ホーム > 児童養護とは何か
児童養護とは何か
本体2,000円+税
ISBN 9784750326863
判型・ページ数 4-6・292ページ
出版年月日 2007/12/01

児童養護とは何か

木下茂幸の養育論

北海道の児童養護施設、美深育成園の園長を45年間務め、常に子どもとともに生きてきた偉大な養育者・木下茂幸。その見事な実践から導き出された独自の養育論を、1冊にまとめた。子どもたちの尊厳を守るための養育はどうあるべきかが平易な言葉で語られる。
はじめに(前田信一)

第1部 理念編1――福田会東京本院での講演から
 価値観について
 自己形成について
 共感と受容について
 発達課題について
 社会性の発達について
 
第2部 理念編2――著作・韓国での講演などから
 養育の危機
 養護施設――厚生省『わが国の児童福祉施設』から
 児童福祉制度の見直しと養護施設の課題
 人間の尊厳について――養育者の私見
 日本の児童福祉施設の現状と発展方向
 役割期待関係について
 高齢児の自立支援

第3部 実践編
 美深育成園が目指すもの
 今なぜ高校生交流会なのか
 第二回高校生交流会主催者代表挨拶
 第三回京都大会を振り返って
 第四回岐阜大会を振り返って

第4部 随想集
 「切に願うこと」との出会い
 小さきものひとりひとりの存在の重さ
 漢江の春に
 感情と理解
 支援される人、支援する人の対等性の確保に向けて
 施設内不祥事について思う
 懐古雑感
 老人のつぶやき

第5部 資料編
 施設を訪ねて 美深育成園――最北の養護施設に開花する養育理念“人間の尊厳”
 木下茂幸年譜

おわりに(山口公一)

このページのトップへ