ホーム > デマンドに応える学校
デマンドに応える学校
本体3,800円+税
ISBN 9784750326764
判型・ページ数 A5・220ページ
出版年月日 2007/11/01

デマンドに応える学校

教育の社会的な需要と供給

世界の教育は、教師が決めたやり方にしたがうサプライ(供給)主導のシステムから、保護者や児童・生徒の要求を取り入れるデマンド(需要・要求)主体の方向に動いている。OECD各国のデマンドの趨勢、その問題点・課題を各国の専門家が考究する。
もくじ

 序文
 謝辞
 概要

第1章 デマンドという概念について
 はじめに
 「デマンド」の多様な意味
 複雑な概念を読み解く
 まとめ

第2章 学校教育に対する社会一般と保護者の見方
 社会一般がみる学校教育
 学校教育に対する保護者の期待
 学校教育に対する保護者の満足度
 まとめ

第3章 保護者の選択と多様な教育機会の提供
 学校教育政策と選択の余地
 多様性の推進
 集合的デマンドの結果としての多様性
 オールタナティブな教育を通じた多様性
 まとめ

第4章 学校における保護者と地域の「声」
 学校における保護者の声の公式な表明
 学校統治への保護者関与に関する認識、パターン、および課題
 関係者の声のより強力な反映とカリキュラム
 まとめ

第5章 生徒の主張
 世界の現状
 学校に対する子どもたちの期待と満足度
 生徒が態度形成に影響すると考えている教育的要因
 生徒の声の表現
 まとめ

第6章 デマンド――まとめと今後の研究方向
 はじめに
 新たに生じている諸問題
 デマンドおよび関連する「未来の教育改革」分析
 将来の研究に向けた知識の現状と諸課題

資料:国別報告書の質問項目
訳者解説

同じジャンルの本

このページのトップへ