ホーム > 芸術とはどういうものか
芸術とはどういうものか
本体2,400円+税
ISBN 9784750334431
判型・ページ数 4-6・288ページ
出版年月日 2011/08/15

芸術とはどういうものか

「芸術」の概念を、日常生活にあふれる事柄や文学・音楽・絵画・写真など具体的な表現手法を例に引き、本質を見据えながら平易な表現で定義する。在野の哲学者にして言語学者・三浦つとむの「弁証法」「言語学」とならぶ精華。亀井秀雄氏の解説を付し待望の新装版刊行!

I 人間生活の中の芸術

1 人間は「分身」をつくりだす
 芸術は多種多様である
 生産物は人間的なかたちを持つ
 人間は「分身」を創造する
 人間の「分身」の役割
 頭脳を通過するということ
 二つの部分の相対的な独立

2 非芸術と芸術との接点
 精神的な交通のための表現
 実用的な表現
 第三者の受けとりかたという問題
 楽しむための表現
 道具のデザインと調和
 機械時代と工業デザイン
 芸術と娯楽
 芸術と非芸術との区別のしかた
 観念論哲学での区別のしかた
 芸術と科学の区別

3 芸術についての考えかたの対立
 芸術の商品化と芸術家の堕落
 芸術至上主義
 政治闘争の道具としての芸術
 芸術アジ・プロ説――芸術実用主義
 芸術における物神崇拝
 芸術と思想
 芸術の中の思想
 科学とその表現
 芸術作品の自立性
 科学者と芸術家の条件のちがい
 芸術と政治
 芸術と技術

II 芸術の構造

1 芸術の形式と内容
 なぜ形式と内容を区別するか
 物の形式と表現形式との関係
 形式と内容とのつながり
 対象内容説
 認識内容説
 鑑賞者認識内容説
 形式主義
 哲学における形式主義の影響
 内容という考えかたの否定
 観念論的機能主義
 芸術の内容は作品そのものにある
 「内容を形成する実体」の問題
 形式と内容との矛盾

2 芸術におけるフィクションとノン・フィクション
 フィクションとノン・フィクション
 科学はフィクションを拒否する
 芸術のフィクションと宗教のフィクション
 非敵対的な対象化と敵対的な対象化
 資本制生産と宗教との共通点
 フィクションの役割
 形式からの制約

3 リアリズムとロマンチズム
 現実的な空想と非現実的な空想
 ロマンチズム
 リアリズム
 社会主義リアリズムをめぐって

4 表現から鑑賞へ
 観念的な追体験と感情移入
 夏目漱石の「同化論」
 鑑賞者からの制約
 作者も鑑賞者になる

III 現代の芸術

1 映像芸術の空間と時間
 機械と表現
 作者の見かたと機械の見かた
 画面は「枠」を持っている
 認識にも「枠」がある
 なぜ文学には「枠」がないか
 表現が固定している場合の「枠」
 エイゼンシュテインの日本芸術論
 映画と演劇のちがい
 演劇の「枠」と映画の「枠」
 「動的正方形」スクリーンの提唱
 アメリカの観客の反応
 シネマスコープの問題
 テレビの「枠」
 時間の表現
 映画における「多彩な時間の創造」
 ロケーションの本質

2 新大陸の新しい芸術
 行動喜劇の成立
 行動喜劇の映画的誇張
 発声アニメーション映画の登場
 ディズニー映画とその主人公
 アニメーション映画の思想
 ブルースの誕生
 ジャズの歴史
 ジャズは変わっていく

3 古い形式と新しい形式
 「古い」形式ということ
 ルポルタージュをめぐって
 ブレヒトの「叙事詩的演劇」
 「演技の弁証法」の形式主義
 建築における機能主義の克服

4 芸術の未来
 未来の社会と未来の芸術
 「芸術社会学」の行きすぎ
 映画至上主義
 芸術の「綜合性」は立体的である
 一方では綜合、他方では分化
 アマとプロとの区別は消滅する

 あとがき

 三浦マルクス学の芸術論――新装版刊行にあたって(亀井秀雄)

同じジャンルの本

このページのトップへ