ホーム > 実存的・科学的ソーシャルワーク
実存的・科学的ソーシャルワーク
本体2,800円+税
ISBN 9784750330747
判型・ページ数 A5・224ページ
出版年月日 2009/10/01

実存的・科学的ソーシャルワーク

エコシステム構想にもとづく支援技術

利用者の揺るぎない「実感」を支援へとつなげていくためにはどうすればいいか。ソーシャルワークの科学性とは何か。価値・知識・方法・技法を問い直し、西洋科学の知と臨床の知を統合した支援科学としてのソーシャルワークの可能性とビジョンを示す。
はじめに

I ソーシャルワークの混迷と課題
 1 本書の問題意識
 2 支援技術の「科学化」をめぐる課題
 3 本書の立場
 4 前提とする理論・枠組み
 5 考察の目的、方法

II 価値に根ざした科学的な支援技術
 1 はじめに
 2 知識との整合性
 3 価値との統合性
 4 支援科学としての方法と技法
 5 支援科学における技術の再構成

III ライフモデルと社会福祉基礎構造改革
 1 はじめに
 2 歴史理解と支援科学としてのソーシャルワーク
 3 社会福祉基礎構造改革とソーシャルワーク
 4 わが国のソーシャルワークにおける「医療化」の諸相
 5 ソーシャルワークにおける技術の課題

IV エコシステム構想とHuman Criteria
 1 はじめに
 2 ストレングス視座とパワーモデル
 3 ソーシャルワークにおけるパワーモデルとHuman Criteria
 4 Human Criteriaの諸相
 5 認知とエコシステム構想

V 支援科学としての具体的な技術
 1 はじめに
 2 利用者
 3 支援者
 4 支援関係
 5 まとめと課題

VI 実践事例の検討
 1 べてるの家における支援技術の特徴
 2 エコシステム構想とべてるの家における支援技術
 3 諏訪中央病院における支援技術の特徴
 4 エコシステム構想と諏訪中央病院における支援技術
 5 考察

VII 利用者の実存性を尊重した技術論の課題と展望
 1 ソーシャルワークの支援技術における課題
 2 エコシステム構想における支援技術とその展開
 3 技術研究の課題
 4 チャレンジング・アプローチの意義と展望
 5 揺らぐものと揺るがないもの

 おわりに

 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ