ホーム > 生涯学習支援の理論と実践
生涯学習支援の理論と実践
本体4,800円+税
ISBN 9784750333397
判型・ページ数 4-6・424ページ
出版年月日 2011/02/28

生涯学習支援の理論と実践

「教えること」の現在

「教えること」に関わる技法・理論・方法について、理論と実践とを結びつけ、多角的的に考察する。学校教育、職業教育、成人教育、教員養成などの教師や講師、学習支援者や教育に関心のあるすべての人にとって、具体的示唆に富む本。

 本書について
 序(日本語版への序・初版への序・第二版への序)
 執筆者一覧
 キーワード解説

[第I部]

第1章 変動する世界の中で「教えること」とは(ピーター・ジャーヴィス)
第2章 教えること――わざか科学(テクノロジー)か?(ピーター・ジャーヴィス)
第3章 「教えるスタイル」と「教える方法」(ピーター・ジャーヴィス)
第4章 倫理と「教えること」――教える者と教えられる者の関係性の探究(ピーター・ジャーヴィス)
第5章 ラディカル教育学とフェミニスト教育学(ジュリア・プリース、コリン・グリフィン)

[第II部]

第6章 講義/講義すること――「教えこみ主義」を再考する(コリン・グリフィン)
第7章 ソクラテス法(ピーター・ジャーヴィス)
第8章 ファシリテーションとファシリテーターのスタイル(ジョシー・グレゴリー)
第9章 経験的教育の諸原理(ジョシー・グレゴリー)
第10章 「教える」「学ぶ」ことに関わる経験的方法(ポール・トゥズィー)
第11章 実践基盤型学習と課題基盤型学習(PBL)(ピーター・ジャーヴィス)
第12章 メンタリング――「教える」わざ・「学ぶ」わざ(ジル・ニコルス)
第13章 学習コミュニティ――「教えること/学ぶこと」の方法論的な次元とは?(ポール・トゥズィー)

[第III部]

第14章 義務教育以降の教育における評価査定(リンダ・メリックス)
第15章 高等教育における経験的学習の評価査定(ジョシー・グレゴリー)
第16章 放送・遠隔学習による学習者の変容(ピーター・ジャーヴィス)
第17章 「教えること」の専門職化(ピーター・ジャーヴィス)

 解題(渡邊洋子・吉田正純)
 参考文献
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ