ホーム > 中国クロスボーダーM&A
中国クロスボーダーM&A
本体3,000円+税
ISBN 9784750327761
判型・ページ数 A5・160ページ
出版年月日 2008/04/01

中国クロスボーダーM&A

OECD投資政策レヴュー:中国

中国経済発展の現段階においてM&A開放政策が鍵を握る。これは漸進的改革として中国東北部、伝統的産業中枢の国有企業改革の中で推進されているが、本書は管理規定の開放、透明化、コーポレート・ガバナンスの現状を調査し、効果的な政策オプションを提示している。

日本語版序文
 序文
 刊行にあたって
 略語
 概要

第1章 投資政策レヴューの背景

第2章 中国におけるクロスボーダーM&A開放政策事例
 第1節 世界経済で支配的なクロスボーダーM&A
 第2節 中国で影の薄いクロスボーダーM&A
 第3節 中国で拡大を始めるクロスボーダーM&A
 第4節 海外M&A活動にも積極的な中国

第3章 中国におけるクロスボーダーM&A規制枠組み
 第1節 近年の相次ぐクロスボーダーM&A関連法の制定
 第2節 更なる政策の開発と執行に伴う課題

第4章 中国東北部における経験と教訓
 第1節 かつての重工業の中核地域であり、現在抜本的な再編下にある中国東北部
 第2節 全国平均を大きく上回る中国東北部都市部での失業率
 第3節 国家地域政策の重点地域に指定されている中国東北部
 第4節 クロスボーダーM&Aに集中する中国東北部でのFDI誘致政策
 第5節 中国東北部でのクロスボーダーM&A経験
 第6節 吉林省での企業による外国人投資の探求

第5章 対中国M&Aにおいて投資家の直面する問題
 第1節 外国人投資家及び国内投資家の両者に影響する問題
 第2節 複雑かつ不完全な広範な投資規制枠組み
 第3節 透明性に欠ける戦略資産政策
 第4節 なお残る外国人所有制限
 第5節 クロスボーダーM&Aにおける煩雑な認可手続き
 第6節 2005年12月開催のOECD・中国間シンポジウムからの知見(その1)
 第7節 OECD加盟国の慣行から大きく乖離する中国評価手法
 第8節 実現困難な敵対的買収
 第9節 2005年12月開催のOECD・中国間シンポジウムからの知見(その2)
 第10節 競争政策とクロスボーダーM&A

第6章 推奨政策措置
 第1節 外国人所有制限の緩和
 第2節 規制監督における透明性の拡大
 第3節 合併の競争効果調査に対する健全かつ現実的な手続きのための基盤整備
 第4節 企業における透明性の改善
 第5節 資本市場の開放
 第6節 パイロット・プロジェクトの対象とされる中国東北部

 補遺A OECD投資委員会・中国政府による投資政策策定に関する非公式外部諮問グループ
 補遺B 中国クロスボーダーM&A経験調査(企業対象)
 補遺C 統計表
 参考文献・ウェブサイト

資料:中国における買収・合併(M&A)政策に関する最新報告
 1.はじめに
 2.主要成果
 3.推奨政策オプション
 4.補遺――2003年暫定規定と2006年規定との相違

 訳者あとがき――中国東北部からの中国経済展望

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ