ホーム > 羊飼いの民族誌
羊飼いの民族誌
本体6,300円+税
ISBN 9784750329451
判型・ページ数 A5・372ページ
出版年月日 2009/02/01

羊飼いの民族誌

ネパール移牧社会の資源利用と社会関係

ネパールの羊飼いの牧畜活動を、文化生態学的な方法を基礎に、政治経済学と社会史の視点を織り交ぜつつ分析した民族誌。家畜飼養者同士の関係、移動先の住民や市場経済との関係など、周囲との社会関係を利用して柔軟に牧畜を続ける羊飼いの姿を明らかにする。

 はじめに
 図表リスト

第1章 序論:ヒマラヤ地域における羊の牧畜
 第1節 本書の目的
 第2節 先行研究の検討と本書の視点
 第3節 調査の方法
 第4節 本書の構成

第2章 移動の舞台、羊飼いの母村、および羊の牧畜の形態
 第1節 サガルマータ県
 第2節 ルムジャタール村
 第3節 季節移動
 まとめ

第3章 家畜飼養の技術と畜産物の利用
 第1節 家畜の個体識別
 第2節 出産、仔羊の育成
 第3節 畜産物の利用
 第4節 個体の取引と家畜頭数の増減
 まとめ

第4章 移動と放牧をめぐる羊飼い同士の社会関係
 第1節 放牧キャンプの社会構成
 第2節 主人と牧夫の関係
 第3節 テリトリーをめぐる羊飼い同士の関係
 まとめ

第5章 放牧地をめぐる対外関係とその変化
 第1節 夏の放牧地の場合
 第2節 夏以外の放牧地の場合
 第3節 森林政策と羊飼い
 まとめ

第6章 村の社会・経済変化と羊飼いの選択肢
 第1節 ルムジャタール村における職業選択の多様性
 第2節 羊飼いの変化:8年後の再訪
 第3節 羊飼いの選択と移牧
 まとめ

第7章 結論
 第1節 生産活動
 第2節 放牧地をめぐる社会関係
 第3節 村の社会・経済変化と羊飼い

補稿
 補稿1 ルムジャタール村の農事暦
 補稿2 羊毛織物(ラリ)の製作
 補稿3 家畜儀礼ヤルジャン

資料
 資料1 ルムジャタール村における公共施設
 資料2 B氏らの移動(1997年3月から1998年7月)

 注
 文献
 あとがき
 索引
 地名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ