ホーム > 東アジアのディアスポラ
東アジアのディアスポラ
本体5,000円+税
ISBN 9784750334783
判型・ページ数 A5・280ページ
出版年月日 2011/10/21

東アジアのディアスポラ

日本、中国、朝鮮半島出身のディアスポラの離散過程と現在の状況を概観する。「国民国家」の枠組みや日本、朝鮮の単一民族幻想のため、移住先での個別研究の枠組でくくられ研究されることが多かった東アジア地域のディアスポラを一つにまとめ、比較検討する。

 「叢書グローバル・ディアスポラ」刊行にあたって
 序論(陳天璽・小林知子)

第I部 中国

第1章 華僑華人の歴史的展開──一九五〇年代までの遥かなる旅(廖赤陽)
第2章 「台僑」と「港僑」の創出──香港・台湾ディアスポラの特徴とアイデンティティ(林泉忠)
第3章 中国系新移民──概況、原因、特徴及び発展の趨勢(王維)

第II部 日本

第1章 戦前期日本における海外移民──山口県の事例を中心に(木村健二)
第2章 海外移住と移民・邦人・日系人──戦後における意味の変容から考える(小嶋茂)
第3章 沖縄の移民──近代うちなーんちゅの移動の小史(榮野川敦)

第III部 朝鮮半島

第1章 「解放」前における在外朝鮮人の形成と離散(鄭栄桓)
第2章 コリアン・ディアスポラ──植民地主義と離散(尹京媛)
第3章 (北)朝鮮から(南)韓国へ──脱北者問題の歴史と課題(鄭炳浩)

 索引

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ