ホーム > 日本の移民研究 動向と文献目録1
日本の移民研究 動向と文献目録1
本体4,600円+税
ISBN 9784750327013
判型・ページ数 A5・276ページ
出版年月日 2008/01/01

日本の移民研究 動向と文献目録1

明治初期-1992年9月

本書は『日本の移民研究 動向と目録(1994年)』の改訂増補版である。明治以降1992年9月までに出版された移民に関する文献を幅広く収録するとともに、その解題および評価を行った。移民研究はもとより、社会学・文化人類学等々に携わる研究者必携の書。
刊行に寄せて
 はじめに
 概要

第1部 研究史整理
 Part 1 出移民 送り出し国に関する諸問題
  第1章 基本的理解
  第2章 地域的背景
  第3章 移民斡旋(移民会社、金融機関、輸送機関)
  第4章 移民思想・教育
  第5章 母国・母村への影響
  第6章 からゆきさん
  第7章 沖縄県における移民史研究の現状

 Part 2 日系人 受け入れと定着に関する諸問題
  第8章 アメリカ合衆国本土
  第9章 ハワイ
  第10章 カナダ
  第11章 ブラジル
  第12章 中南米
  第13章 大洋州
  第14章 文学・ノンフィクション

 Part 3 国際関係のなかの移民
  第15章 総説
  第16章 明治初年
  第17章 日布関係
  第18章 日米関係
  第19章 日加関係
  第20章 日豪関係
  第21章 国際会議

第2部 文献目録
 凡例
 文献目録

索引

同じジャンルの本

このページのトップへ