ホーム > 平壌三中 学窓の追遠史
平壌三中 学窓の追遠史
本体2,500円+税
ISBN 9784750331300
判型・ページ数 4-6・248ページ
出版年月日 2010/01/01

平壌三中 学窓の追遠史

朝鮮植民地時代末期の中学校の教育記録

学校教育の現場に対する支配・介入が極限まで達した植民地末期の平壌の中学校で、どのような教育が実践されていたのか。皇民化政策の現場の実態を当事者たちが記録する。そして、解放後、一転して共産化の拠点として中学校はどのように変質していったのか。
平壌第三公立中学校史日本語版発刊に際して
 刊行の辞
 プロローグ

第一章 建学期の平三中
 一、建学期の時代背景
 二、神社参拝と崇実学校
 三、「平三中」建学の陣痛
 四、開校された新設の「平三中」

第二章 成長期の平三中
 一、成長期の時代背景
 二、新陽里キャンパスの平三中
 三、栗里キャンパスの平三中

第三章 苦難期の平三中
 一、苦難期の時代背景
 二、第四次朝鮮教育令下の平三中
 三、苦難期の教育課程
 四、苦難期の教師と学生
 五、強化される軍事教育と勤労動員
 六、卒業後の進路問題とその隘路
 七、第二次世界大戦最後の年の苦難
 八、「解放」をむかえた平三中


第四章 終焉期の平三中
 一、終焉期の時代背景
 二、平三中の教育の復活
 三、共産教育の強化と学生の抵抗
 四、平壌第三公立中学校の終焉

 エピローグ
 地図

同じジャンルの本

このページのトップへ