ホーム > ポスト障害者自立支援法の福祉政策
ポスト障害者自立支援法の福祉政策
本体2,000円+税
ISBN 9784750332536
判型・ページ数 A5・168ページ
出版年月日 2010/08/25

ポスト障害者自立支援法の福祉政策

生活の自立とケアの自律を求めて

本書は、2009年に誕生した民主党政権が廃止を打ち出した、障害者自立支援法に代わり検討されている「ポスト障害者自立支援法」の制度構想について分析を加えたもの。アメリカの調査なども踏まえ、日本の制度の今後のあり方を問う。

 序

第1章 社会福祉基礎構造改革と「ケアの自律」
 利用者本位
 利用制度化/給付制度化
 受給者本位
 福祉の保険化
 給付調整モデル(「ものさし」の問題)
 支援のモデル(「ルール」の問題)

第2章 障害者自立支援法における「応益負担」についての考察
 はじめに
 社会福祉制度における応益負担の歴史
  利用者負担と応益負担の位置
  措置制度と利用者負担
  「受益者負担」論の台頭
  「公私の役割分担」論への接続
  介護保険における応益負担の制度化
  介護保険との統合問題と応益負担
 社会保障の各制度における応益負担の実際
  医療保険制度における応益負担
  介護保険制度における応益負担
  障害者自立支援法
 だれにとって/なんのための応益負担化か
 まとめにかえて――「普遍主義の空洞化」回避のために

第3章 知的障害者の「生活の自律」とそのために必要な支援――アメリカ・カリフォルニア州における調査を踏まえて
 はじめに
  障害者の自立生活支援をめぐる政策と制度の現状
  障害者の権利条約の履行
  知的障害者のための地域自立生活支援
 カリフォルニアの知的/発達障害者の自立生活支援
  調査の概要
  サポーテッドリビング・サービス(SLS)
  リージョナルセンター(RC)
  セルフディレクテッド・サービス(SDS)
 まとめ――日本へのインプリケーション
 資料

第4章 知的障害者の「生活の自律」を前提とする福祉政策と支給決定システム――アメリカ・カリフォルニア州の制度と実践を踏まえて
 はじめに
 ランタマン法と制度の概要
  法と制度の全体像
  サービスと支援
  利用資格及び利用者負担
 利用までのプロセス及び利用資格
  RCの役割
  利用までのプロセス
  利用資格
 IPPの作成と実施
  IPP作成の概要
  IPPの主要な概念
  「サービスと支援」の提供
 まとめ――日本へのインプリケーション
 資料

第5章 「ポスト障害者自立支援法」のスキーム――民主党の障害者関連政策
 評価できる。すばやく、しこしことやればよい
 マニフェスト及び政策集のこと
 「障がい者制度改革推進法」というスキーム
 「障がい者制度改革推進本部」というフレーム
 約束/進められる政策の実際
 最後に、「障がい者総合福祉法(仮称)」について

第6章 福祉サービスと所得保障:自立生活支援の課題
 はじめに
 障害者権利条約が要請する自立生活支援施策
 障害者自立支援法が展望する自立生活支援の射程と限界
 支援付き自立生活
 自立生活のための所得保障
 「障がい者総合福祉法(仮称)」と「障がい者制度改革推進本部」の政策スキーム
 おわりに

第7章 当事者支援・権利擁護の視点からみる地域生活支援
 障害者権利条約の要請
 障害者自立支援法「見直し」の限界
 「相談援助の専門性」の再構築
 「支援を受けた自律」という課題


 参考・引用文献

同じジャンルの本

このページのトップへ