ホーム > 現代の理論 09夏号[Vol.20]
現代の理論 09夏号[Vol.20]
本体1,143円+税
ISBN 9784750330167
判型・ページ数 A5・224ページ
出版年月日 2009/07/01

現代の理論 09夏号[Vol.20]

転換点に立つ世界

一方に、北朝鮮の新たな核実験、出口の見えないパレスチナ情勢…。他方に、米国大統領の核兵器削減に向けた取り組み、拡大する日韓の市民交流…。不安と期待が綯い交ぜになりつつ流動化する世界。絶望をこえ、新しい交流と秩序を打ち立てる道はどこにあるか。

 特集のことば

特集○転換点に立つ世界
 歴史の転換点に立つ東アジア(池明観:元韓国翰林大学教授)
 アメリカ金融危機と資本主義の救済(小野塚佳光:同志社大学教授)
 「使えない兵器」かた「使わない兵器」へ(金子敦郎:国際問題ジャーナリスト)
 新国際無秩序の中のロシア(下斗米伸夫:法政大学教授)
 大競争時代に生き残るのはどこか(伊藤英一:共同通信ロンドン支局長)
 中国の輸出依存度再論(叶芳和:帝京平成大学教授)
 ラテンアメリカの現状と国際政治(松下冽:立命館大学教授)
 インドの「万人のための経済成長」をみる(近藤正規:国際基督教大学上級准教授)
 21世紀型「世界大失業」の時代(小林良暢:グローバル総研所長)

[世界の定点観測]カンボジアから
  開発の光と影(上村未来:カンボジア市民フォーラム)
[メディア時評]ついに野に下るか自民党(喜多村俊樹:ジャーナリスト)
[文化時評]生誕一〇〇年の作家たち、その他(陣野俊文:批評家)
[現代と思想家]思想からみたマルクス(的場昭弘:神奈川大学教授)
[思うがままに]忘れがたきひと4 外柔内剛の人 大森誠人さん(小野寺康雄:本誌編集委員)
[発信]武庫川ユニオンの到達点と展望(小西純一郎:武庫川ユニオン書記長)
[この一冊]
  『スウェーデンの政治』岡澤憲芙著(藪長千乃:文京学院大学准教授)
  『政治的なものについて』シャンタル・ムフ著(松田博:立命館大学教員)

民主党はこのように政治を変える(福山哲郎:民主党政調会長代理)
セーフティーネットを強化し社会的配分を変える(阿部知子:社会民主党政審会長)

年越し派遣村が可視化したもの(東海林智:毎日新聞社会部)
雇用ポートフォリオ・システム改革の視点(仁田道夫:東大社会科学研究所教授)
反貧困運動をどう見るか(ダヴィド=アントアヌ・マリナス:東北大助教)
ますます強化される外国人管理(旗手明:自由人権協会)

[連載]労働運動の明日を探る 第二回 非正規雇用と労働組合
  なぜ集団的「労働運動」は成立しないのか(吉岡賢二:地方連合専従オルグ)
  ユニオン運動の可能性と展望を探る(小畑精武:本誌編集委員)

 09秋(VOL.21)予告
 編集後記

このページのトップへ