ホーム > 障害学研究5
障害学研究5
本体2,400円+税
ISBN 9784750330143
判型・ページ数 A5・260ページ
出版年月日 2009/07/01

障害学研究5

障害者の所得保障をどう考えるか、「すべての人に対する基礎年金」ベーシックインカムは答になるのか。障害学とろう者学(デフスタディーズ)の対話は可能か。以上の特集2つに、気鋭の論考4編、エッセイ4編等から構成。障害学の新境地。

特集 I 障害と分配的正義――ベーシック・インカムは答になるか?
【シンポジウム――障害学会第4回大会から】
 「生きていることは労働だ」――運動の中のベーシック・インカムと「青い芝」(山森亮)
 「すべての人に対する基礎年金」としてのベーシック・インカム(岡部耕典)
 価値判断と政策――倫理と経済のダイアローグ(野崎泰伸)
 障害者の地域生活と所得保障のあり方(三澤了)
 討論

特集 II 障害学とろう者学の対話は可能か?
【シンポジウム――障害学会第4回大会から】
 障害学とろう者学をつなぐ立場から(カレン・ナカムラ)
 ろう者学・聾史学の立場から(桜井強)
 ろう者学にとって「障害学」は必要なのか?――障害学の立場から(星加良司)
 討論

論文
 贈与を要求する――公的介護保障要求運動とはなにか(深田耕一郎)
 文学で読む「青い芝」――文学研究と障害学の交点(荒井裕樹)
 知的障害者による施設入所・地域移行の経験(鈴木良)
 「障害者」の無力化に規範が及ぼす影響――就労場面を通した分析(青木千帆子・渥美公秀)

エッセイ
 たったふたりの健常学(朝霧裕)
 「インクルーシブ」概念について――インクルーシブデザイン・ワークショップから(太田啓子)
 養護学校の「竜」――子どもの「他者性」をめぐって(今野稔久)
 選別の先にみる排除――特別支援学校におけるスクールバス乗車をめぐって(深谷亜衣)

書評
 杉野昭博著『障害学――理論形成と射程』(河口尚子)

追悼 赤松昭
 赤松昭略歴・業績
 赤松昭の時間(三島亜紀子)
 「谷間」にこだわり続けて
 「谷間」と高次脳機能障害(赤松昭)

  障害学会会則
  『障害学研究』編集規程
  『障害学研究』自由投稿論文・投稿規程
  障害学会第4回大会プログラム

このページのトップへ