ホーム > 「移民国家日本」と多文化共生論
「移民国家日本」と多文化共生論
本体4,800円+税
ISBN 9784750327662
判型・ページ数 A5・412ページ
出版年月日 2008/05/01

「移民国家日本」と多文化共生論

多文化都市・新宿の深層

グローバルな人の移動は、世界の各地に「多文化都市」を誕生させた。本書では、日本社会のマルチカルチュラルな社会的位相を歴史的に捉え、人のライフステージの深層に埋め込まれた多文化共生の実態の明晰化を展開し「多文化共生論」の体系化をはかる。
刊行の主旨(川村千鶴子)


第1部 多文化共生社会の胎動と歴史的展開

第1章 共に生きる街・新宿大久保地区の歴史的変遷(稲葉佳子)
 第1節 江戸時代に形成された街の骨格
 第2節 明治・大正・昭和初期の大久保

第2章 受け継がれていく新住民の街の遺伝子(稲葉佳子)
 第1節 多様な流動層の街へ――戦後~一九七〇年代――
 第2節 ニューカマーの出現――一九八〇年代――
 第3節 共に生きる街ヘ――一九九〇年代以降――
 おわりに

第3章 ディアスポラ接触――地域が日本を超えるとき(川村千鶴子)
 はじめに
 第1節 多文化都市・新宿の表層
 第2節 ディアスポラ接触とは
 第3節 多文化意識とトランスカルチュラリズム
 おわりに

第4章 韓国人ニューカマーの定住化と課題(李承●:イ スンミン、●=王民)
 はじめに
 第1節 韓国人ニューカマーの移動と新宿
 第2節 新宿大久保地区の変容
 第3節 定住化するニューカマー
 第4節 ニューカマー韓国人の定住とその課題
 おわりに


第2部 ライフサイクルと多文化共生論

第5章 多文化な出産とトランスカルチュラルケア(藤原ゆかり)
 はじめに
 第1節 外国人の出産
 第2節 トランスカルチュラル・ナーシング(Transcultural nursing)における視座
 第3節 外国人への出産ケアの問題
 第4節 臨床の現状
 第5節 外国人へのこれからの出産ケア
 おわりに

第6章 多文化子育て空間から創出される協働の世界――養育者の文化変容を中心に(李●◆:イ ホヒョン、●=土乎/◆=金玄)
 はじめに
 第1節 多文化子育て空間をめぐる諸様相
 第2節 子育て空間を通しての多文化共生・協働の創出
 おわりに

第7章 新宿区で学びマルティリンガルとなる子どもたち(藤田ラウンド幸世)
 はじめに
 第1節 新宿区の外国につながる子どもたち
 第2節 新宿区から発信する日本語教育
 第3節 新宿区の言語サービス
 第4節 言語教育からみた多文化共生社会
 おわりに

第8章 共に働く街・新宿――トランスカルチュラリズムの形成(渡辺幸倫)
 はじめに
 第1節 通信、電子機器販売業のOさんの話 韓国出身
 第2節 美容業のKさんの話 台湾出身
 第3節 薬局業のKさんの話 台湾出身
 第4節 眼鏡販売業のCさんの話 韓国出身
 第5節 国際通信業のKさんの話 中国出身
 おわりに

第9章 共に老後を支えあう――在日外国人高齢者の現状と課題(李錦純:リ クンスン)
 はじめに
 第1節 在日外国人高齢者の人口動態
 第2節 多文化共生関連施策・高齢者政策の現状と課題
 第3節 「多文化の街・新宿」で暮らす在日コリアン高齢者
 おわりに


第3部 トランスカルチュラリズム――地域が日本を超えるとき

第10章 ホームレス、社会的排除と社会的包摂――新宿区の温かさと冷たさ(麦倉哲)
 第1節 Kさんの死
 第2節 Kさんの末期の生活環境
 第3節 ホームレスと大久保・百人町
 第4節 新宿区の自立支援政策
 第5節 排除を乗り越える可能性を見出せる新宿と停滞した現状
 第6節 新宿の可能性 自立支援システムにおける市民との連携

第11章 無国籍者との共生(陳天璽:チェン ティエンシ)
 はじめに
 第1節 無国籍者とは
 第2節 日本における無国籍者
 第3節 無国籍児たちはいま
 第4節 無国籍児の暮らし
 おわりに

第12章 文化のハイブリッド性と多文化意識(河合優子)
 はじめに
 第1節 文化の多義性について
 第2節 ハイブリッド性の両義性とは
 第3節 多文化主義と多文化意識
 おわりに

終章 問われる国の理念と多文化共生政策(川村千鶴子)
 はじめに〈東京都新宿区区長・中山弘子氏との鼎談から〉
 第1節 鼎談「新宿の表層と深層」
 第2節 移民政策と多文化共生政策の課題
 おわりに〈問われている国の姿勢と日本の移民政策〉

 多文化共生年表 地域社会の多文化共生への動きと日本の外国人政策
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ