ホーム > 地球経済の新しい教科書
地球経済の新しい教科書
本体2,000円+税
ISBN 9784750332031
判型・ページ数 4-6・304ページ
出版年月日 2010/06/01

地球経済の新しい教科書

金・モノ・情報の世界とわたりあう作法

世界同時性と緊密な相互依存の強まる国際社会の中で、一国や地域単位の発想によって経済の閉塞感を打破することは難しい。資源、環境、貧困などの難問を「地球経済」という視点からとらえ直し、解決への突破口を切り開き、新しい価値観に導く50の経済講義。

 はじめに

第1部 地球経済の現状と課題群

第1講 のび太とジャイアンの関係から考える――新自由主義とパックスアメリカーナ
第2講 協力するべきか裏切るべきか、それが問題――WTOと「囚人のジレンマ」
第3講 本当に自由?――自由貿易協定の正しい見方とは
第4講 姿はないのに価値がある?――地球経済のサービス化
第5講 1秒で世界何周?――「ニューエコノミー」のIT産業と地球経済
第6講 このまま掘り進めると……――天然資源の議論は枯渇せずますます盛んに
第7講 Think Globally Act Locally!――地球環境と経済開発の切っても切れない関係
第8講 「油を売る」と儲かるか――オイルマネーをめぐるグローバルな経済動向
第9講 エンゲル係数の今――食料価格と地球経済
第10講 文明の衝突はなぜ……――テロと貧困の関係
第11講 ミサイル1つはいくら?――「戦争経済」の真のコスト
第12講 「グローバリゼーション反対!」の意味――「ワシントン・コンセンサス」とIMF・世界銀行
第13講 飢餓とは、社会的な災害である――アマルティア・センの開発経済学
第14講 モノとお金のどちらが主役?――産業経済と金融経済
第15講 バブルの正体は、正体がないこと?――地球的金融ショックについて
第16講 現代の錬金術?――金融工学と人の性

第2部 地域ごとに見る地球経済

第17講 発明も発展も実は99%の汗?――世界銀行『東アジアの奇跡』とアジアのこれから
第18講 パパ、どうすればお小遣いは増えるの?――日本経済の疲れた現状
第19講 初めからあきらめるから、何も変わらないのか――ミュルダール著『アジアのドラマ』と発展途上国
第20講 紙を発明した国の現在は……――経済成長の中国は虚像?巨象?
第21講 インダス文明の現在は……――インド経済の多様な姿
第22講 産業革命発祥の地の今――ヨーロッパ経済の「哲学」
第23講 多極化と無極化の中で――アメリカ経済の展望
第24講 アメリカから近くて遠い場所――中南米の危機とチャンス
第25講 世界を4種類の国に分けると……――アルゼンチン経済に見る地球経済の縮図
第26講 石油経済はいつまで――中東との共存共栄の課題
第27講 資源で浮かぶ国と海に沈む国と……――太平洋諸国の豊かさと試練
第28講 スタートラインに立つ……――アフリカ経済の未来
第29講 計画経済の新たなあり方を求めて――ロシア・東欧の内実と潜在力
第30講 シルクロードの今――中央アジアの「周辺」的実態

第3部 地球経済の今後を考える

第31講 「人」+「魚」=「人魚」!――シュンペーターの「イノヴェーション」と地球経済
第32講 冷戦が終わって見えてきたもの――資本主義の多様性
第33講 「わたし」と「お上」と「公共」と――国際公共性の哲学を実践へ
第34講 民主主義は工場の門までか?――「効率」と「公正」と地球経済
第35講 もう一つの地球はありませんか――オールタナティブ・エコノミーの可能性
第36講 フェアプレイはスポーツだけでないはず――フェアトレードの意味するもの
第37講 「時間どろぼう」はどこへ――ミヒャエル・エンデ『モモ』と資本主義的地球の行方
第38講 一切れのパンでも平和なら――経済成長とは、豊かさとは
第39講 世界の0.2%の人口で大活躍――ユダヤ人から学ぶ「凄み」
第40講 クラブかレストランか――「アジア太平洋共同体」の可能性
第41講 ふるさとはA村、B国、そして地球――地球人としてのグローナカルな視点を
第42講 無重力空間では仲良く――宇宙開発の無限の可能性

第4部 地球経済の仕組みと新たな枠組み

第43講 生産、分配、支出、生産、分配……のサイクル――経済活動と分業の役割
第44講 「集積」と「分散」がキーワード――貿易による国際的分業のこれから
第45講 クルマをあげるからクルマをください?――産業内貿易とその可能性
第46講 4つを足すとゼロに――国際収支で地球経済を考えよう
第47講 宇宙を貫く経済法則とは――比較優位と貿易の地球経済
第48講 「メイド・イン・チャイナ」でも「メイド・バイ・ジャパン」?――海外直接投資とそのワケ
第49講 「お金」で「お金」を買うなんて――外国為替のシステムを考える
第50講 なぜ東京のような巨大都市は出現するのか――空間経済学と地球経済のこれから

 おわりに――ブレイクスルーのために

 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ