ホーム > Q&A 大学生のアスペルガー症候群
Q&A 大学生のアスペルガー症候群
本体2,000円+税
ISBN 9784750332109
判型・ページ数 A5・256ページ
出版年月日 2010/06/01

Q&A 大学生のアスペルガー症候群

理解と支援を進めるためのガイドブック

大学生活につまずく学生の中にはアスペルガー症候群と思われる人も多い。困難を抱える学生は問題にどう対処していけばよいのか。また大学教職員は彼らをどう支援していくべきか。学習面から卒後の就労まで、障害特性の理解と支援のポイントを具体的にアドバイス。

 はじめに

I アスペルガー症候群とは?

 1 アスペルガー症候群・発達障害とはどんな問題か
 2 アスペルガー症候群の基本障害――ウィングの三つ組の障害と運動・感覚の特徴
 3 アスペルガー症候群の人の感情の特徴と「心の理論」
 4 アスペルガー症候群の独特な能力
 5 アスペルガー症候群と社会的問題
 6 ADHDとLD

【コラム】
 ・自閉症とアスペルガーの症候群の歴史
 ・アスペルガー症候群は“障害”ではない?
 ・アスペルガー症候群の文明と人類への貢献
 ・アスペルガー症候群とインターネットやゲーム依存
 ・ADHDと「片付けられない女たち」
 ・ADHDと虐待の関係
 ・ディスレキシアの有名人と映画・小説

II 大学での問題――アスペルガー症候群の本人と家族のために

 1 大学進学前に考えるべきこと――すでにアスペルガー症候群とわかっている方へ
 2 大学生活――学業上の問題に対処する
 3 日常生活と友人関係

III 大学での支援

 1 大学でどのような支援を行うか
 2 大学での支援の原則と手順
 3 一般教職員の対応
 4 相談の専門家による面接での対応――学生相談室やカウンセリングセンターで
 5 保健管理センターや健康管理室での対応

【コラム】
 ・受容的アプローチと指示的アプローチの両立
 ・相談室での支援の最後にあえて一言――無理をしないように!

IV 医療機関での対応

 1 教育と医療の役割分担――学外医療機関での受診を勧める前に
 2 医療機関での診断
 3 並存する障害と併発しやすい疾患
 4 薬物療法

V 卒後をふまえて――就労支援

 1 卒業後を考えるための視点
 2 職業選択と就職活動
 3 障害者就労と一般の就労
 4 在学中の就労支援――アルバイト・勤労奨学生・インターンシップ

【コラム】
 ・就労支援の最後に一言

VI 社会人への支援

 1 アスペルガー症候群の人を雇用する
 2 社会人への支援と対応の実際
 3 結婚と高齢になってからの問題

【コラム】
 ・アスペルガー症候群の人は、長い時間がたてば「心の理論」を獲得するか?

 参考文献と映画,ホームページなど
 おわりに

同じジャンルの本

このページのトップへ