ホーム > 暴力と戦争
暴力と戦争
本体4,800円+税
ISBN 9784750330778
判型・ページ数 A5・324ページ
出版年月日 2009/10/01

暴力と戦争

暴力や戦争を批判的にとらえ、考察していく上で、フェミニズムやジェンダー論のもつ意味は大きい。本巻は、「暴力」の歴史を問い直し、その構造や行使される過程をジェンダーの視点から明らかにすることにより、歴史の新たな側面に光をあてる。

 『ジェンダー史叢書』刊行にあたって
 序論 「暴力とジェンダー」という問題(加藤千香子/細谷実)

第1部 社会秩序と暴力
 第1章 日本中世社会秩序と暴力――武士団とジェンダー(黒田弘子)
 第2章 ヨーロッパ中世都市における暴力(池上俊一)
 第3章 アメリカ史の中のジェンダーと暴力(兼子歩)
 第4章 「女工」言説と国民化・帝国・暴力(長志珠絵)
  ■コラム
   男性と暴力(沼崎一郎)
   国家暴力と映画(佐藤忠男)

第2部 対抗暴力の諸相
 第1章 百姓一揆に見る暴力とジェンダー(アン・ウォルソール/山口=内田雅克[訳])
 第2章 中国における女性兵士(秋山洋子)
 第3章 前線の姉妹兵――イラン女性の回想録から(山岸智子)
 第4章 ラテンアメリカにおける対抗暴力(柴田修子)
  ■コラム
   近代日本の青年のバンカラと暴力性(ジェイソン・G・カーリン)
   黄禍論とジェンダー――柔弱から柔術へ(橋本順光)

第3部 国民国家と戦争
 第1章 日本における徴兵制導入と男性性(細谷実)
 第2章 ドイツにおける戦争とネイション・「人種」――「黒い恥辱」を起点に考える(弓削尚子)
 第3章 女性と総力戦――大日本帝国の女性たち(成田龍一)
 第4章 日本人「慰安婦」をめぐる記憶と言説――沈黙が意味するもの(山下英愛)
 第5章 軍事主義とジェンダー――「ベトナム」以後の米国軍隊と女性兵士(白井洋子)
   ■コラム
   日本兵と男性性(彦坂諦)
   「八紘一宇」とジェンダー(千葉慶)

同じジャンルの本

このページのトップへ