ホーム > 開発と先住民
開発と先住民
本体6,400円+税
ISBN 9784750330907
判型・ページ数 A5・368ページ
出版年月日 2009/11/01

開発と先住民

経済のグローバル化が進むなかで、世界各地の先住民はどのような道を歩んでいこうとしているのか。アジア、アフリカ、北・南米、大洋州の14の先住民の社会経済開発とのかかわり方の事例を紹介し、それに対して文化人類学の果たす役割は何かを考察する。

国立民族学博物館「機関研究」の成果刊行について(須藤健一)

第1章 総論――開発と先住民(岸上伸啓)
 1 はじめに
 2 開発と実践人類学
 3 世界システムと先住民
 4 先住民の開発へのかかわり方と人類学研究
 5 本書の構成と内容
 6 開発と先住民について

第2章 ロシア・西シベリアにおける石油・天然ガス開発とトナカイ牧畜民(吉田睦)
 1 ロシアにおける石油・天然ガス開発と先住民族
 2 開発とトナカイ牧畜民――先住民族ネネツの実態
 3 開発と先住民族、共存への歩み――起業と法的文化的環境保護への試み
 4 結論

第3章 カムチャツカにおける先住民族と開発――社会主義経済とトナカイ遊牧(渡部裕)
 1 はじめに
 2 カムチャツカの概要
 3 伝統的トナカイ利用の特徴
 4 社会主義経済導入とトナカイ遊牧
 5 ソホーズ化と先住民社会――トナカイ遊牧は発展したか
 6 結びにかえて――トナカイ遊牧産業のゆくえ

第4章 極東ロシア南部における森林開発と先住民族――沿海地方のウデヘの事例から(佐々木史郎)
 1 はじめに
 2 ウデヘと移民
 3 ロシア、ソ連の経済開発政策とウデヘ
 4 森林資源開発とウデヘ
 5 結論

第5章 モンゴル国におけるトナカイ牧畜の開発と現在(中田篤)
 1 「ツァータン」の成立と社会主義下のトナカイ牧畜
 2 モンゴルの民主化とトナカイ牧畜
 3 トナカイ私有化後のツァータンの経済状況と援助活動
 4 今後の課題

第6章 定住モンゴル牧畜民の砂漠化対策――中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗の事例から(児玉香菜子)
 1 中国の「砂漠化」と環境政策
 2 退牧還草政策における「砂漠化」とその対策
 3 モンゴル牧畜民の砂漠化への対策
 4 定住モンゴル牧畜民の干ばつ対策
 5 退牧還草政策アセスメント

第7章 沙流川流域を変えた二つのダム建設(貝澤耕一/岩崎まさみ)
 1 はじめに
 2 沙流川とアイヌ民族
 3 一九七〇年代の沙流川流域整備計画と二風谷ダム建設
 4 平取ダム建設計画
 5 二つのダムは沙流川流域に住むアイヌ民族に何をもたらしたのか

第8章 「自然環境の守り人」としてのマオリ――遺伝子組み換え問題を事例に(深山直子)
 1 はじめに――マオリ社会と「開発」概念
 2 ワイタンギ審判所におけるマオリ環境思想の再編
 3 遺伝子組み換え問題とマオリ社会
 4 おわりに

第9章 タイにおける開発の進展と僧侶による水平的なつながりの構築――「北タイ・コミュニティ開発僧ネットワーク」を事例として(岡部真由美)
 1 はじめに
 2 タイにおける開発の進展と仏教のかかわり
 3 「北タイ・コミュニティ開発僧ネットワーク」の結成と活動内容
 4 ネットワーク活動にみる僧侶の水平的なつながり
 5 おわりに

第10章 開発政策によるサンの集住化と脱狩猟採集民化――経済格差と食物分配に注目して(丸山淳子)
 1 サンをめぐる「開発」と「先住民」
 2 ボツワナにおける開発政策とセトルメント・スキーム
 3 「定住化時代」と「再定住時代」に生じた経済格差
 4 誰と分配し合うのか?――コエンシャケネにおける食物分配
 5 おわりに

第11章 アフリカ熱帯雨林の開発と周縁化される狩猟採集民(林耕次)
 1 はじめに
 2 アフリカ熱帯地域における「開発」
 3 ピグミー系狩猟採集民バカとおもな生業活動
 4 カメルーン南東部N地区における「開発」とバカ・ピグミー
 5 カカオ産業と雇用をめぐる最近の動向
 6 おわりに

第12章 ガイアナ先住民のエンパワメントと持続可能な開発――イウォクラマ・プロジェクトを中心に(柴田佳子)
 1 カリブ海地域の開発と先住民
 2 ガイアナの先住民と開発による変化
 3 先住民の権利保護の概略
 4 イウォクラマ・プロジェクトと先住民
 5 プロジェクトの先住民関連の特徴的内容と土地権合意
 6 NRDDB――先住民の主体的活動と組織化
 7 誰のエンパワメントか

第13章 アラスカ先住民と石油開発(井上敏昭)
 1 はじめに
 2 アラスカにおける石油開発、環境保全活動と先住民政策
 3 一〇〇二地区での石油開発に対する先住民社会の対応
 4 交差する開発への賛否
 5 自らの将来を自ら決める権利

第14章 カナダにおける都市イヌイットの社会経済開発――ホームレス問題を中心に(岸上伸啓)
 1 はじめに
 2 都市イヌイットの現状
 3 都市イヌイット社会における社会経済問題とホームレス
 4 先住民センターとモントリオール・イヌイット協会の援助活動
 5 おわりに

 あとがき

 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ