ホーム > フランスの移民と学校教育
フランスの移民と学校教育
本体6,000円+税
ISBN 9784750390208
判型・ページ数 A5・298ページ
出版年月日 2006/02/01

フランスの移民と学校教育 【オンデマンド版】

外国人を受け入れながらも、国家としての統一性を保つため多文化主義とは異なる方法で異文化に対応した政策を分析し、同化であれ異文化尊重であれ、異質性に注目することに含まれる問題性を指摘し、生活者としての子どもに配慮した政策の必要性を提示。
はじめに
序章 問題の所在と研究課題
第一章 フランスの移民問題
 移民の特徴/移民の子どもをめぐる問題
第二章 学校教育における同化と異文化尊重の共存
 フランス語の習得/出身言語・文化教育/七八年七月二五日付通達/フランス文化の相対化
第三草 移民的要素の稀薄化
 特別学級の位置づけの変化/移民担当教員のための研修機関の変容/「恵まれない」環境への注目の意義と問題性/ジョスパン法の異文化対応
第四章 市民による社会統合
 イスラムのスカーフ問題への対応/統合高等審議会報告書/市民性獲得の教育/統合政策の問題点
第五章 学校時間調整政策の展開過程
 リズム研究/学校週四日制の実験/生活リズムヘの注目/リズム政策と移民の子とも
終章 まとめと問題点

同じジャンルの本

このページのトップへ