ホーム > アボリジニで読むオーストラリア
アボリジニで読むオーストラリア
本体2,200円+税
ISBN 9784750327488
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 2008/04/01

アボリジニで読むオーストラリア

もうひとつの歴史と文化

先住民族アボリジニに焦点を当ててオーストラリアの過去・現在を読み解く。抑圧されてきたアボリジニの側から見ることでオーストラリアの全貌が初めて明らかに。南オーストラリア大学院アボリジニ学部を修了した著者によるもうひとつのオーストラリア史。
プロローグ
  オーストラリア概略図

第一章 アボリジニの大地
 アボリジニのオーストラリア
 オーストラリアは燃えていた
 アボリジニの狩猟採集社会――自然とともに生き、生かされる
 本当の豊かさとは
 家族――結婚から子育て
 アボリジニの信じたものはワンネス
 ドリーミングの教え――アボリジニ文化の真髄
 みんなつながっている
 ングルンデリの天地創造物語
 神話の意味するもの――「全体として生きる」こと
 今を生きるドリーミング

第二章 ヨーロッパ人がやってきた
 「幻の大陸」に姿を見せたヨーロッパ人
 イギリス人を魅了したオーストラリア
 ヨーロッパ人の世界観と「野蛮人」
 クックと「高貴な野蛮人」
 アボリジニはどのようにクックを迎えたのか(アボリジニの伝承より)
 アボリジニの大地は流刑植民地に
 フィリップの苦悩――現実と理想とのギャップ
 アボリジニを見る目――「人種」という概念
 ヨーロッパ社会の変化
 アボリジニを最低の「人種」にランクづける
 アボリジニの虐殺を認める社会進化論
 似非科学とレイシズム
 ヨーロッパ中心主義の偏見
 キリスト教がアボリジニに与えた影響
 宣教師のエスノセントリズムと傲慢さ
 誤解されたアボリジニ文化
 アボリジニ社会の崩壊

第三章 オーストラリアの国づくり
 オーストラリア誕生
 国づくりのキーワードは「人種」
 建国前夜の植民地オーストラリア
 ゴールドラッシュと中国人排斥
 アジア人すべての排斥――言語テスト
 「やってくる男」と軍事大国日本への恐怖
 建国神話の欠如
 アボリジニ人口の減少
 矛盾する保護政策
 子どもの施設送り
 増える「混血児」
 「混血児」問題の解決策――国家政策としての施設送り
 第二次世界大戦――日本軍とアボリジニ
 戦後の大量移民
 同化政策から統合政策、そして多文化主義へ
 アボリジニがオーストラリア国民になる
 ゆれ動くアボリジニ政策
 多文化主義・土地権・アイデンティティ
 多文化主義への反発――大移民論争
 生きていたアジア人排斥と多文化主義への批判
 ゆれる国家アイデンティティ
 新白豪主義
 未来へ向けて

第四章 多文化主義とアボリジニをめぐる問題
 アボリジニをめぐる問題
Part.1 文化をめぐる問題
 アボリジニ文化はどのように理解されてきたか
 アボリジニ文化が証明されるとき――土地権回復裁判
 伝統文化を再構築する問題点
 アボリジニ文化のとらえ方
 博物館とアボリジニ文化
 アボリジニ性の多面的構築
 「普遍的な西洋」と「特殊なアボリジニ」というパラダイムの見直し
 アボリジニ系学者の反論――神話的要素こそ文化の本質
 誰がどのようにアボリジニの精神性や文化を語るのか――経験の意味するもの
 身体と文化
 西洋型学問パラダイムへの疑問
 アボリジニの精神性をどう理解するか――身体知の意味するもの
Part.2 土地権をめぐる問題
 マボ事件のはじまり
 アボリジニに先住権があることの意味
 否定された「無主の土地」
 先住権に関する問題点
 「白人」側の反論――オーストラリアの分裂
 アボリジニ側の反論――社会正義はどこに
 マボ判決と先住権原法制定
Part.3 健康をめぐる問題
 アボリジニの健康
 貧困と豊かさの病気
 植民地化で悪化したアボリジニの健康
 制度的人種差別が心身をむしばむ
 「失われた世代」の後遺症――アイデンティティの喪失
 リンクアップサービス
 社会問題としてのアボリジニの身体的・精神的問題
 問題の解決に向けて――和解への道

 エピローグ

同じジャンルの本

このページのトップへ