ホーム > ベルギー分裂危機
ベルギー分裂危機
本体3,800円+税
ISBN 9784750332475
判型・ページ数 A5・240ページ
出版年月日 2010/07/30

ベルギー分裂危機

その政治的起源

ヨーロッパの中心に位置し、EU、NATOの本部が置かれ、数多くの多国籍企業がひしめくベルギー。しかし、一方でオランダ語圏とフランス語圏との間の確執は深く、政治的には現在も分裂の危機をはらんでいる。1960年代にさかのぼる危機の起源を探る。

 はじめに――西欧の小国・ベルギーが投げかける問題

第1章 ベルギーの歴史と政治制度
 1.ベルギーの歴史
  1-1 地理的概要
  1-2 ベルギーの連邦制
  1-3 支配と抵抗の歴史
  1-4 独立から第二次世界大戦後まで
  1-5 初期の言語問題
  1-6 言語紛争の激化と改革
  1-7 分裂にむかうベルギー?
  1-8 ベルギーの60年代
 2.ベルギーの政治制度
  2-1 立憲君主制
  2-2 議会
  2-3 内閣
 3.政党
  3-1 カトリック
  3-2 社会党
  3-3 自由党 他
 4.労働組合、言語運動
 5.政治家
 6.外交

第2章 60年代のベルギー政治研究――問題の所在とアプローチ
 1.先行研究
  1-1 エスニック論
  1-2 経済的・社会的格差論
  1-3 クリーヴィッジ論
 2.多極共存型民主主義論
  2-1 構造か、主体か――多極共存型民主主義の安定・変化を決める要因
  (1)「安定」を説明する文脈
  (2)「変化」を説明する文脈
 5.政治的リーダーの行動分析
  5-1 協調的行動
  5-2 柱の動態
 6.小括

第3章 第2次エイスケンス政権における学校協定(1958年)
 1.はじめに
 2. 学校協定
 3.エイスケンス単独少数政権の成立と学校協定の成立過程
  3-1 1958年選挙結果と議会内状況
  3-2 エイスケンスの協調的行動と党の安定
 4.小括

第4章 第3次エイスケンス政権と一括法(1959-1960)
 1.はじめに
 2.自由党連立の影響――カトリックの内的不安定化
 3.反一括法ストライキ
  3-1 反一括法スト下での政治的エリート間関係
  3-2 協調的行動の影響
  3-3 社会党不安定化の影響
 4.フランデレン運動
 5.小括

第5章 ルフェーブル政権から「終焉」選挙へ(1960-1965)
 1.はじめに
 2.エイスケンス政権の崩壊
 3.61年総選挙過程の動向
 4.ルフェーブル政権 
  4-1 「労働主義」的協調
  4-2 言語諸政策の過程とカトリックの動態
  (1)言語境界線の確定
  (2)ブリュッセル首都圏をめぐる問題
  (3)議員定数是正問題
 5.ルフェーブル政権の政治的エリート間関係
 6.65年選挙
 7.65年選挙における協調的行動の影響
 8.社会党からの離党
 9.小括

第6章 ファンデンボイナンツ政権と政党分裂(1965-1968)
 1.はじめに
 2.65年選挙の帰結――アルメル政権
  2-1 政治的エリート間関係の質的変化
  2-2 カトリックの内的混乱とエリートの枯渇
 3.ファンデンボイナンツ政権
  3-1 「反エリート」のエリート
  3-2 ファンデンボイナンツ政権の成立
 4.ルーヴァン大学紛争の歴史的経緯
 5.政治的エリート間関係とルーヴァン大学紛争
  5-1 予算案をめぐる混乱――「ワンマン」への批判
  5-2 「凍結」への固執の影響
  5-3 政権の崩壊
 6.小括
 7.68年選挙――分裂の確認
 8.第4次エイスケンス政権の成立

第7章 政治的エリートの行動変化
 1.はじめに
 2.協調的行動の影響
 3.理論的考察――構造か、主体か
  (1)党構造
  (2)状況
  (3)主体の属性
 4.小括

終わりに――統一ベルギーの終焉か?
 1 BHV問題149
 2 フランデレンとワロンの経済格差の拡大
 3 2007年総選挙結果

【注】
【参考文献】
【付録】

 あとがき
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ