ホーム > 在日外国人と多文化共生
在日外国人と多文化共生
本体3,200円+税
ISBN 9784750333427
判型・ページ数 A5・324ページ
出版年月日 2011/02/05

在日外国人と多文化共生

地域コミュニティの視点から

東海地域の在住外国人に関する調査を中心に、社会学・経済学・言語学・文化人類学・心理学など、外国籍者も含む学際的な共同研究により、多文化共生の諸相についてまとめた論集。外国籍者と日本人が「ともに生きる」とは何かを探る。

 まえがき

序章 東海地域の外国籍住民と多文化共生論(佐竹眞明)
 はじめに
 1.東海地域の外国籍住民
  1)日本在住の外国人登録者
  2)東海地域の外国籍住民
  3)外国人労働者
  4)長期的滞在・永住
 2.多文化共生の概要
  1)歴史的経緯・背景
  2)多文化共生という用語
  3)定義
 3.多文化共生に関する論点
  1)多民族共生との違い
  2)格差の問題
  3)自治体施策を超えて
  4)国家の移民政策不在
  5)日系人帰国支援をめぐって
 おわりに

第I部 【事例研究】

第1章 多文化共生社会と在日コリアン(姜裕正)
 はじめに
  日本はすでに多民族・多文化を有する国家
 1.在日コリアンの現状について
  1)減少が続く在日コリアン数
  2)東海4県は全国有数の「外国人多住地域」
  3)在日コリアンの構成
  4)在日コリアンの今後
 2.多文化共生社会と在日コリアン
  1)日本は将来、10人に1人の外国人が居住する国に
  2)外国人を受け入れるための幾つかの問題
  3)在日コリアンの処遇改善は日本の国際化の試金石
  4)日本人の精神風土と内なる国際化にどう立ち向かうのか
  5)歴史認識問題の解決は不可欠の懸案
  6)幼児期からの「内外人平等」の人権教育の実施を切望
 おわりに
 【コラム1】生い立ちの記――生きるかなしみ(カトリック名古屋教区司祭:太田実)

第2章 世界同時不況と東海地域の日系外国人(阿部太郎)
 はじめに
 1.東海地域と日系外国人の関わり
 2.世界同時不況前後の経済情勢
 3.労働面への影響
 4.生活・居住・教育面などへの影響
  1)生活面への影響
  2)居住面への影響
  3)教育面への影響
  4)帰国に関する問題
 5.社会保障
  1)社会保険
  2)生活保護
 6.行政、民間などによるさまざまな取り組み
  1)帰国支援事業
  2)生活面での取り組み
  3)労働面での取り組み
  4)教育面での取り組み
  5)日本語教室
 まとめ

第3章 在日ブラジル人のエスニック・アイデンティティ――ブラジル人学校の保護者への「教育に関するアンケート調査」の結果に基づいて(重松由美)
 はじめに
 1.「ブラジル人」としてのアイデンティティの保持
 2.バイカルチュラルなアイデンティティへの志向
 3.日本語能力とエスニック・アイデンティティの形成
 まとめ

第4章 外国人労働者の定住化と「多文化共生」の推進――地域社会政策の視点から(小林甲一)
 はじめに
 1.定住する外国人労働者の増加と地方自治体の対応
 2.美濃加茂市における外国人住民の現状と問題
  1)外国人登録者の推移と外国人労働者の定住化
 2)外国人住民の急増をめぐる諸問題
 3.美濃加茂市における多文化共生への取り組み
  1)多文化共生支援事業の展開と「ブラジル友の会」の活動
  2)策定された『多文化共生推進プラン』(2009年3月)
 4.多文化共生の推進と地域社会――「社会統合」に向けた地域社会政策の模索
 【コラム2】クリスチャン・スピリティスト・コミュニオンに集う人々(今村薫)

第5章 名古屋の中国系コミュニティ――華僑社会と地域社会の共生(増田あゆみ)
 はじめに
 1.名古屋の華僑社会組織
  1)愛知華僑総会
  2)中華民国留日名古屋華僑総会
  3)中部日本新華僑華人会
 2.名古屋商業界における華僑の存在
  1)大手中華料理レストラン浜木綿
  2)在名古屋新華僑団体
  3)名古屋の中華街――大須中華街プロジェクト
 3.華僑社会の交流
  1)日本社会との交流
  2)華僑社会間の交流
 4.子弟の教育――華僑としてのアイデンティティ
 5.中国・華僑関連ニュースと名古屋――名古屋の中に見る中国・華僑イメージ
 おわりに
 【コラム3】日中国際結婚――愛知県の事例を中心に(賽漢卓娜)

第6章 愛知県の多文化共生過程におけるフィリピン人海外移住者の文化・政治的関与(メアリー・アンジェリン・ダアノイ[Mary Angeline Da-anoy]/翻訳:稲垣紀代)
 はじめに
 1.多文化共生概念、先行研究、研究方法
 2.愛知県におけるフィリピン人移住者団体の多重性――類似点と相違点
  フィリピン人移住者の集団的アイデンティティ――多数で多様な形態
 3.愛知県におけるフィリピン人移住者運動の「社会変革プロジェクト」
  1)異文化間の理解を促進する
  2)政治的活動家の政治的信念
 4.愛知県春日井市の多文化共生プランと居住外国人の参画
 結論
 【コラム4】共の会について(カトリック膳棚教会神父:狩浦正義)
 【コラム5】 オセアニア島嶼部出身愛知県在住者31人は多いのか、少ないのか(中原聖乃)

第II部 【考察】

第7章 日本にいる外国人の子どもと教育(飯島滋明)
 はじめに
  1)外国人の教育
  2)「外国人」とは
 1.在日朝鮮人の子どもに対する日本政府の対応と問題点
  1)朝鮮学校の成立背景
  2)朝鮮学校に対する差別
 2.ニューカマーの子どもに対する日本政府の対応
  1)はじめに
  2)「不就学」
  3)「不就学」以外の問題
 3.なにが問題か
  1)小括
  2)外国人の子どもと「教育を受ける権利」(憲法26条)の法的性質
  3)「国際協調主義」に適した外国人の子どもの教育のあり方は?
  4)憲法89条違反?
  5)「個人の尊厳」の否定
 おわりに

第8章 多文化共生に向けた心理学的視点からの提案――ステレオタイプ・偏見・差別の改善を目指して(金愛慶)
 はじめに
 1.ステレオタイプ・偏見・差別の形成メカニズム
 2.偏見・ステレオタイプ解消のメカニズム
 おわりに

第III部 【海外調査】

第9章 フィリピンから日本への結婚移民――出国ガイダンス・上昇婚・主体性(佐竹眞明)
 はじめに
 1.日本における国際結婚――日比結婚を中心に
 2.フィリピンにおける婚姻出国
  1)概況
  2)出国ガイダンス&カウンセリング
  3)G&Cにて
  4)よりよい生活へのパスポート・上昇婚(ハイパガミー)
  5)歴史的・文化的要因
  6)上昇婚論への留意点
  7)主体性
 おわりに

第10章 韓国の多文化主義――外国人政策とその実態(金愛慶)
 はじめに
 1.多文化主義の台頭の背景
 2.韓国の外国人政策関連法案
 3.韓国の外国人政策の実態
 おわりに

第11章 変化する多文化主義政策――多民族・多文化国家オーストラリア政府の挑戦(増田あゆみ)
 はじめに
 1.ホイットラム政権の多文化主義政策――新しいオーストラリアへの挑戦
 2.フレイザー政権の多文化主義政策――保守政権の多文化主義政策
 3.ホーク政権の多文化主義政策――経済的合理主義の導入
 4.キーティング政権の多文化主義政策――アジアとの関係の強化に向けて
 5.保守政権ハワード政権の多文化主義政策――保守的価値観の再現
 おわりに
 【コラム6】東ヨーロッパ移民事情――ポーランド人は今どこへ向かっているのか(家本博一)

付録【資料】
 【名古屋学院大学・多文化共生研究会の軌跡】(佐竹眞明)
 【参考資料】「外国人児童に対する就学支援――多文化共生施策」

 あとがき
 【初出一覧】
 【執筆者一覧】

同じジャンルの本

このページのトップへ