ホーム > サハラ以南アフリカ
サハラ以南アフリカ
本体4,800円+税
ISBN 9784750327549
判型・ページ数 A5・400ページ
出版年月日 2008/03/01

サハラ以南アフリカ

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国約10ヵ国・20の少数民族の歴史・現状を紹介することで、「先住民」という言葉が西欧近代国家という概念によって生み出されたことを示し、人間とは何か、という根源まで問いかける。
序文 先住少数民族について(綾部恒雄)

 はじめに――「サハラ以南アフリカ」について(福井勝義)

第1部 北東アフリカ
 解説 (宮脇幸生)
〈エチオピア〉
 ムグジ  ◇辺境の民へのまなざし(松田凡)
 マロ   ◇アフリカの山に生きる人びと(藤本武)
 メエン  ◇誇り高さを育む文化装置:歴史の日常化(福井勝義)
 オロモ  ◇近代エチオピアの抑圧された最大民族(田川玄)
 マジャン ◇森に棲み、森に生かされる人びと(佐藤廉也)
 ホール  ◇辺境の民の抵抗とジレンマ(宮脇幸生)
 チャラ  ◇他民族との相克と生存戦略(村橋勲)
〈エチオピア・ケニア〉
 ガブラ・ミゴ  ◇難民として、ゲリラとして生きた二〇世紀(曽我亨)
〈スーダン〉
 ベジャ  ◇ヒトコブラクダを介した紅海沿岸域への適応(縄田浩志)
 ナーリム ◇子どもから大人への道:民族間の相克の中で(福井勝義)

第2部 西・南アフリカ
 解説 (竹沢尚一郎)
〈コンゴ民主共和国〉
 ムブティ・ピグミー ◇森の民の生活とその変化(市川光雄)
〈ボツワナ〉
 サン   ◇狩猟採集民から先住民へ(池谷和信)
〈南アフリカ共和国〉
 コイコイ ◇変化と多様性を生き抜く(海野るみ)
〈マダガスカル〉
 ミケアとヴェズ ◇マダガスカル南西部の非農牧民(飯田卓)
〈セネガル〉
 ジョーラ ◇稲作を基盤に平等主義的社会に生きる(小川了)
〈マリ〉
 ボゾ   ◇近代化に見事に適応した先住民(竹沢尚一郎)
〈ナイジェリア〉
 イボ   ◇大規模民族とエスニック・ポリティクス(松本尚之)
〈ナイジェリア・ニジェール〉
 ボロロ(フルベ)  ◇西アフリカ最後の遊牧民(嶋田義仁)

 監修者あとがき
 索引

 編者・執筆者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ