ホーム > 韓国経済の発展パラダイムの転換
韓国経済の発展パラダイムの転換
本体5,000円+税
ISBN 9784750327327
判型・ページ数 A5・328ページ
出版年月日 2008/02/01

韓国経済の発展パラダイムの転換

グローバル化時代のイノベーション戦略

80年代に「漢江の奇跡」と呼ばれる経済発展を遂げ、途上国から先進国への仲間入りをした韓国。だが、97年のアジア通貨危機でIMFの介入を受け、財閥解体など大幅な政策転換を迫られた。その経緯を詳細に分析し、グローバル化時代における未来を展望する。
はしがき

第1部 IMF危機以前の発展パラダイム
 第1章 韓国の経済発展過程の概観
  1.はじめに
  2.経済発展の概観
  3.経済発展の原動力としての技術能力の形成
  4.先行研究の概観
  5.発展パラダイムの転換
  6.むすびに
 第2章 IMF危機で露出した韓国産業経済の構造的問題点
  1.はじめに
  2.経済危機と構造改革
  3.構造的問題点としての中小企業の脆弱性
  4.むすびに
 第3章 成長至上の国土・地域政策
  1.はじめに
  2.韓国の地域間不均衡
  3.成長主導の国土政策
  4.第3次国土総合開発計画における政策基調の変化
  5.韓国国土政策の特徴と問題点
  6.むすびに

第2部 韓国発展パラダイムの変化
 第4章 経済発展における技術の役割
  1.はじめに
  2.成長源泉としての技術
  3.後発途上国にとっての技術進歩のための条件
  4.イノベーション・システムの形成
  5.イノベーションの「場」としてのクラスター
  6.むすびに
 第5章 韓国のナショナル・イノベーション・システム
  1.はじめに
  2.R&D、特許からみた台湾、韓国の技術活動
  3.技術政策およびイノベーション・システム
  4.むすびに
 第6章 技術政策における変化
  1.はじめに
  2.韓国における研究開発活動の展開
  3.IMF経済危機を契機とする科学技術政策の転換
  4.むすびに
 第7章 IMF危機後の国土・地域政策におけるイノベーション指向
  1.はじめに
  2.国土・地域政策の転換
  3.第4次国土総合計画
  4.第1次国家均衡発展5ヵ年計画
  5.むすびに
 第8章 地方における革新クラスター形成の模索
  1.はじめに
  2.先端技術産業集積の意義
  3.大徳科学研究団地の概要および機能、課題
  4.テクノパークの展開
  5.革新クラスター形成のための課題

第3部 知識経済時代の対外経済関係
 第9章 韓国の対外経済政策および国際経済関係の変容
  1.はじめに
  2.「先進国入り」に向けた開放化・自由化
  3.経済危機によるいっそうの開放化・自由化
  4.東アジア地域統合の模索と韓国の対応
  5.むすびに
 第10章 地方主導での経済交流の展開
  1.はじめに
  2.東アジアにおける「地方の国際化」
  3.九州による環黄海地域経済交流の取り組み
  4.北九州市の環黄海地域経済交流の展開
  5.仁川市の環黄海地域経済交流の展開
  6.むすびに
 第11章 環黄海地域における技術連携の可能性
  1.はじめに
  2.イノベーション活動の国際化の含意
  3.環黄海地域における地方主導の技術協力の模索
  4.むすびに

 あとがき
 引用・参考文献

同じジャンルの本

このページのトップへ