ホーム > 移民政策へのアプローチ
移民政策へのアプローチ
本体2,800円+税
ISBN 9784750329994
判型・ページ数 A5・292ページ
出版年月日 2009/07/01

移民政策へのアプローチ

ライフサイクルと多文化共生

「ともに生まれる・ともに子どもを育てる・ともに学ぶ・ともに働く・ともに家庭をつくる・ともに住まう・ともに地域をつくる・ともに祈る・ともに老後を支えあう・ともに弔う」と、ライフサイクルにそって移民政策の基礎を学べるように編集・構成した論集。
はじめに(編著者)

第 I 部 移民政策の地平

第1章 移民政策へのアプローチ――なぜライフサイクルなのか(川村千鶴子)
 (1)移民は多文化の種をまく
 (2)ライフサイクル論の有効性
第2章 移民と移民政策(近藤敦)
 (1)移民とは
 (2)なぜ移民政策なのか?
第3章 人口減少社会と移民(外国人労働者)受け入れ(中本博皓)
 (1)人口減少社会の背景・要因・経済的影響
 (2)移民(外国人労働者)受け入れの影響
 (3)移民(外国人労働者)受け入れの経済効果――その経済学的考え方

第II部 移民の人生――ライフサイクルにそった多文化共生論

第1章 ともに生まれる
 (1)人間の誕生と子どもの権利(川村千鶴子)
 (2)多文化な出産とケア(藤原ゆかり)
 (3)名前の多様性について(荒井幸康)
 (4)国籍と戸籍を考える(早尾貴紀)
 (5)無国籍者とともに生きる(陳天璽)
 (6)見えない人々――世界の無国籍者(滝澤三郎)
  ●COLUMN 難民の子どもたち(石川えり)
第2章 ともに子どもを育てる
 (1)協働する保育者と母親と子どもたち(李◆鉉[◆=土乎])
 (2)バイリンガル教育(藤田ラウンド幸世)
 (3)日本語教育(前田理佳子)
 (4)在日コリアンの民族学校――朝鮮学校を中心に(金東鶴)
 (5)在日ブラジル人学校(柴崎敏男)
  ●COLUMN 1 さまざまな外国人学校(大谷杏)
  ●COLUMN 2 日系人子弟の教育――在日ブラジル人子弟を中心に(森和重)
第3章 ともに学ぶ
 (1)留学生・就学生受け入れ政策の展開(明石純一)
 (2)留学生と大学 増える留学生――経緯と今後の課題(小野正樹)
 (3)異文化適応と留学生(高本香織)
 (4)留学生と地域社会(武田里子)
 (5)留学生と就職(武田里子)
 (6)成人の日本語教育(野山広)
  ●COLUMN 留学生と入管行政(大西広之)
第4章 ともに働く
 (1)在留資格と権利保障(近藤敦)
 (2)公務員という職業を選択する自由(近藤敦)
 (3)外国人はどのように働いているのか(宣元錫)
 (4)日系南米人の雇用と地域社会(小林真生)
 (5)理念との乖離を見せる外国人研修・技能実習制度(小林真生)
  ●COLUMN 外食企業からみた外国人受け入れの現状と課題(高本耕史)
第5章 ともに家庭をつくる
 (1)国際結婚と二言語使用(バイリンガリズム)(藤田ラウンド幸世)
 (2)異文化間恋愛と多文化社会(高本香織)
 (3)在日コリアン同士のお見合い(李仁子)
 (4)日本人男性をパートナーとする移住女性と法制度(徐阿貴)
 (5)グローバル化の下の国際離婚(賽漢卓娜)
第6章 ともに住まう
 (1)外国人の住まいの実情(稲葉佳子)
 (2)ニューカマー・コリアンの定住化(李承◆[=王民])
 (3)それでも在日ブラジル人は「定住化」できるのか?(アンジェロ・イシ)
 (4)インド人ITワーカーの定住化(明石純一)
 (5)隣にあるレイシズム(小林真生)
 (6)難民とともに生きる――難民支援協会の活動を通じて(石川えり)
  ●COLUMN 1 愛知県の多文化ソーシャルワーカー養成講座(石河久美子)
  ●COLUMN 2 東京外国語大学の「多文化社会コーディネーター養成プログラム」(杉澤経子)
第7章 ともに地域をつくる
 (1)多文化都市と自治体行政(渡戸一郎)
 (2)多文化共生推進プラン(渡戸一郎)
 (3)外国人集住都市会議(鈴木江理子)
 (4)CSRと企業の社会貢献活動(柴崎敏男)
 (5)ともにまちをつくるNGO(山本重幸)
 (6)防災・やさしい日本語(前田理佳子)
 (7)社会参加としての地方参政権(近藤敦)
  ●COLUMN JIAM多文化共生関係研修について(志渡澤祥宏)
第8章 ともに祈る
 (1)在日韓国・朝鮮人の信仰と宗教(谷富夫)
 (2)ニューカマー・コリアンとキリスト教会の機能(李承◆[=王民])
 (3)イスラーム教徒の集いとつながり(工藤正子)
 (4)ハラール・フードの展開とイスラーム(渋谷努)
 (5)日本の仏教と移民との関係(小林真生)
第9章 ともに老後を支えあう
 (1)在日コリアンの法的地位と年金問題(近藤敦)
 (2)日本で高齢期を迎えた在日コリアン(李錦純)
 (3)中国帰国者の高齢化(藤田美佳)
 (4)夜間中学で学ぶ外国人(徐阿貴)
 (5)外国人看護師・介護士の受け入れ(宣元錫)
  ●COLUMN 中国帰国者への公的な学習支援体制の変遷――「中国帰国者定着促進センター」を中心に(安場淳)
第10章 ともに弔う
 (1)在日コリアンの墓と死にまつわる儀礼(李仁子)
 (2)日本のイスラーム教徒と死――埋葬問題を中心に(樋口裕二)
 (3)中国人墓地―横浜中華義荘と地蔵王廟(符順和)
 (4)アイヌの人々の先祖供養(関口由彦)
 (5)移民政策につなぐ移民博物館(川村千鶴子)
特別寄稿 オーストラリアの場合
 (1)ジェンダーと第二言語学習―移民女性の仕事(高橋君江)
 (2)英語を通した社会的包摂―言語政策と移民計画(イングリッド・ピラー)
 (3)言語計画と社会的包摂―アフリカ諸言語の「白化」(ベラ・テテェ)
 (4)シティズンシップとアイデンティティ(エミリー・ファレル)

 参考文献
 索引
 執筆者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ