ホーム > ケベックを知るための54章
ケベックを知るための54章
本体2,000円+税
ISBN 9784750329512
判型・ページ数 4-6・392ページ
出版年月日 2009/03/01

ケベックを知るための54章

北米の英語の海に浮かぶフランス語圏、カナダ・ケベック州。その歴史は民族の生き残りをかけた苦難の物語であった。しかし、この厳寒の地には、目を見張るばかりの多様な文化が花開き、世界に多大な影響を与え続けている。ケベックを丸ごと知りたい人に。

 凡例
 まえがき
 ケベックの位置
 ケベック州の基礎データ・ケベックの州旗と紋章

I  自然環境と都市

第1章 地理は歴史の舞台――ケベック文明を支える環境
第2章 モントリオールとケベック市――二都物語

II 歴 史

第3章 最初の“カナダ人”――ヨーロッパ人との出会い
第4章 「フランス的事実」のルーツ――フランスの植民地時代
第5章 イギリス領以降のケベック――「生き残り」か「独自の社会」の模索か
第6章 新しいケベックの挑戦――自信の回復にむけて
第7章 ケベック史に見る英雄像の“発明”――シャンプラン像をめぐって


III 政治・経済・対外関係

第8章 ケベック州政治のしくみ――“ケベック国家”の営み
第9章 政党政治の展開――三大政党制の行方
第10章 ケベック・ナショナリズム――分離独立・主権から「独自の社会」へ
第11章 産業経済――世界有数の準国家
第12章 産業構造――カナダ経済の牽引車
第13章 対外・対日経済関係――日本を向くケベック
第14章 国際社会のなかのケベック――対外政策と日本・ケベック関係

IV 人口動態・民族・ひと

第15章 人口動態と民族的出自――変わりつつある人口構造
第16章 先住民――ケベックの原住者の歴史と現状
第17章 マイノリティの人たち――イスラム、ユダヤ、シークの宗教的慣行をめぐって
第18章 多様化する家族と人間関係――少子化・核家族化・非婚・同性婚
第19章 社会保障制度――連邦制度との協調と少子・高齢化への独自の対応

V カナダにおける「独自の社会」

第20章 「ネイション」としてのケベック――「エスニック」から「シヴィック」への変貌か
第21章 フランス語憲章――なぜフランス語にこだわるのか
第22章 アングロフォン――ケベックにおける“英語的”事実
第23章 独自のケベック言語――ジュアルからケベック的用法まで
第24章 カトリック教会――教会主導的社会から政教分離へ
第25章 州独自の教育政策――何をめざすのか
第26章 インターカルチュラリズム――多文化主義との対峙
第27章 アロフォンから見た言語環境――少数派の視点

VI 文化的アイデンティティの模索

第28章 生き残りの哲学――「英語の海」のなかで生きのびてきた人たち
第29章 フランス系カナダ人からケベコワへ――「静かな革命」期におけるアイデンティティの変容
第30章 問い直されるケベック・アイデンティティ――ケベックの町を散策しながら
第31章 エクリチュールを通して見るケベックの女性――ケベックの女性運動と文学
第32章 多様化する文化シーン――フランコフォニーとケベック

VII 舞台と映画

第33章 ケベコワに愛され続ける歌――フェリックス・ルクレール、ジル・ヴィニョー、ボードマージュ
第34章 世界に広がるケベックの歌――セリーヌ・ディオン、ガルー、リンダ・ルメイ
第35章 ドキュメンタリー映画――シネマ・ヴェリテの隆盛
第36章 ケベック映画――口語文化の創造の歴史
第37章 活気あふれる演劇――社会を映す言葉
第38章 ロベール・ルパージュとミシェル・トランブレ――ケベックを揺るがし、ケベックを越える劇作家たち
第39章 英語圏におけるケベック演劇の受容――翻訳効果
第40章 新しいサーカス――シルク・ドゥ・ソレイユ
第41章 リスキーに、鮮やかに身体が舞う――自由と革新の気風、ケベックのダンス
第42章 注目を浴びる文化政策――文化投資と国際市場開拓の結合

VIII ケベック文学

第43章 ケベック文学の特徴――「生き残り」から動的アイデンティティへ
第44章 『マリア・シャプドレーヌ』と伝統的社会――変わりゆくものと変わらないもの
第45章 ガブリエル・ロワとアンヌ・エベール――ケベック文学を代表する2人の女性作家
第46章 イヴ・テリオーとイヌイット――『アガグック物語』を中心に
第47章 「静かな革命」期の文学――ジャック・ゴドブーとユベール・アカン
第48章 トランスカルチュラリズムと移民作家――マルコ・ミコーネからアキ・シマザキまで

IX 人々の暮らし

第49章 冬のさまざまな顔――今も昔も変わらないもの
第50章 春を告げるメープルシロップ――先住民の知恵から生まれた命の水
第51章 プラトー地区の魅力と庶民性――モントリオールの街角
第52章 四季を彩る祭り――人生を楽しむために
第53章 豊かな食文化――ヌーヴェル・フランスの味を今に伝える
第54章 学生生活――よく遊び、よく学ぶ

 ケベック歴史年表
 ケベックを知るための文献・情報ガイド

同じジャンルの本

このページのトップへ