ホーム > スリランカ海村の民族誌
スリランカ海村の民族誌
本体9,000円+税
ISBN 9784750327310
判型・ページ数 A5・512ページ
出版年月日 2008/02/01

スリランカ海村の民族誌

開発・内戦・津波と人々の生活

漁村ではなく「海村」という用語を使い、スリランカの人々の営みを多角的に捉える。漁業だけでなくヤシ殻ロープ製作などにも従事する女性たちを中心に、開発の波が押し寄せる中、内戦に巻き込まれ、インド洋大津波の被害にあいながらも、飄飄と生きる人々を描く。
序論
 1 スリランカ海村研究の目的
 2 人類学における海村研究
 3 スリランカの海村調査
 4 スリランカ社会の概要――自然・歴史・宗教・民族
 5 本書の構成

第1篇 社会人類学と海村研究
 はじめに
第1章 人類学における海村研究
 第1節 海村と漁業――海村・漁村・漁民の定義をめぐって
 第2節 日本における海村研究の動向
 第3節 海村の女性をめぐる議論
第2章 スリランカの漁民研究
 第1節 漁民カースト(カラーワ)の両義性
 第2節 スリランカの海村・漁村研究
第3章 スリランカ海村における女性の労働
 第1節 スリランカにおける女性をめぐる問題と女性観
 第2節 海村女性の労働と役割

第2篇 スリランカにおける漁業振興と海村の人々
 はじめに
第4章 スリランカ漁業の特徴
 第1節 漁業の概況
 第2節 地曳網漁の盛衰と沖合・沿岸漁業
 第3節 魚の流通と魚商の役割
第5章 漁業振興策の目的と現状
 第1節 漁業発展と漁業協同組合
 第2節 漁業振興策と漁船の動力化
 第3節 多目的漁港の建設
 第4節 漁業協同組合の現状
 第5節 漁民銀行の設立
 第6節 「民族」紛争と越境する漁民たち
 第7節 海域居住者の多様性
第6章 南岸漁民の移動と新村の誕生
 第1節 伝統的移動パターン
 第2節 季節移動から周年移動へ
 第3節 移動から定住へ――新しい海村の出現

第3篇 ある仏教徒海村における漁業とヤシ殻繊維業――ダクヌガマ村タルナウェラにおける男性の労働と女性の労働
 はじめに
第7章 調査地の概況
 第1節 ダクヌガマ村
 第2節 新ダクヌガマ村の建設
 第3節 タルナウェラ漁協設立とタルナウェラコミュニティの成立
第8章 タルナウェラの漁業と漁民
 第1節 タルナウェラの歴史
 第2節 タルナウェラの漁業の概況とその変化
 第3節 漁民の1年
 第4節 移動するタルナウェラ漁民と移動先
 第5節 魚商と動力船所有者
第9章 タルナウェラにおける開発政策と漁業協同組合
 第1節 村落開発と漁業協同組合
 第2節 近代船の増加と漁業
 第3節 漁協組合長と漁業
 第4節 開発援助と住民の組織化
 第5節 サムルディ計画
第10章 1990年代末のタルナウェラ漁民の現状――漁業振興策とタルナウェラ
 第1節 漁業と漁協
 第2節 集魚人(マールムダラーリ)の成功と没落
 第3節 新ムダラーリの登場
 第4節 ロクウェラとコロンボの魚商
 第5節 タルナウェラの漁業をめぐる問題
第11章 タルナウェラの家族と親族
 第1節 スリランカの家族・親族研究
 第2節 家族と婚姻
 第3節 配偶者選択と通婚圏
 第4節 女性の持参財・ダウリー(ダーワッダ)
第12章 女性の労働とヤシ殻繊維業
 第1節 ハスクピットと女性の財
 第2節 ヤシ殻繊維商人(コフムダラーリ)
 第3節 女性たちのグループと現金の動き
第13章 ヤシ殻繊維業の衰退と化繊ロープの台頭
 第1節 ヤシ殻繊維業の衰退
 第2節 化繊ロープ商人(カンバヤムダラーリ)
 第3節 輸出用衣類の縫製工場(ガーメント)への雇用
おわりに 漁業と海村の女性の生き方――第3篇のまとめにかえて

第4篇 タルナウェラの人々と「我々の」寺
 はじめに
第14章 地域社会と「我々の」寺
 第1節 仏教とカミ信仰
 第2節 タルナウェラと寺
 第3節 寺の祭礼とダンサラ
 第4節 「我々の」寺のこれから
第15章 タルナウェラの人々と仏教
 第1節 ニックネーム命名と漁業との関係
 第2節 漁業と仏教
 第3節 漁業とガラートヴィル
 第4節 災害と仏陀・カミ
 第5節 タルナウェラコミュニティの生成に向けて
結語

補稿 スリランカ海村における災害からの復興に関する課題
 はじめに
 1 スリランカにおける津波災害の特質
 2 津波の発生から復興に向けて
 3 南岸域における住宅支援の状況
 4 漁業補償に関する諸問題
 5 地域社会の復興と今後の課題
 まとめ

あとがき
参考・引用文献
用語解説
索引

同じジャンルの本

このページのトップへ