ホーム > 日本の寡婦・やもめ・後家・未亡人
日本の寡婦・やもめ・後家・未亡人
本体3,800円+税
ISBN 9784750330846
判型・ページ数 4-6・288ページ
出版年月日 2009/11/01

日本の寡婦・やもめ・後家・未亡人

ジェンダーの文化人類学

アメリカ出身の女性研究者が、「寡婦」として括られてきた、夫を亡くした日本の女性たち58人のインタビュー調査の結果をもとに、包括的に分析した研究成果。日本における「寡婦」像を、国家、家族、そしてジェンダーという社会関係のなかでとらえていく。

 謝辞

序章 なぜ寡婦か
 ・研究方法と枠組み
 ・本書の構成

第1章 文化横断的・歴史的視点:共通基盤の探求
 ・人類学的研究における死、ジェンダー、寡婦
 ・グローバル視点からみた寡婦の役割
 ・東アジアの寡婦――中国と韓国・朝鮮
 ・結論

第2章 寡婦、やもめ、後家、未亡人の歴史――日本
 ・家父長的家族制度の形成――歴史的・言語的影響――平安から江戸時代
 ・制度化された不平等と“未亡人”の構築:明治・大正・昭和時代
 ・結論 寡婦たちの社会的地位と役割の歴史的変容

第3章 戦争未亡人:貧困、行動、アイデンティティ
 ・“亡くなった兵士の心の妻”
 ・反撃:未亡人と子どもたち――葦のようにたくましく
 ・戦争未亡人たちのイメージの変容
 ・あの人は帰ってこなかった:貧困にあった農村の女性たち
 ・逆縁婚(レヴィレート婚)
 ・経済的・社会的現実
 ・結論

第4章 生と死の交錯する場:儀礼と儀式のエスノグラフィ
 ・もう一つの見方:儀式と通過儀礼における寡婦の役割
 ・法事における女性の参加のエスノグラフィ
 ・正餐、贈与交換、掃除
 ・地位を通じた抵抗と儀礼化された儀式
 ・結論:儀式へのエピローグ

第5章 現代の寡婦たち――貧困のなかの生活
 ・仕事とサバイバル
 ・貧困――福祉援助(生活保護)
 ・自然なケア提供者?
 ・ミドルクラスの寡婦
 ・ウイドウ・ウオッチング:懲戒、両性具有、セクシュアリティ
 ・農村における寡婦
 ・結論

第6章 結論:“新しい寡婦たち”――ようやく自由に
 ・結婚と家族の未来への挑戦
 ・貧困にある寡婦たちの未来――女性世帯主の貧困の加速と抵抗

 訳者解説
 引用文献

同じジャンルの本

このページのトップへ