊幸良)
 ・五石敬路著『現代の貧困 ワーキングプア――雇用と福祉の連携策』(中嶋陽子)
 ・垣田裕介著『地方都市のホームレス――実態と支援策』(堤圭史郎)

海外貧困研究動向
 ・韓国の貧困と政策の研究動向(五石敬路)

国内貧困研究情報
 1 注目すべき調査報告書 年越し派遣村相談票データから見えてくること(貧困研究会・派遣村データ分析部会)
 2 東日本大震災の緊急調査報告 東日本大震災による被災者の生活と貧困――主として福島県を例に(丹波史紀)

貧困に関する政策および運動情報 2011年1月~2011年6月(山田壮志郎/五石敬路/小西祐馬/村上英吾/北川由紀彦)

 貧困研究会規約
 原稿募集及び投稿規定
 編集後記

このページのトップへ