ホーム > 中央アジア・クルグズスタン
中央アジア・クルグズスタン
本体3,800円+税
ISBN 9784750334769
判型・ページ数 A5・248ページ
出版年月日 2011/10/15

中央アジア・クルグズスタン

旧ソ連新独立国家の建設と国民統合

ソビエト連邦崩壊に伴い、独立への道を歩むことになった中央アジア諸国の一つクルグズスタン(キルギス共和国)。その「国家建設」と「国民統合」の過程・現状を、政府要人への取材を基に分析する。秋野豊賞受賞論文を大幅に加筆修正して単行本化。

序 先行研究と本書の狙い
 第1節 はじめに
 第2節 先行研究
 第3節 本書の狙いとアプローチ

第1章 クルグズスタンの概略
 第1節 地理的特徴
 第2節 民族と言語
 第3節 クルグズ人の民族性と国家観
 第4節 地政的特徴

第2章 国家の象徴の変化とクルグズスタンの自己同定〈アイデンティティ〉
 第1節 国歌と国旗、紙幣の肖像画に見る象徴
 第2節 銅像と通りの名称に見る象徴
 第3節 「トルコ民族」意識とムスリム意識

第3章 クルグズスタン独立後の歴史解釈
 第1節 クルグズ人の歴史
 第2節 古代史に対する解釈
 第3節 近現代史に対する解釈

第4章 オシュ事件とクルグズスタンの民族関係
 第1節 オシュ事件
 第2節 オシュ事件後の安定
 第3節 クルグズ人とロシア人、ドゥンガン人との関係
 第4節 穏健な国民の統合

第5章 クルグズ人の部族と南・北地域
 第1節 クルグズ人の部族
 第2節 クルグズ人の部族意識
 第3節 南・北地域

第6章 チューリップ革命とその後の政治における南北の地域軸・部族的要素
 第1節 チューリップ革命の経緯
 第2節 アカエフ大統領の政治
 第3節 チューリップ革命の平和的側面
 第4節 南北・部族の政治利用
 第5節 南北間の提携と相互利用
 第6節 「クルグズスタンの尊厳ある未来のために」政治集会

第7章 2007年議会選挙の分析
 第1節 クルグズスタンの政党および選挙制度
 第2節 政党のプロフィールと候補者名簿
 第3節 選挙結果における「南北対立」の実態

結言 平和的・民主的な国家建設

 補論1 クルグズスタンの声──2006~2008年現地インタビュー集
 補論2 世界最長の叙事詩『マナス』

 謝辞
 あとがき
 主要参考文献
 注
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ