ホーム > 新たな家庭・SOS子どもの村
新たな家庭・SOS子どもの村
本体2,200円+税
ISBN 9784750331799
判型・ページ数 4-6・330ページ
出版年月日 2010/04/01

新たな家庭・SOS子どもの村

国際NGO・SOSキンダードルフに基づく里親コミュニティ

金子 龍太郎 著・訳
中島 賢介 著・訳
世界132の国・地域に491の子どもの村を展開する民間の児童支援組織(NGO:本部オーストリア)が運営する「SOS子どもの村」が、2010年4月、いよいよ福岡に開設される。その理念と各国での取り組みを紹介し、新たな家庭養護の可能性を探る。
はじめに

第1章 SOSキンダードルフ(子どもの村)の紹介
 第1節 SOS子どもの村の概要
 第2節 家庭教育に基づく児童福祉
 第3節 子どもの村の中心「おかあさん」
 第4節 子どもの村と愛着理論
 第5節 総合的な支援体制
 第6節 児童福祉を超えた人間福祉
 第7節 近年の動向

第2章 SOS子どもの村の変遷――村長を務めたハイダー氏の回顧録
 第1節 創設者ヘルマン・グマイナーの人生と業績
 第2節 子どもの村の理念の実現
 第3節 初期の村で過ごした住民たちの思い出
 第4節 個人的な回顧録

第3章 「おかあさん」が語る人生物語
 第1節 ヴァルトラウト・ナギッラー(オーストリア)
 第2節 パトリシア・ゴファール(フランス)
 第3節 ド・グェン・ティー(ベトナム)
 第4節 ナンシー・ギチェル(ケニア)

第4章 新たな家庭の意義と可能性
 第1節 家庭養護の推進のために
 第2節 SOS子どもの村との出会いから20年を経て

 あとがき
 引用・参考文献

このページのトップへ