ホーム > 産める国フランスの子育て事情
産める国フランスの子育て事情
本体1,600円+税
ISBN 9784750327204
判型・ページ数 4-6・244ページ
出版年月日 2008/02/01

産める国フランスの子育て事情

出生率はなぜ高いのか

出生率1.3レベルで低迷する日本に対して、1.98とEUトップクラスを誇るフランス。なぜ「子どもも仕事も」が可能なのか。日仏で出産・子育てを経験したジャーナリストが、ママたちや識者への取材、アンケート調査を通じてその秘密を探る。

はじめに

序 フランスの出生率はなぜ高いのか
 ヨーロッパでトップ水準
 出生率低下はフランスから始まった
 人口不足の危機感と家族政策
 スウェーデンとの違い
 子だくさんは移民のおかげか
 専門家はこうみる

第1章 働くママの24時間
 火~水曜は4人の子を両実家へ…ミュリエル
 半在宅勤務で月・火曜は子どもと昼食…ナタリー
 ヌヌが2家族4人の子をみる…ジュリー
 フランスの両立生活を見て
 ●補足 フランスの学校制度
  低学年は送り迎え
  学食に延長保育・指導学習
  学校がお休みの水曜日

第2章 カップルが変わった
 新しいカップルの登場
 対等な二人
 女も働く
 仕事は自己実現のため
 揺れる男性像
 分担の理想と現実
 家事はアウトソーシング
 〈コラム〉 仕事とは「自由」――移民2世ナイマの言葉

第3章 ゆとり労働と家族政策
 年5週のバカンス
 週35時間労働
 週4日はごく普通、短縮勤務
 産後3カ月で職場復帰
 保育ママ、自宅でヌヌ、シェア…託児法はアラカルト
 女性はやはり景気の調整弁?
 日仏子育て支援比較
 ●補足 産むほど安くなる? フランスの税制N分N乗方式
 〈コラム〉 世界の縮図、公園のヌヌたち

第4章 自立を重んじる子育て
 赤ちゃんも個室でひとり寝
 保育園で社会性をはぐくむ
 保育のプロ集団
 子どもにかかわる理論と実践
 保育の現場はこう違う
 子どもの発達に一番いい保育とは
 三歳児神話の不在
 おばあちゃん、おじいちゃんとのバカンス
 バカンス合宿
 ここでも子どもは王様?

第5章 フランス社会の母親観
 カップル中心主義
 女性解放運動で得たもの
 中絶宣言
 母性の脱神聖化
 おっぱいは誰のもの
 子どもとの時間、大切なのは「量より質」

第6章 彼女たちの生き方
 4回の産休、書き続けた記事…新聞記者、アリアーヌ
 仕事と学業両立のシングルマザー…博士学生、マチルド
 「愛」つらぬき離婚、シングルで出産…元大臣官房長、アンヌ

第7章 女性と仕事――2人の識者に聞く
 〈エリザベート・バダンテール〉両立のカギは、女性を母性に閉じ込めないこと
 子どもと「良い距離」が必要
 女性も経済力を
 〈エドヴィージュ・アンティエ〉理想は産後6カ月で短縮勤務の復帰
 フランス、日本とも歩み寄りを
 日本の男性も父親の役割を果たすべき
 〈コラム〉 筆者の経験から……母性愛は日々、はぐくむもの

第8章 「フランス流」のジレンマ
 二重負担の毎日
 評価されない「育児に専念」
 離婚の増加
 変わる家族の姿
 残る男女格差
 ゆとり労働と国際競争

第9章 日本社会の現状
「フランス流」は日本で可能か
 三歳児神話
 母子密着の育児
 父親の不在
 企業中心社会
 男女雇用機会均等法の功罪
 「男は仕事、女は家庭」は日本の古き良き伝統か
 すれ違う夫婦
 埋めがたい親世代との溝
 産み育てやすい社会へ

おわりに
 
付録 インタビュー調査でみるフランスのママたち
 調査対象
 調査地点
 インタビュー方法
 年齢と子どもの数
 業・その他
 調査結果
 インタビュー調査協力者リスト

同じジャンルの本

このページのトップへ