ホーム > 国勢調査から考える人種・民族・国籍
国勢調査から考える人種・民族・国籍
本体3,800円+税
ISBN 9784750332741
判型・ページ数 A5・240ページ
出版年月日 2010/10/04

国勢調査から考える人種・民族・国籍

オバマはなぜ「黒人」大統領と呼ばれるのか

民族の移動や幾世代もの混血によって、複雑であいまいになった人種や民族を、近代国家は国勢調査によってどのように解釈、調査、分類してきたのか。アメリカ、ニュージーランド、イギリス、日本などの国勢調査の歴史と現状、近年の傾向などから考察する。

 はじめに

序章 「国勢調査員に任命します」
 1 黒人大統領の誕生――バラク・オバマ
 2 黒人かカブリナシアンか――タイガー・ウッズ
 3 国勢調査での分類
 4 日本における直近の国勢調査
 5 調査員体験顛末記

I章 国勢調査と人種(レイス)/民族(エスニック集団)――分類を好む植民地政府
 1 国勢調査のはじまり
 2 国勢調査における人種(レイス)/民族(エスニック集団)の分類
 3 人種(レイス)/民族(エスニック集団)に対する関心の差異
 4 レイスおよびエスニック集団分類から見た国勢調査

II章 アメリカ――レイス分類に強い関心
 1 統計調査のはじまり
 2 課税インディアンと非課税インディアン
 3 住民の分類
 4 カラー/レイス分類の変遷
 5 カラーとレイスの指し示すもの
 6 混血に関して
 7 自己認定方式への変化
 8 複数レイスの選択
 9 エスニック集団としてのヒスパニックの出現

III章 アメリカのレイスおよびエスニシティ分類――商務省OMBの統一見解をめぐって
 1 OMB指針15条1977年
 2 OMB指針15条1977年の見直し
 3 1997年検討委員会の勧告
 4 OMBの最終決定
 5 レイスに関してのアメリカ人類学会の論評
 6 レイスという用語の可否

IV章 ニュージーランド――レイスからエスニシティへ
 1 初期の調査
 2 エスニシティの登場
 3 マオリのアイデンティティ
 4 近年の複数エスニック集団回答者の増加

V章 イギリス――旧植民地からの大量移民を迎えて
 1 国勢調査のはじまり
 2 移民送出国から移民受入国へ
 3 レイス/エスニック集団についての質問導入検討
 4 レイス/エスニシティ質問項目導入本格化
 5 1991年の国勢調査
 6 2001年の国勢調査
 7 ミックスド問題

VI章 日本――世界五大強国の威信をかけて
 1 近代国家への道のり
 2 第1回国勢調査実施
 3 国籍と民籍
 4 台湾戸口調査
 5 朝鮮
 6 樺太
 7 南洋群島
 8 敗戦後および現今の国勢調査

VII章 国勢調査における多様な人種/民族の捉え方――言語集団・民族コード・カースト
 1 先住民の言語集団の分類に関心を持つ国々
 2 政府認定の民族コードがあり、そのいずれかに国民を当てはめる国々
 3 カーストと人種・民族に連続性がみられる国々

VIII章 国勢調査を行わない国・発表しない国――見えない人々
 1 キリスト教徒の多い国レバノン
 2 同胞としてのトルコ共和国

IX章 曖昧なレイスとエスニック集団――ぼやけた絵の輪郭をなぞる作業
 1 人種とレイス
 2 エスニック集団とレイス

X章 人種の坩堝復権?はなるか――レイス/エスニック集団の複数選択がもたらすもの
 1 複数レイスの選択――アメリカ
 2 ミックスド選択肢の創設――イギリス
 3 ニュージーランド人の出現――ニュージーランド
 4 人種の坩堝復権

XI章 サラダボールの中身――存在を主張し始めたエスニック集団
 1 国家とエスニック集団
 2 ヒスパニックの台頭――アメリカ
 3 ウェールズとコーンウォール――イギリス
 4 カレンジンの出現――ケニア
 5 日本の外国人

XII章 調査漏れとプライバシー――今後の国勢調査の問題点
 1 調査漏れとサンプリング調査検討――アメリカ
 2 無関心とプライバシーの壁の酷勢調査――日本

 おわりに

 引用文献
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ