ホーム > 国際化のなかの移民政策の課題
国際化のなかの移民政策の課題
本体4,000円+税
ISBN 9784750390260
判型・ページ数 4-6・362ページ
出版年月日 2007/09/01

国際化のなかの移民政策の課題 【オンデマンド版】

労働移民と留学生・難民・日系人などの非労働移民の現状および外国人犯罪の実態とマスメディアの動向を明らかにしながら、望ましい移民政策を検討する。
刊行の趣旨
はじめに

第1章 グローバル化時代の移民政策[駒井洋]
 1 移民政策論争の再燃
 2 移民流入史が語るもの
 3 定住化の進展と社会的緊張の相対的不在
 4 少子高齢化対策としての移民導入の非現実性
 5 外国人労働者を導入すべきか
 6 移民受け入れ体制の整備

第2章 外国人IT労働者の受け入れと情報産業[上林千恵子]
 はじめに
 1 外国人IT労働者受け入れ政策浮上の背景
 2 日本の外国人技術者受け入れの現状
 3 情報産業の実態と外国人IT労働者
 4 情報産業における外国人IT労働者の役割
 5 諸外国の外国人IT労働者受け入れの現状
 おわりに

第3章 外国人研修・技能実習制度の構造と機能[佐野哲]
 1 「あくまでも技術移転システムか、やはり労働力需給システムか」
 2 制度の現状
 3 制度の構造と機能
 4 まとめと課題

第4章 「定住化」と「共生」をめぐる課題―ラテンアメリカ出身日系人[江成幸]
 はじめに
 1 日本在住の人口
 2 就労状況
 3 揺れる定住化
 4 日系人コミュニティ
 5 集住地域における日本人とのかかわり
 6 子どもたちの教育とアイデンティテイ
 おわりに

第5章 日本の留学生政策[栖原曉]
 1 「留学生十万人計画」の推進とその頓挫
 2 留学生政策の新展開
 3 コミュニティにおける留学生受け入れ

第6章 日本の難民受け入れ―その経緯と展望[石川えり]
 1 世界的な難民の状況と難民の定義
 2 日本の難民受け入れ制度概要
 3 受け入れ実績概観
 4 他国との比較
 5 難民を受け入れる社会への展望と課題

第7章「偽装日系中国人事件」とは何か―中国帰国者援護政策と入管法の交錯点[蘭信三]
 1 中国「残留」という歴史
 2 中国帰国者の帰国をめぐる事情
 3 「偽装日系中国人事件」とは何か
 4 中国帰国者にとっての「偽装事件」の意味
 5 結びにかえて

第8章 外国人犯罪の長期的動向と最近の傾向[橋本光平]
 はじめに
 1 既存の研究成果の検討
 2 外国人労働者に対する国民の意識
 3 マクロ的分析
 4 近年の入国者の特色及び犯罪傾向
 5 韓国・北朝鮮出身者による犯罪傾向の 検証
 6 エスニック・コミュニティの定着度と犯罪率の関係
 7 残留者数と犯罪率の関係
 8 推定犯罪率の傾向
 9 調査結果のまとめ
 10 結び

第9章 マス・メディアの動向[永峰好美]
 はじめに
 1 マス情報と「外国人」のイメージ
 2 石原都知事の「三国人」発言を巡って
 3 日本社会と「外国人」差別
 4 多文化共生社会に向けて

索引

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ