ホーム > 終わりなき戦後を問う
終わりなき戦後を問う
本体2,800円+税
ISBN 9784750332307
判型・ページ数 4-6・272ページ
出版年月日 2010/07/10

終わりなき戦後を問う

日本は、王国なのか共和国なのか。憲法は国家の性格を明示していない。日本の敗戦によってもたらされた大日本帝国の終焉は、国民による主体的な新しい体制の選択につながっているのか。「戦後を終わらせない」とする思想課題から現代日本を批判的にとらえ直す。

I 思想問題としての戦後
 思想問題としての戦後
 戦後社会の変化を考える――変化を自覚化するために
 「戦後」は終わらせない――「戦後」の再定義をめぐって
 なぜ亡霊は何度も出現するか
 戦後五〇年目の年
 戦後五〇年に問われるもの
 戦争は語られたか

II 戦後日本の政治と社会
 崩壊した職業倫理
 日本は本当にダメか
 証拠を隠滅する国家
 権力についての三つの話
 国家の時代を考える
 テレビの威力と限界
 現代における反動とは何か
 地方は何故衰退するのか――地方・中央関係の史的考察
 再び核兵器廃絶の声を
 格差社会と政治の可能性
 あいまい国家日本の由来

III 戦後思想家断想
 時代的共通体験について
 現代に丸山真男を読む――理論的思考の復権のために
 八〇年代を挑発する戦後民主主義者――久野収著『戦後民主主義』を読んで
 久野収
 否定形の発想

 あとがき
 初出一覧

同じジャンルの本

このページのトップへ