ホーム > 超音波診断と妊婦
超音波診断と妊婦
本体3,300円+税
ISBN 9784750333694
判型・ページ数 A5・232ページ
出版年月日 2011/04/02

超音波診断と妊婦

出産の医学的管理が身体感覚・胎児への愛着におよぼす影響

出産における超音波診断の導入によって妊婦健診はどのように変容し、妊婦の身体感覚と胎児への愛着にどのような影響をおよぼしたのか。超音波診断法の開発・普及の歴史的経緯を明らかにしながら、妊婦への事例研究をとおして解明する。

序章 妊婦健診の変容と妊婦の身体感覚について

第1節 本書のめざすものと位置づけ
 1 本書のめざすもの
 2 調査方法
 3 本書の構成
第2節 これまでの研究と本書の位置づけ
 1 妊婦健診と妊婦に関する研究
 2 超音波診断の臨床応用に関する研究
 3 病院出産に関する研究
 4 医療テクノロジーと女性の身体についての研究
 5 本書の特徴

第1章 病院出産に伴う妊婦健診の変容

第1節 病院出産に伴う出産場所の移行とその要因――医療制度の再編が行われた1945(昭和20)年から病院出産が成立した1974(昭和49)年を中心に
 1 はじめに
 2 調査方法
 3 出産場所の移行を促した要因
 4 まとめ
第2節 病院出産に伴う出産介助者の変更とその要因――医療制度の再編が行われた1945(昭和20)年から病院出産が成立した1974(昭和49)年を中心に
 1 はじめに
 2 調査方法
 3 出産介助者の変更を促した要因
 4 まとめ

第2章 超音波診断の開発・普及

第1節 超音波診断を含む妊婦健診の導入と普及要因
 1 はじめに
 2 調査方法
 3 超音波診断の導入を促した要因
 4 まとめ
第2節 妊婦健診時に用いられる超音波診断についての諸議論
 1 はじめに
 2 超音波診断装置開発・導入期の議論(1950年代~1980年代前半)
 3 超音波診断装置普及後の議論(1980年代以降)
 4 まとめ

第3章 妊婦の心理と身体感覚および胎児への愛着

第1節 超音波診断を含む妊婦健診を受けた妊婦を中心に
 1 調査方法
 2 言葉の定義
 3 調査対象者の属性と調査の状況
 4 超音波診断を含む妊婦健診を受けた妊婦の語り
 5 腹部診察を受けた妊婦の心理と身体感覚および出産準備意識への影響
 6 妊婦健診の相違と妊婦の特徴
 7 まとめ
第2節 妊婦の身体感覚と胎児への愛着との関連性
 1 はじめに
 2 調査方法
 3 結果
 4 考察
 5 まとめ

終章 総合的考察

第1節 3つの総合的結論
 1 医学的管理による妊婦健診の成立
 2 変化した妊婦健診の目的
 3 変容した妊婦健診の様相
第2節 妊婦健診の再考
 1 妊婦健診目的の再考
 2 病院で提供される妊婦健診システムの見直し
 3 胎児位置身体感覚を促す妊婦診察の方法
 4 超音波診断適応の再検討
第3節 本研究の成果と意義
 1 本研究の成果
 2 研究の医学的意義

 章別引用文献
 あとがき
 巻末資料

同じジャンルの本

このページのトップへ