ホーム > 中韓国交正常化と東アジア国際政治の変容
中韓国交正常化と東アジア国際政治の変容
本体5,800円+税
ISBN 9784750331652
判型・ページ数 A5・312ページ
出版年月日 2010/03/01

中韓国交正常化と東アジア国際政治の変容

なぜ中国と韓国は既存の外交システムを崩し、国交を正常化したのか。北朝鮮と台湾の問題はどう決着をつけたのか。またそれは冷戦終焉の産物といえるのか。一次資料に基づき1992年の中韓国交正常化を歴史的に解明、中韓関係の新たな解釈を提示する。
序章
 第1節 問題提起と本書の目的
  1.問題提起
  2.本書の目的
 第2節 先行研究
 第3節 資料及び本書の構成
  1.本書における資料
  2.本書の構成

第1章 中韓関係の歴史的考察
 第1節 中国の朝鮮半島観
 第2節 国際情勢変化と中韓関係の変化
 第3節 中韓接触の始まり
 第4節 中国と韓国の交流の展開
  1.関係の進展
  2.中韓経済関係の解説

第2章 韓国の北方政策の台頭と展開
 第1節 北方政策の意味と背景
  1.北方政策の概念と目的
  2.北方政策の背景
 第2節 北方政策の推進
  1.北方政策の選択との関連構造
  2.北方政策の執行組織
 第3節 北方政策の展開
  1.第一期(1988年─1989年)─社会主義圏国家との国交正常化─
  2.第二期(1990年─1991年)─ソ連との国交正常化─
  3.第三期(1992年)─南北基本合意書と対中国交正常化─
  4.北朝鮮の孤立

第3章 中韓国交正常化交渉過程 I ――貿易代表部開設から南北国連同時加盟まで
 第1節 貿易代表部相互開設
  1.中韓ホットライン設置と貿易代表部設置の提案
  2.非公式ルートの役割
  3.貿易事務所開設
  4.江沢民の北朝鮮訪問
  5.中国外交部副部長の初訪韓
 第2節 南北国連同時加盟
  1.韓国の国連単独加盟努力
  2.韓国政府の政策転換と南北国連同時加盟の推進
  3.南北国連同時加盟と中国
  4.金日成の訪中
 第3節 国連加盟後の初中韓外務長官会談
  1.中韓外務長官会談の推進
  2.国連安保理小会議室での会談
 第4節 APEC閣僚会議と銭其の初訪韓
  1.銭其外交部長の盧泰愚大統領面談
  2.第2次中韓外務長官会談―ソウル―
  3.米・中外務長官会談―北京―
 第5節 中韓国交正常化への進展
  1.盧泰愚大統領の年頭指示
  2.李時栄大使の北京訪問
  3.銭其外交部長の記者会見
  4.李相玉長官の北京訪問準備

第4章 中韓国交正常化交渉過程II――予備会談から共同声明発表まで
 第1節 ESCAP総会と李相玉長官の北京訪問
  1.3回目の中韓外務長官会談
  2.銭其―李相玉の単独会談の内容
 第2節 3回の予備会談と本会談
  1.交渉代表団の構成
  2.第1次予備会談
  3.第2次予備会談
  4.第3次予備会談
  5.本会談と共同声明の準署名
 第3節 中国の対北朝鮮通報
  1.中朝間の指導者の相互訪問
  2.楊尚昆国家主席の韓国側への事前通報と訪朝
  3.銭其外交部長の平壌訪問と説得
 第4節 李相玉外務長官の北京訪問と会談
  1.2度目の訪中
  2.中韓外務長官会談
 第5節 共同声明に署名
  1.正式署名
  2.盧泰愚大統領の談話文発表
  3.李鵬総理と楊尚昆国家主席と接見
  4.韓国記者団との懇談会
  5.大使館開設と大使任命と帰国
 第6節 盧泰愚大統領の北京公式訪問
  1.楊尚昆国家主席との会談
  2.李鵬総理と接見
  3.江沢民党総書記との会談
  4.共同マスコミ発表文
  5.青瓦台の国務会議
 第7節 中国の朝鮮戦争参戦問題論議
  1.張庭延大使発言問題
  2.韓国内の反応

第5章 韓台断交
 第1節 韓台関係の歴史的考察
 第2節 韓国の台湾問題処理過程
  1.台湾の柔軟外交
  2.金樹基大使の外交活動
  3.APEC会議中の簫萬長経済部長と会談
  4.中韓国交正常化の進展と台湾側の反応
  5.金鍾仁首席と閔寛植特使の台北訪問
  6.韓国内の世論―対中借款説などの真相―
  7.蒋彦士総統特使の訪韓
 第3節 台湾側への通報と反発
  1.特使派遣問題と第1次通報
  2.第2次通報
  3.台湾側の断交宣言と報復措置
 第4節 国交断絶と財産権問題
  1.ソウルから消えた「青天白日旗」
  2.在ソウル大使館の土地処理動向
  3.中韓国交正常化の日付決定と台湾財産処理との関係
  4.陳謝使節団の派遣
  5.台湾側との会談
 第5節 台湾問題処理方式の比較
  1.日本
  2.韓国
  3.他国
 第6節 航空運航再開の問
  1.韓国と台湾の主張
  2.復航交渉と政治過程

第6章 中韓国交正常化と東北アジアの変容
 第1節 肯定的側面
  1.南北高位会談と南北基本合意書
  2.南北経済協力の進展
  3.韓国外交の成長
 第2節 否定的側面
  1.北朝鮮体制の動揺と孤立
  2.中朝関係の変化
  3.北朝鮮の経済難と中国の援助
  4.北朝鮮「核問題」の台頭と展開
 第3節 東北アジアの変化
  1.新しい中朝関係の構築
  2.日朝交渉
  3.北朝鮮核問題をめぐる協力体制
  4.東北アジア共同体

第7章 東アジア地域主義とその展開
 第1節 東アジア地域主義の台頭
  1.東アジアの位置付けとアイデンティティ
 第2節 東アジア地域協力の展開過程
  1.ASEAN+3首脳会議
  2.中国・日本・韓国の3ヵ国首脳会議
  3.東アジア・ビジョン・グループ
  4.東アジア研究グループ
  5.東アジア首脳会議
 第3節 東アジア地域主義の課題
  1.地域内自由貿易地帯の結成
  2.地域内の金融協力機構の設立
  3.主要な争点

終章
 1.中韓関係の展開と北方政策
 2.中韓国交正常化交渉過程
 3.中韓国交正常化の影響と再解釈
 4.中韓国交正常化の評価

 あとがき
 参考文献

同じジャンルの本

このページのトップへ