ホーム > 西欧の眼に映ったアフリカ
西欧の眼に映ったアフリカ
本体3,000円+税
ISBN 9784750390413
判型・ページ数 4-6・266ページ
出版年月日 2008/11/01

西欧の眼に映ったアフリカ 【オンデマンド版】

黒人差別のイデオロギー

西欧社会はどのようにして“野蛮”を作り上げ“文明”を絶対的価値として導入したか。近代ヨーロッパのアフリカ観を分析する中から、優越意識の醸成と差別イデオロギーの形成の過程を詳細に追う。

第1章 前近代の人々が抱いたアフリカ像
第2章 ヨーロッパ近代人の多様な野蛮観
第3章 宣教師と探検家の役割
第4章 社会進化論者のアフリカ観
第5章 アフリカ社会への理解者
第6章 「野蛮」の創造と「文明」の発見
第7章 万国博覧会と「帝国意識」
第8章 日本人のアフリカ観―明治維新から第二次世界大戦期まで

同じジャンルの本

このページのトップへ