ホーム > ロシアの経済と行政
ロシアの経済と行政
本体3,800円+税
ISBN 9784750327099
判型・ページ数 B5・232ページ
出版年月日 2008/01/01

ロシアの経済と行政

規律ある市場経済の創造をめざして〈OECD対ロシア規制改革審査報告書〉

OECD 編著
平井 文三
BRICsの一角を占め、最大の市場経済移行国であるロシアの経済と行政について、質の高い規制をめざして、政府の改革能力、競争政策、市場開放、電力と鉄道部門における改革など幅広い視点から、学際的な手法により包括的かつ詳細な分析を提示する。
前文
 謝辞
 概要

第1部 ロシアにおける規制改革

 第1章 規制改革の実績と評価
  はじめに
  第1節 マクロ経済上の文脈と不完全な改革の遺産
  第2節 規制改革:これまでの貢献
  第3節 規制改革:これからの挑戦
  注
  参考文献

第2部 規制政策とその成果
 第2章 規制のガバナンス
  はじめに
  第1節 行政の質を改善する最近の取り組み
  第2節 連邦当局と連邦構成主体の協調
  第3節 質の高い規制を新たに作るロシアの能力
  第4節 規制インパクト分析
  第5節 規制機関を確立する
  第6節 規制改革のための結論と勧告
  注
  参考文献
 第3章 競争のための法と政策
  はじめに
  第1節 これまでの競争政策の長所と短所
  第2節 新しい競争法の立案における優先事項
  第3節 反独占サービスを強化するために何をしなければならないか
 第4章 規制改革を通じた市場開放の推進
  はじめに
  第1節 経済関係:貿易と投資
  第2節 政策枠組み:6つの基本原理
  第3節 透明性:情報への等しいアクセス
  第4節 無差別:中核的な概念
  第5節 不要な貿易制限:回避可能な弊害
  第6節 国際的に調和した基準と適合性評価手続.
  第7節 未来の政策のための選択肢
  注
 第5章 鉄道改革
  はじめに
  第1節 交通市場
  第2節 鉄道の業績
  第3節 政府の鉄道改革案
  第4節 規制に関する主要な挑戦
  第5節 概要と結論
  注
 第6章 電力改革
  はじめに
  第1節 ロシアの電力部門:その文脈
  第2節 ロシアの電力部門:リストラクチャリング
  第3節 市場構造と所有権
  第4節 電力部門への投資
  第5節 効率的な価格シグナル
  第6節 ガバナンス、規制及び組織
  第7節 電力改革の実施
  注

 訳者あとがき

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ