ホーム > 男女共同参画の実践
男女共同参画の実践
本体2,500円+税
ISBN 9784750326535
判型・ページ数 A5・244ページ
出版年月日 2007/10/01

男女共同参画の実践

少子高齢社会への戦略

少子高齢化の顕在によって、活気ある社会のためには男女共同参画が必要条件の1つであることは常識となった。本書は、日本ジェンダー学会によって様々な社会活動の場で検証された、男女共同参画によって「できたこと」と「できること」の豊富な実例と提言をまとめた実践的指針である。
はじめに

第1章 いま、なぜ男女共同参画が必要か
 1.暮らしのなかの日本事情
  1)少子化問題のとらえかた
  2)高齢化問題のとらえかた
  3)立ちなおれるか男たち
 2.ジェンダー平等を目指す世界の流れと日本
  1)ジェンダー平等を目指す世界の流れ
  2)ジェンダー平等へ日本の取り組

第2章 地域特性と環境・労働・福祉
 はじめに
 1.滋賀県の環境問題と市民活動
 2.社会活動、社会参加としてのボランティア活動
  1)環境問題の多様性
  2)ボランティア活動の多様化
  3)ボランティア活動を活性化するために
 3.福井県の地域特性と労働・福祉にみるジェンダー問題
 4.家事分担の実態
 5.夫婦間の家事分担の規定要因

第3章 男女共同参画学習と活動への招待
 1.学習計画担当者・推進者の課題
  1)男女共同参画型学習及び活動の留意点
  2)成人教育の留意点
 2.ライフステージ別男女共同参画学習と活動
  1)乳幼児期・学齢期の学びと実践
  2)青年期の学びと実践
  3)成人期の学びと実践
  4)高齢期の学びと実践
 3.男女共同参画実践のプロセス
  1)学校における男女平等教育の徹底
  2)市民活動の場をつくる
  3)ジェンダー平等を支えるアカデミアの役割

おわりに

 参考文献
 男女共同参画社会基本法
 男女共同参画基本計画(第2次)のポイント

同じジャンルの本

このページのトップへ