ホーム > フィンランドを知るための44章
フィンランドを知るための44章
本体2,000円+税
ISBN 9784750328157
判型・ページ数 4-6・380ページ
出版年月日 2008/07/01

フィンランドを知るための44章

工業技術、PISA学力テストで世界有数の水準にまで到達した北欧の国、サンタクロースとトナカイの国、フィンランド。大国ソ連との戦争やわが国日本との交流など、その歴史・政治・教育・文化・風俗、そして現在の姿をつぶさに紹介する。

 総説

1 小国の歩み
 第1章 フィンランド史の展開と地理的状況との関係――ロシアとスウェーデンの狭間で
 第2章 スウェーデン王国の東の辺境として――六世紀間にわたるスウェーデン統治
 第3章 ロシアの支配と民族の目覚め――フィンランド独立への道
 第4章 独立フィンランドと小国の命運――両大戦間
 第5章 第二次世界大戦下のフィンランド――冬戦争と継続戦争
 第6章 現実に向き合った戦後フィンランド――パーシキヴィの登場
 第7章 「われらは、ここに生きる」――ケッコネンの時代
 第8章 北欧とのきずな――冷戦とポスト冷戦を貫く「北欧協力」
 第9章 冷戦終焉後のフィンランド――ヨーロッパの中のフィンランド
  ●コラム1 祖国のために――戦争記念碑、戦没兵士墓地、対ソ連戦跡を見る
  ●コラム2 戦争の子どもたち――フィンランドの学童疎開

2 現代フィンランドの諸相
 第10章 フィンランド憲法の歩み――ランド法から「フィンランド基本法」まで
 第11章 フィンランドの地方自治――「住民の共同体」の分権と自立
 第12章 スウェーデン語系住民の地位――二つの「国語」と言語への権利
 第13章 非武装と自治の島々――オーランド諸島
 第14章 先住民・サーミの人々――現在の暮らしとその地位・言語的権利
 第15章 フィンランドの政党――フィンランドの政党政治が歩んだ道
 第16章 EUとしてのフィンランド――積極的EU外交と北欧の価値
 第17章 フィンランド国防軍――フィンランド安全保障の要
 第18章 フィンランドの産業と経済――発展の軌跡
 第19章 フィンランドの経済――一九九〇年代以降のイノベーション立国
 第20章 福祉社会の形成と現況――そのエッセンス
 第21章 フィンランドの教育の現状――その核心に迫る
 第22章 科学と技術――フィンランドにおける科学技術発展の概観
  ●コラム3 「フィンランド化」という言葉――冷戦時代の亡霊のように

3 文化としてのフィンランド
 第23章 フィンランド語とはどんな言語か?――「アジア系言語」の真実
 第24章 フィンランドの現代文学――「大きな物語」から多様性へ
 第25章 フィンランド民族叙事詩『カレワラ』の誕生と一九世紀フィンランド文学――翻訳文学の隆盛とフィンランド民族文化の模索
 第26章 戦争と文学――ヴァイノ・リンナと大岡昇平
 第27章 トーベ・ヤンソンの世界――描くことと書くこと
 第28章 ムーミン・ファンの想い――ファンはキャンバスに何を描くか
 第29章 フィンランドのジャーナリズム――その歴史と知恵
 第30章 フィンランドの音楽――展望
 第31章 フィンランドの美術――概観と代表的な作品
 第32章 フィンランドの建築――現代まで受け継がれる「自然」との絆
 第33章 フィンランドのスポーツ――実践者が語る
 第34章 フィンランドの食文化――皆さんは知っていますか?
  ●コラム4 フィンランドの旅に思う――タンペレを訪れて
  ●コラム5 フィンランドの映画監督アキ・カウリスマキの世界

4 交流の歩みから
 第35章 フィンランド観光の旅――こんな所にお勧めの場所が
 第36章 ラムステット公使とエスペラント仲間――エスペラント仲間たちが支えた日フィン親善
 第37章 「神様の愛を日本に」――フィンランドのルーテル教会の日本伝道の歴史
 第38章 在日フィンランド人第二世代のアイデンティティ――言語を中心にして
 第39章 さまざまな地域間の交流――一人のフィンランド人の目から見た概観
 第40章 フィンランドと私の「出会い」――文通から始まった二七年間の交流
 第41章 日本でフィンランドを語る――思い出と現在
 第42章 日本における『カレワラ』の受容――「平和的」叙事詩としての『カレワラ』
 第43章 マンネルヘイムのアジア旅行――将軍の新しい顔
  ●コラム6 ラムステット代理公使異聞――補遺として
  ●コラム7 文化を政治から守った市河代理公使――日本外交史夜話
  ●コラム8 気になる話題――「隣の隣」
 第44章 フィンランドと私――交流の歩みを語る

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ