ホーム > ニューカマーと教育
ニューカマーと教育
本体3,500円+税
ISBN 9784750390239
判型・ページ数 4-6・416ページ
出版年月日 2006/04/01

ニューカマーと教育 【オンデマンド版】

学校文化とエスニシティの葛藤をめぐって

さまざまな理由により外国人が急増している。南米からの“デカセギ”労働者、インドシナからの難民、韓国からの“上昇志向家庭”など、新しい外来者のどもたちの教育現場での問題点、家庭意識等を、フィールド・ワークによって詳細に調査・報告する。
はしがき
序章 問題としてのニューカマー
第1部 学校文化とニューカマーの子どもたち
 第1章 見えない外国人
  ――小学校の参与観察から
 第2章 「創造的適応」の可能性とジレンマ
  ――日系ブラジル人が生きる学校世界
 第3章 家族関係と学校適応
  ――インドシナ難民を事例として
第2部 ニューカマー家庭の教育戦略
 第4章 家族の物語と教育戦略
  ――三つのグループの比較から
 第5章 出稼ぎと永住のはざまで
  ――日系ブラジル人の教育戦略
 第6章 「再生産」と「文化的生産」の間で
  ――インドシナ難民の教育戦略
 終章 われわれの調査から見えてきたこと
  ――実践への提言
おわりに
参考文献/付録

同じジャンルの本

このページのトップへ