ホーム > 沖縄超暴力思想がつくるオルタナティブ教育
沖縄超暴力思想がつくるオルタナティブ教育
本体6,800円+税
ISBN 9784750328355
判型・ページ数 A5・528ページ
出版年月日 2008/08/01

沖縄超暴力思想がつくるオルタナティブ教育

琉球悲劇の根源

独自の歩みと歴史をもつ沖縄。近代日本による強制的な「統合」と戦後の米軍による支配などさまざまな暴力にさらされるなかで、暴力を克服する思想と行動が生み出されてきた。新しい沖縄の思想と行動を行き詰まりを見せている教育を刷新する試みにどう生かすか。

序章
 第1節 研究の目的と意義
 第2節 研究史
 第3節 本論における検討の流れ

第1章 オルタナティブ教育から、教育のオルタナティブへ
 第1節 「学び論的転回」の契機
 第2節 オルタナティブ教育とその方法
 第3節 オルタナティブ教育の目的
 第4節 オルタナティブ教育における平和学習の意味と方法
 第5節 オルタナティブ教育における平和学習と暴力論との関係

第2章 「暴力」とは何か
 第1節 欧米暴力観──アレント〈政治領域としての暴力〉
 第2節 欧米暴力観──ベンヤミン〈神話的暴力と神的暴力〉
 第3節 欧米暴力観──デリダ〈暴力のエコノミー〉
 第4節 日本の暴力観
 第5節 「神話的暴力」と「科学の暴力」、「神的暴力」と「自然の暴力」
 第6節 暴力の受容のあり方、特に、日本(江戸)と琉球を中心として
 第7節 ヨーロッパ・江戸・琉球における法的暴力の受容のあり方、ならびに、暴力観の差異
 第8節 暴力とは

第3章 「悲劇」とは何か
 第1節 テリー・イーグルトン『甘美なる暴力』による悲劇定義の試み
 第2節 ヘーゲル『精神現象学』におけるKraft・Machtに関する予備的考察
 第3節 ヘーゲル『精神現象学』における悲劇の意味
 第4節 ハイデガー『形而上学入門』に見る悲劇の役割
 第5節 ジョルジュ・バタイユ『エロティシズム』に見る「死」と「暴力」の関係
 第6節 科学の暴力と「死」の関係についての考察〈悲劇の定義〉

第4章 琉球悲劇の根源
 第1節 日本の「悲劇」
 第2節 沖縄の「悲劇」
 第3節 「悲劇」と「遊女」の関係について
 第4節 遊女とは
 第5節 琉球遊女について
 第6節 琉球遊女(ジュリ)の生活「遊廓の文化」
 第7節 ジュリ歌人による琉歌のなかに残された精神性
 第8節 現代沖縄詩のなかにある沖縄女性の精神性
 第9節 琉球悲劇の根源

第5章 沖縄超暴力
 第1節 沖縄超暴力と琉球悲劇
 第2節 沖縄超暴力と沖縄非暴力
 第3節 沖縄超暴力と琉球情歌
 第4節 沖縄超暴力と(遊廓)の悲劇
 第5節 沖縄超暴力と〈科学の暴力-法的暴力〉
 第6節 沖縄超暴力とエロティシズム
 第7節 沖縄超暴力

第6章 沖縄超暴力思想
 第1節 沖縄超暴力の根源としての「すでる」の意味
 第2節 沖縄超暴力による暴力の解体とは
 第3節 沖縄超暴力思想と、その未来及び応用の提案
 第4節 沖縄超暴力と「学び」の相関について

 おわりに
 索引