ホーム > 仲間とともに治すアルコール依存症
仲間とともに治すアルコール依存症
本体1,800円+税
ISBN 9784750334271
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 2011/07/15

仲間とともに治すアルコール依存症

断酒会活動とはなにか

アルコール依存症を断酒会活動で克服し、『脱「アルコール依存社会」をめざして』などの著書で政策提言を行う著者が、断酒会についてわかりやすく語る書。アルコール依存症は治せる、という前提で、当事者・支援者がとるべき姿勢や具体的な方法を詳述する。

 プロローグ 私もひどい酒飲みだった

第1部 客観的事実として


第1章 9人の酒害者の人生と転機
 ・松野陽一:「静かなるアル中」、多発性神経炎
 ・西脇ひろ子:摂食障害とアルコール依存症の若い女
 ・高橋鉄平:酒乱、連続飲酒の単身者
 ・越前屋太郎:高血圧、アルコール性心筋症、遺伝不安
 ・浮橋健太:若年アルコール依存症、寝汗
 ・大前庄之助:高齢アルコール依存症と認知症
 ・青木美智子:女性酒害者、ブラックアウト、膵炎
 ・鬼道秀一郎:糖尿病
 ・茂木草介:後期高齢者の酒害、胃腸障害、栄養失調

第2章 断酒会の創設と酒害者
 第1節 通院か入院か
 第2節 断酒会の創設
 第3節 セルフヘルプ・グループの要件
 第4節 アルコール医療への注文
 第5節 アルコール依存症者が酒をやめる
 第6節 アルコール依存症は治せる

第3章 アルコール依存症と断酒会に関する8つの法則
 法則1「死ぬほどの苦痛を味わいつくすまで、アルコール依存症であることを認めることができない」
 法則2「断酒継続で死ぬほど苦しみつづけるなかで、断酒ができていく」
 法則3「断酒会員には周期的に離れたくなるときが襲ってくる」
 法則4「アルコール依存症は、どんどん死んでいく病気である」
 法則5「断酒会には成功の秘訣がある」
 法則6「アルコール依存症は断酒会活動で治せる病気だが、活動のなかで飲んでいたころよりも人間的にりっぱになる」
 法則7「アルコール依存症者が酒を断ちつづけられるのは、断酒会の集団性の賜物である」
 法則8「断酒会は豊かさをもたらしてくれる」


第2部 個人の生き方として

第4章 偏見をどう乗りこえるか――社会と断酒会における友好関係の構築
 第1節 調査内容と断酒会員の意識
 第2節 道徳的モデルから医学的モデルへ
 第3節 日本の現実――国はアルコール依存症をどう位置づけているのか
 第4節 アルコール問題を個人の問題と矮小化する文化と偏見
 第5節 偏見が生み出すものと偏見の緩和・解消法
 第6節 社会的モデルが確立できるか――日本の21世紀

第5章 家族が心得ておくべきこと
 第1節 多くの酒害家庭を見た
 第2節 酒害家族のタイプ
 第3節 アルコール依存症の基礎部分
 第4節 アルコール依存症に対する誤まった考え方と酒害を悪化させる対応
  1 「アルコール依存症者は意志が弱い」という誤まった考え
  2 「アルコール依存症者は人格面がダメである」とする誤まった考え
  3 「アルコール依存症者は酒好きだから飲む」という誤まった考え
  4 「適量で切りあげる飲み方をしてほしい」という誤まり
  5 「アルコール依存症の人は酒をやめたい気持ちがない」という誤まり
  6 酒を鍵のかかる部屋に隠したりする
  7 酒害者に説教して治そうとする
  8 内科にかかって治そうとする
  9 「離婚する」と脅して治そうとする
 第5節 ここというときに治療を勧める
 第6節 自分からすすんで治療を受けた人

第6章 アルコール依存症を治していく心
 第1節 アルコール依存症は治せる病気である
 第2節 反省する心
 第3節 実践する心
 第4節 償う心
 第5節 感謝する心
 第6節 求める心
 第7節 ゆるす心

終章 アルコール依存症が治っていく
 第1節 アルコール依存症を治す基本事項
 第2節 アルコール依存症が治っていく
  第1ステージ:入院10日目
  第2ステージ:退院直前
  第3ステージ:やはり酒が切れない
  第4ステージ:酒をやめたい
  第5ステージ:断酒6カ月
  第6ステージ:また飲酒
  第7ステージ:断酒1年達成
  第8ステージ:同窓会
  第9ステージ:断酒歴1年表彰
  第10ステージ:またも飲む
  第11ステージ:断酒5年なれど、のめり込み治らず
  第12ステージ:深い井戸の底にいる感じ
  第13ステージ:ゆるしつづけて
  第14ステージ:償い
  第15ステージ:日日是好日

 あとがき
 各地の断酒会連絡先

同じジャンルの本

このページのトップへ