ホーム > 〈増補〉放射線被曝の歴史
〈増補〉放射線被曝の歴史
本体2,300円+税
ISBN 9784750334820
判型・ページ数 4-6・336ページ
出版年月日 2011/10/20

〈増補〉放射線被曝の歴史

アメリカ原爆開発から福島原発事故まで

放射線被曝防護の基準はどのようにつくられてきたのか――。著者は、米国で発掘した膨大な資料を読み解き、「防護基準は核・原子力開発のために被曝を強制する側がそれを強制される側に、被曝はやむをえないもので、我慢して受忍すべきものと思わせるために、科学的な装いをこらしてつくった社会的基準」と喝破する。1991年に刊行された旧版に、福島原発事故の評価を加えて待望の復刊。

1 放射線被害の歴史から未来への教訓を――序にかえて

2 アメリカの原爆開発と放射線被曝問題
 全米放射線防護委員会の誕生
 マンハッタン計画の放射線科学者
 戦前の被曝基準と放射線被害

3 国際放射線防護委員会の誕生と許容線量の哲学
 ICRPの生みの親
 許容線量の誕生
 アメリカの核開発と許容線量
 ICRP一九五〇年勧告

4 放射線による遺伝的影響への不安
 原爆傷害調査委員会(ABCC)の設立
 ABCCによる遺伝的影響研究
 倍加線量と公衆の許容線量

5 原子力発電の推進とビキニの死の灰の影響
 原子力発電でのアメリカの巻き返し
 ビキニの死の灰の影響
 BEAR委員会の登場
 許容線量の引き下げ
 ICRP一九五八年勧告
 国連科学委員会

6 放射線によるガン・白血病の危険性をめぐって
 微量放射線の危険性への不安の広がり
 死の灰によるミルクの汚染
 ガン・白血病の「しきい線量」
 広島・長崎での放射線障害の過小評価

7 核実験反対運動の高まりとリスク‐べネフィット論
 核実験反対運動の高まり
 リスク‐ベネフィット論の誕生
 一九六〇年の連邦審議会報告とBEAR報告
 ICRP一九六五年勧告

8 反原発運動の高まりと経済性優先のリスク論の“進化”
 反原発運動の高揚
 科学者による許容線量批判の高まり
 原発推進策の行きづまり
 放射線被曝の金勘定とコスト‐ベネフィット論
 BEIR‐1報告
 ICRPによるコスト‐ベネフィット論の導入
 生命の金勘定
 原子力産業は他産業よりも安全
 ICRP一九七七年勧告

9 広島・長崎の原爆線量見直しの秘密
 原爆線量見直しの真の発端
 マンキューソによるハンフォード核施設労働者の調査
 絶対的とされたT65D線量の再検討へ
 軍事機密漏らしの高等戦術
 BEIR‐3報告をめぐる争い
 日米合同ワークショップによるDS86の確定

10 チェルノブイリ事故とICRP新勧告
 ICRP勧告改訂の背景
 新勧告につながるパリ声明
 チェルノブイリ事故と一般人の被曝限度
 新勧告とりまとめまでの経過
 アメリカの放射線防護委員会と原子力産業の対応
 国連科学委員会報告
 BEIR‐5報告
 線量大幅引き下げのカラクリ
 新勧告の最大のまやかし

11 被曝の被害の歴史から学ぶべき教訓は何か
 時代の変化とともに広がる被曝の被害
 防護基準による被害への対応の歴史
 現在の被曝問題の特徴
 日本における被曝問題の最近の特徴
 食品の放射能汚染

12 おわりに

増補 フクシマと放射線被曝
 1 フクシマ事故の特徴と労働者・住民の大量被曝
 2 一〇〇ミリシーベルト以下の被曝も危険
 3 フクシマの汚染・被曝対策とICRP
 4 放射線被曝との闘いから脱原発へ
 5 フクシマが示すもの

 旧版 あとがきにかえて
 増補版 あとがき
 文献

このページのトップへ